自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

学歴ロンダリングの意味と、議論の背景をまとめてみた。

      2016/02/10


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら
どうも、アービトラージャーのタッチです!
 
今回は “学歴ロンダリング”について
書いていこうと思います。
 
 
そもそも学歴ロンダリングとは
 一体何なのでしょうか?
 
 
なんとなく聞いたことはあるけど
 詳しくは分からないという人も多いかと思います。
 
 
そんな方の為に今回は
 「学歴ロンダリングとは何なのか!」
ってところについて、まとめてみます。
 

学歴ロンダリングとは?

 学歴ロンダリングとは何なのでしょうか。
 
 
学歴ロンダリングを説明するには
 まず、この言葉に似た「マネーロンダリング」について
 説明する必要があります。
 
 
 
「マネーロンダリング」とは 
日本語で「資金洗浄」という意味で
犯罪で手に入れたお金を海外の金融機関など通すことで
犯罪が絡んでいない真っさらなお金に洗浄することです。
 
 
そのまま使うとバレてしまいますからね。
 
 
 
学歴ロンダリングは、この言葉をもじって
 2chなどで揶揄されたインターネットスラングの1つ。
 
 
マネーロンダリングが”お金”をごまかすのに対して
 
学歴ロンダリングは ”最終学歴” をごまかすことをさします。
 
 
 
具体的な意味としては
 日本で大学院進学の際に、現在の大学よりも
 レベル(学歴)の高い大学院に進学することで
 最終学歴を書き換える操作のことです。
 
 
実際入学しているのでごまかしてはいないのですが…
 
世の中にはまだまだ学歴にコンプレックスを
もっている人もおおいですからね。
 
学歴なんて気にしないのが一番です。
 
 
学歴ロンダリングが騒がれるようになった背景としては
1990年代以降の国立大学の大学院が定員増加を行い
一部の大学が定員数が学部より多くなったことから
大学院に行くほうが簡単だと
2chなどで騒がれたことがことが発端です。
 
 
2chが絡んでいるので
もちろんネガティブな意味で使われることが多い言葉となります。
 
 
 
そんなネガティブな意味で使われがちな
 学歴ロンダリングですが、
 私個人の意見としては
 この行為自体は全然悪いようには思えません。
 
 
むしろ、学歴社会においては
学歴ロンダリングをしたほうが
実際にお得な場合だって、多々あります。
 
 
 「マネーロンダリング」が犯罪なのに対して
 
学歴ロンダリングは全然犯罪ではありません。
 
 
むしろ正当な行為とも言えます。
 
 
大学院試験をちゃんと受け合格して入っていますし
就職活動の時も
 実際に卒業しているのであれば履歴書に書いても
全く嘘ではなく学歴詐欺にもなりません。 

大学院は本当に入りやすいのか

よく批判や否定が行われる理由の1つとして
 
「東大に入るのは凄い大変だけど、大学院はそこまでじゃない」
 
というのがあるようです。
 
 
以前、特に話題になったのが
 “お嬢様芸人”のたかまつななさんの問題ですね。
 
 
たかまつななさんは慶応大学に通いながら
芸能活動を行っています。
 
そんなたかまつななさんが
東京大学大学院を合格してダブルスクールで
通っていることをブログに公開したことが話題となり
 
「学歴ロンダリングだ」
 
と批判も殺到しました!
 
 
それに対して
たかまつななさんはブログで
 
詐欺?ちゃんちゃらおかしいざます。
学歴を偽っているわけでもないのに、
詐欺なんてひどいいわれようですわね
 
と真っ向から反論しています。
 
 
 
そもそも、大学院は学部に比べて本当に入りやすいのでしょうか?
 
 
大学院入試と大学入試は大きく仕組みが異なってします。
 
 
大学入試がセンター試験や2次試験など
 多くの科目で合否が決まるのに対して
 
大学院入試は主に専攻する専門科目のみの試験が一般的です。
 
 
そう考えると大学入試より難易度が低そうですが
一概に「簡単だ!」とも言い切れません。
 
 
大学院入試は合格に必要な点数や試験内容など、
あまり公にされないので
難易度を図るには難しいといえるでしょう。
 
 
しかし、東京大学・京都大学で4年間学んだ学生でさえ
 落ちる人はたくさんいることを考えると
 そう簡単に入れるものでは無いと思います。

就活で有利なのは間違いない事実。

 
そんな時に批判に的となる学歴ロンダリングですが
日本の大企業に就職するのが目標なら、
目標達成のために有効な手段になります。
 
なんだかんだ新卒の就活のときには
学歴フィルターは当たり前のように存在しますからね。
 
 
 
 
 
僕が思う学歴ロンダリングの良いところは
”環境”を変えられることです。
 
 
良くも悪くも人間にとって環境の影響は大きいです。
 
 
育つ環境や学ぶ環境によって人間は大きく変化します。
 
 
意識が高い人に集まりに入れば、
 あなたの意識が高くなりますし、
 
意識が低い集まりにいたら、
あなたの意識も低くなります。
 
 
環境によって考え方や成長速度も大きく変わってきます。
 
 
自分が通っていた大学より上の大学院に行くのであれば
 間違いなく今の環境よりも良い環境がそこにあるでしょう。
 
東京大学や京都大学の大学院であれば尚更です。
 
 
 
インターネット上で批判されているかなど関係なく、
自分の学びたいことや研究したいことが
より上の大学の大学院にあるのであれば
是非挑戦すべきだと私は思います。
 
 
むしろ、大企業に就職して、平均よりもちょい高めの給料を求めて、
わざわざ学歴ロンダリングするんだったら、
その間に自分で稼げるように試行錯誤したほうが
圧倒的にお金になるので、モッタイナイですね。
 
参考書なんてゴミ箱に捨てて
アービトラージマニュアルを読みましょう。笑
 
 
 
ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
一緒に自由をつかみとりましょう!
 
 
アービトラージャー
タッチ 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方