自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

月収が手取り30万円でも苦しい生活の現実!?解決策は2つ

      2017/06/22


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

どうも!タッチです。
手取りの月収が30万円でも生活が苦しいと嘆く方は多くいらっしゃいます。

 

世間一般から見ると、「手取り30万円もあれば、月20万円使ってもまだ10万円余るから、わりと豊かな生活ができて、十分勝ち組じゃん!」と思われがちです。

 

しかし、実際は月収30万円でも普通に使っているとまず足りなくなります。

 

ヘタすると給料日手前にはほとんど残らず、貯金も出来ないぐらいかなり苦しい生活を強いられる可能性もあります。

 

 

そうならないために、この記事では月収30万円のリアルな生活状況と、苦しい状況をうまく切り抜けるために効果的な「支出を削る・収入を増やす」の2つの方法をお伝えしていきます。

 

 

手取り30万円を超える人ってどんな人?

そもそも、手取り30万円を超える人はどのような人なのか?

年収や時給など細かい金額と、生活水準を基準に具体的にしていきたいと思います。

 

手取り30万円=額面で月収35万円

手取り30万円の人の額面はだいたい35万円程度と言われています。

35万円から税金や住民税、雇用保険、社会保険料などが引かれて大体30万が手元に残るという計算です。

 

手取り30万円を年収にすると

手取り30万円の人の年収はボーナスがあるのとないのとでは全然違ってきます。

もしボーナスなしとすれば、額面35万円が12ヶ月分なので年収は420万円です。

 

ボーナスの平均額は大企業の場合は約2.5か月分、中小企業の場合は約1か月分と言われています。

なので、手取り30万円(月収の額面35万円)だとすると、

 

  • 大企業の場合:額面35万円×(12+2.5)=507.5万円
  • 中小企業の場合:額面35万円×(12+1)=455万円

このような計算になります。

 

 

手取り30万円を時給換算すると1875円

手取りが30万円(支給額面35万円)、1ヶ月20日働くとすると1日15000円の収入です。

 

1日8時間労働と仮定すると、15000円を8で割って時給が1875円となります。

 

手取り30万円の生活水準ってどんなもん?

手取り30万円の生活は実際どんなものでしょうか?

ここでは一人暮らしの生活を例に内訳してみましょう。

 

 

家賃 8万円
食費 3万円
光熱費 3万円
ネット・スマホ代 1万円
交際費 2万円
各種保険 1万5000円
衣類 2万円
貯金 5万円
合計 25万5000円

※平均金額なので、あくまで参考程度です。

 

手取り30万円の一人暮らしの内訳を見てみると家賃、光熱費や保険、衣類、食費など必要となるものがだいたい18万ほどはかかってきます。

 

これに車のローンや住宅ローン、趣味が増えれば増えるほどさらに出費は増えていくと考えられますね。

 

「手取り30万円もあれば、そこそこ豊かな生活ができる!」と思っている人は多いですが、実際のところは手取り30万円あっても、そこまで「豊か」とは言えなさそうですね。

 

手取り30万円では足りない!生活が苦しい!という人の解決策は2つ

手取り30万円(月収の額面35万円)であっても残念ながら普通に生活してると意外に足りません。

ですので、月収30万円の状況で生活が苦しい場合には以下の2つの解決策を実践することをオススメします。

 

  1. 支出をけずる
  2. 収入をさらに増やす

たった2つの方法を実践するだけでも、苦しい生活が一変してゆとりある生活に変わります。

 

 

例えば、毎月の出費を1万円減らして、毎月の給料に3万円プラスされるだけでも毎月4万円増えることになります。

 

その結果、年間4万円×12か月で52万円も年収が増えるのです。

 

支出を削って収入を増やすだけでかなり生活は豊かになってくることはイメージできたでしょうか?

 

 

以降は支出を削る方法、収入をさらに増やす方法の順番でさらに深めていきます。

 

月収30万円台の人で削れる支出はコレ!

稼ぐも減らすも同じ画像

月収30万円で生活が苦しいを感じているならば現時点でのあなたのお金の使い方を見直す必要があります。

 

ただ、毎月どうしてもかかってしまう固定費を削るのは難しいので、以下の3つの支出を削れないか考え直してみることをオススメします。

 

  • スマホの利用料金
  • 子供の教育費
  • 住宅ローン

 

大手キャリアのスマホ利用料は高すぎる!

支出を削ったほうがいいのは月収30万円でも50万円でも20万円でも一緒ですよね。かといって生活水準を下げて節約するのは厳しいです。
そこで提案したいのが、スマホのSIM(契約先)をdocomo・au・ソフトバンクの大手キャリアから「格安SIM」に乗り換えること。

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば、ほとんど生活に支障なく、支出だけが減ります。

 

 

僕も先月docomoから格安SIMに乗り換えた結果・・・

 

【docomo】月間データ容量7GBで月額約8000円

【格安SIM】月間データ容量10GBで月額約3000円

月額5000円もお得データ容量が3GBも増えた

 

大手キャリアから乗り換えない理由がないってレベルでお得です。

 

「でも、安いからには何かデメリットがあるんでしょう?」

と疑ってしまうのが人情ですよね。僕も最初は疑っていて、乗り換えを迷っていました。

 

確かに、通信速度が若干遅くなるというデメリットがあるのですが、実際に変えてみると、体感的には通信速度はほとんど変わりませんでした。

 

変わったことと言えば、「@docomo.ne.jp」のキャリアメールが使えなくなったくらいですが、僕はもともとGmailやYahoo!メールを使っているので、何の問題もありません。

 

 

今はまだ格安SIMの知名度が低いので、「よく分からない」という理由で乗り換えない人が多いですが、格安SIMのお得さに気付いた人からどんどん乗り換えています。

 

格安SIMは通信回線としては、docomo・au・ソフトバンクの回線を格安SIMの提供会社が借りているだけなので、今使っているキャリアと同じ回線の格安SIM会社と契約すれば、大きく通信状態が変わることはありません。

 

大手キャリア3社それぞれの回線について、オススメの格安SIMは以下の通りです。

 

 

格安SIMは固定費が下がるうえに、デメリットがほとんどないので是非とも乗り換えてみてください。

 

 

子供の教育費は本当に必要?

子供の教育費をどこにあてるかはかなり慎重に考えるべきです。

 

子供に教育費としていろいろな習い事をさせたり、塾に通わせたりする方は多いですが、教育費によってお金のやり繰りがきつくなってしまうのもまた問題ですよね。

 

子供にお金をかけたい気持ちは分かりますが、将来的にプラスになるとも限りません。

 

 

例えば、

  • ピアノ教室に通わせたが、2~3回通っただけですぐに辞めてしまった
  • スイミングスクールにほとんど通っていないが、いざという時のために毎月スクール代だけは払っている
  • とりあえず塾へ通わせている

 

これらは非常にもったいないお金の使い方です。

 

また、塾に通わせるにしても、先生や環境によっては必ずしも子供の成績が上がるとは限りません。

 

一向に成績が上がらない塾に毎月数万円を支払うよりも、1冊1500円程度の参考書で勉強するほうが遥かに安くて効率的な可能性もあります。

 

 

ですので、月収30万円で生活が苦しいと思われるのであれば、子供の教育費をどこにあてるのかを慎重に考え直す必要があります。

 

家のローンに縛られないために

住宅ローンを組んでしまうと固定費がかさんで生活は苦しくなります。

 

そもそも負担になるほどのローンを組んでまで家を買わないことがベストです。

ですので、あなたが住宅ローンを組んでいないのであればここは飛ばしてもらって大丈夫です。

 

 

ただ、もしすでに住宅ローンがある人は借り換えなどで負担がどのぐらい減らせるかを検討することをオススメします。

 

マイナス金利政策が解除されたことで金利が上昇し、結果的に住宅ローンの金利も上昇しています。

ですので、長期固定、低金利の住宅ローンを銀行などで検討されることをオススメします。

 

毎月の返済額を少しでも減らすことができれば、その分固定費を減らせて毎月の生活にゆとりが生まれます。

 

 

手取りで月収30万円にプラスする3つの方法

一万円の札束画像

手取りで月収30万円にプラスの収入を得る方法は3つあります。

 

  • 手取り30万円を超える仕事に就く
  • 副業をして手取り30万円以上を稼ぐ
  • 脱サラして手取り30万円を超える

 

月収30万円にさらに収入がプラスされると苦しい生活を一発で逆転でき、経済的にもより豊かになれます。

 

その3つの方法を具体的にご紹介します。

 

 

【方法その1】会社員で手取り30万円を超える仕事

手取り30万円超えるくらいなら、転職してそれなりの仕事に就くことができれば可能です。

会社内で昇給したり、営業職で成果を上げることができれば月収30万円を超えることができます。

 

高給が狙える職業はコチラの記事で詳しく紹介しておりますので参考にしてください。

これが月収100万円のリアル。月収100万円を稼ぐ方法は実は簡単

 

 

【方法その2】副収入を加えて手取り30万円以上稼ぐ方法

本業とは別に副収入を加えれば手取り30万円を超えることは可能です。

就職されている方にとっては副業する方法が最もリスクが低くて、稼げる金額も大きいです。

 

いまや、収入の柱が複数あるのが当たり前であり、ネットを駆使すれば専業主婦の方でもスキマ時間に在宅で稼ぐことも可能になっているのです。

 

あるいはパラレルキャリアという今注目されている働き方を取り入れることで手取り30万円を超えることもできます。

 

パラレルキャリアは元ライブドア社長のホリエモンも推奨している新しい働き方で、本業とは別にNPO活動に加わったり、別の職業に就くなど自身のスキルアップを目的とした働き方です。

 

パラレルキャリアに関する詳細はこちらを参考にして下さい。

パラレルキャリアが副業よりもオススメな理由とその始め方

 

 

僕自身、会社に勤めていた頃は、パラレルキャリアの一環としてアービトラージというビジネスでスキルアップを目指していました。

 

その結果手取り30万円どころか会社の収入を超えてしまったため、今では独立して毎日楽しく仕事しています。

 

 

ですので、手取り30万円を超えたりけど本業とは別に始めたい社会活動やプロジェクトなどが、これといってないというのであればアービトラージを始めることをオススメします。

 

※アービトラージの詳細については『3年後”当たり前”になる新しい働き方のススメ』の記事を読んでください。

 

 

まとめると、今の仕事をしながら副業やパラレルキャリアでの収入を確保できれば手取り30万円を超えることは十分可能なのです。

 

 

【方法その3】脱サラ起業して手取り30万円以上稼ぐ方法

脱サラ起業すれば手取り30万円以上稼ぐことは十分可能です。

 

確かに、脱サラはハードルは高いと感じられるかもしれません。

しかし、売れれば売れるほど収入になるため収入に天井がありません。

 

ですので脱サラ起業して軌道に乗せれば手取り30万円以上稼ぐことは難しくないのです。

 

 

自営業だったら少しうまく行けば月収30万円はすぐ超えます。

 

 

僕自身もアービトラージと出会って副業を始めたら最初の1ヶ月で副収入が10万円になり、それからわずか5ヶ月で50万円を超えて脱サラしました。

 

結論:手っ取り早く豊かになるなら収入を増やすこと

手っ取り早く豊かになりたいなら収入を増やすことをオススメします。

 

というのも、支出を頑張って減らしてわずかなお金を捻出するよりもいっそのこと稼ぐ方が遥かに早いですからね笑

 

もちろん、収入に比例して支出が増えてしまうのは問題ですが無駄な支出を削る工夫をすればまず経済的に苦しむことはありません。

 

 

ですので、支出の無駄を削りながらも

  • 手取り30万円を超える仕事に就く
  • 副業をして手取り30万円以上を稼ぐ
  • 脱サラして手取り30万円を超える

この3つの方法で収入を増やして手っ取り早く苦しい生活を脱出しましょう。

 

 

ではでは!

タッチ

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方