自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

エリートじゃなくても月収50万円の壁を超える3つの方法

      2017/05/11


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

どうも、タッチです。

 

今回は、月収50万円の生活の実態を暴いていきたいと思います。

 

もし、月収50万円あればあなたはどのように使いますか?

 

  • トコトン遊び尽くす
  • 趣味にどっぷりハマりたい
  • オイシイもんを食いまくる!
  • 高級車買って乗り回したい!
  • 今より家賃が高いところに引っ越す

など、月収50万円もあれば、月々の支払いに困らないどころか外食を増やしても贅沢できるイメージがありますよね。

 

 

しかし、実は月収50万円は想像よりも贅沢できる金額ではありません。

 

今より少し贅沢はできますが、決して豪遊できるわけではありません。

 

 

ただ、月収50万円を達成する事も実はそれほど難しくないのです。

 

 

  • 月収50万円の生活って本当はどんなもの?
  • 月収50万円を超える仕事って具体的に何?
  • 月収50万円の税金や手取りはいくらぐらい?
  • 月収50万円を達成する方法は?

などなど、この記事ではあなたの「月収50万円」に対する疑問にすべて答えていきます。

 

 

この記事を読み終わる頃には、「なんだ、月収50万円ってこんなもんか・・・」、「これなら特殊なスキルや資格がない自分でもできそうだな」とイメージが180度変わるでしょう。

 

 

もし今現在、自分の収入に不満を抱えているのであれば、これを機に月収50万円を狙ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

今回は月収50万円の実態と、普通の会社員が月収50万円を突破するための3つの方法についてお話しします。

 

月収50万円はお金持ちではない。

 

月収50万円もあれば、毎日外食して、後輩に奢りまくって、土日遊んでも余裕で暮らせそう!というイメージがあるかもしれません。

 

しかし、実際は意外に普通でちょっと贅沢してしまうとすぐ尽きてしまいます

 

独身なら比較的楽な生活ができますが、家庭をお持ちの場合は特に出費も多いのでそこまで贅沢はできない可能性があります。

 

 

月収50万円の生活が一体どのようなものなのか?そのリアルに迫っていきたいと思います。

 

月収50万円の手取りは38万円で年収600万円

月収50万円の手取りは38万円と低く、年収は50×12=600万円です。

手取りが少なくなる理由は、月収50万円から社会保障や所得税、住民税などが引かれてしまうからです。

 

 

月収50万円の場合、年収600万円ですので税率は20%、控除額は42万7500円です。

 

さらに住民税は所得に関係なく一律10%かかります。

所得税と住民税だけでも年間で実質30%引かれることになります。

 

ですから、600万円×0.3-42万7500円=137万2500円の税金がかかります。

そのため、年収600万円の手取り自体は600万円-137万2500円=462万7500円、月単位だと約38万円という計算になります。

 

 

もし手取り50万円を狙うならば、額面はだいたい月収62万円程度必要になります。

 

 

月収50万円の人の年収はボーナスがあるのとないのとでは全然違ってきます。

もしボーナスなしとすれば、月収50万円が12ヶ月分なので年収は600万円です。

 

ボーナスの平均額は大企業の場合は約2.5か月分、中小企業の場合は約1か月分と言われています。

なので、手取り38万円(月収の額面50万円)だとすると、

 

  • 大企業の場合:額面50万円×(12+2.5)=725万円
  • 中小企業の場合:額面50万円×(12+1)=650万円

このような計算になります。

 

月収50万円=手取り50万円とはならないので、月収50万円は実はそれほど裕福な金額でもないのです。

 

月収50万円を時給換算すると3125円

月収50万円を時給計算していくと、1ヶ月20日働くとすれば1日25,000円の収入です。

1日8時間働くと仮定すると、25,000÷8で時給は3,125円です。

 

月収50万円を稼ぐためには時給3,125円の仕事をしなければなりません。

 

ちなみにコンビニバイトや飲食店など時給900円のアルバイトの場合、月収50万円を達成するためには、556時間働かなければなりません(1日19時間労働を月30日)。

 

コールセンターなど時給1,500円の派遣で月収50万円を達成するためには、334時間働く必要があります(1日17時間勤務を月20日)。

 

ですので、普通にバイトや派遣では達成することはそうとう難しいですね。

また会社員の方もそれなりの役職や管理職へ出世しない限り、月収50万円を超える事はなかなか難しいのではないでしょうか。

 

 

月収50万円の生活の実態とは?

独身と仮定すると月収50万円の生活の一例として、内訳は以下のようになります。

 

家賃 10万円
食費 5万円
光熱費 3万円
ネット・スマホ代 1万円
交際費 7万円

各種保険

2万円
衣類 3万円
貯金 5万円
合計 36万円

月収50万円の手取りはだいたい38万円ですので上記の内訳の範囲内であれば、十分ゆとりのある生活ができます。

 

  • 家賃10万円の比較的リッチで広めな住宅に住めます。
  • 食費に5万円も使えるので、スーパーの食材が半額かどうかで悩む必要はなくなります。
  • 衣類にある程度お金をかけることができるので、オシャレに気を使えます。

 

上記の内訳に趣味にかかるお金や住宅、車のローンが重なってくるとさらに出費が増えて生活が苦しくなってしまう可能性があります。

 

独身ならまだしも、もし結婚されていて子供もいるということであれば習い事や塾など、教育費がかかるので豪遊できるほどの金額でもないということがわかりますね。

 

 

また、月の出費は住んでいる場所が都心周辺か地方かによっても大きく変わります。

 

例えば、地方なら家賃を安く広いところを借りることができます。

休日の過ごし方に関しては、都会ならいろいろと遊ぶところが多いので休日の出費も多くなるかもしれませんが、もし地方にお住いであれば遊ぶところが少なく出費が少なくなるかもしれません。

 

 

以上を考えると、月収50万円の生活はプチ贅沢できる金額ということになります。

 

月収50万円を超える仕事は基本的にステータスが高い

 

月収50万円を超える仕事は基本的にステータスが高いです。

月収50万円、年収600万円を超える仕事を具体的に列挙すると以下の通りです。

 

  • 住職
  • 証券アナリスト
  • 司法書士
  • 美容部員
  • 刑務官
  • バスプロ
  • 獣医師
  • 公務員
  • 検事(検察官)
  • 放射線技師
  • ITコンサルタント
  • パタンナー
  • 臨床工学技士
  • 不動産コンサルタント
  • 行政書士
  • 通訳者
  • 映画監督
  • ディーラー
  • 営業
  • 宅急便
  • マグロ漁船

※あくまでも計測ですので参考程度にとどめておいてください。

 

また、民間給与実態統計調査結果によれば年収600万円を稼ぐ人は男女合わせ約250万人程度という結果がでています。

 

 

月収50万円の仕事もたくさんありますし、実際に稼いでいる人も多くいます。

ですので、若ければ努力していい仕事についたら月収50万円は可能かもしれませんね。

 

※月収50万円とか100万円を超えるような儲かる仕事については『儲かる仕事5選』の記事に詳しく書いています。

 

普通の人が月収50万円の壁を超える3つのステップ

 

普通の会社員でも月収50万円を超える3つのステップは以下の通りです。

 

  1. 自分の時間を取り戻す
  2. 自己投資をする
  3. 副業(複業)をする

 

「エリートでもない人が月収50万円を超えるには、特殊なスキルや才能がいるのでは?」と思うかもしれませんが、「副業(複業)」を取り入れれば普通の人でも月収50万円を超えることは十分可能です。

 

今の時代は、主婦の人でもネットを使えばスキマ時間で副業できますので、副業で稼ぐ事は難しくありません。

ですので、本業+副業で月収50万円を超えていきましょう。

 

月収50万円を超える3つのステップを順に説明していきます。

 

 

1.自分の時間を取り戻す

まずはじめに、自分の時間を確保しましょう。

 

日頃忙しいかもしれませんが、毎日少しでもいいので自分の時間を確保することが大事です。

 

なぜなら、月収50万円を超えるためには自分を磨く必要があります。

そのためには仕事や家庭に追われていてはダメなのです。

 

 

大事なのは、人に協力してもらうことです。

仕事の一部は部下や他の人に任せたり、家事は家族、あるいは家事代行の人などに頼んだりして、自分以外にでもできそうが事は他人に任せてください、

 

そしてできる限り自分の時間を捻出して下さい。

 

時間の捻出の仕方については「ちきりんの日記」で有名のトップブロガーである、ちきりんさんのコチラの書籍がおすすめです。

 

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

2.自己投資する

自分の時間を確保できたら次に自己投資をしてください。

 

自己投資には2種類あります。

  • 自分の心に投資する
  • ノウハウに投資する

自己投資は惜しまずしてください。

 

 

思い出してみて下さい。

 

小学生の時、何かを学ぶ時に必ず教科書を読んで勉強しましたよね。

それは教科書を読むことで効率的に学べるからです。

独学だとヘタするとかけ算割り算を習得するのにかなりの年数を費やしてしまう可能性がありますからね笑

 

それと同じで、月収50万円を超えるためには、普段の考え方を根本的に変えて、副業で稼ぐための本や教材、講座やセミナーに通うなど自己投資して知識を取り入れる必要があります。

 

 

僕はセミナーや教材、本、講座、コンサルティングなどにこれまで少なくとも数百万円以上投資してきました。

 

その結果、今ではサラリーマン以上の給料を得ながらにして、独立して暮らしています。

 

 

副業で稼ぐためにも、自己投資をすることは必要なのです。

 

自分の心に投資する

まずは心に投資して、メンタルや考え方を変えていく必要があります。

 

なぜならば、会社員として給料を受け取る経験しかしたことがない人の殆どは、自分で稼ぐために必要なメンタルができていません。

周りの人達と同じメンタルや考え方で、あなただけが月収50万円を超える事はまずありえないですよね。

 

ですので、まずはメンタルや考え方から変えていく必要があります。

 

 

具体的には自己啓発セミナーに参加したり、結果を出している人に会いに行ったりすることをオススメします。

 

 

僕は残念ながら元々「君はどんな仕事にも向いていない」と言われるぐらい仕事ができない、特殊な資格やスキルすらない、無能な人間でした。

しかし、たくさんのメンタルやマインドに関する本やメンターと呼ばれる師匠と出会ったりすることで心の持ち方や考え方が変わり、独立して稼げるようになりました。

また、わざわざ東京まで行って10万円もする自己啓発セミナーを受けたことがあります。(ちなみに僕は当時は山梨県甲府市の山奥に住んでいたので、東京まで行くのにかなり苦労しました笑)

 


会社を辞めて独立して稼げるようになった今でも12万円の自己啓発セミナーに通ったり、半日1万円するセミナーに毎月通ったりして、メンタルのレベルを上げる努力は惜しみません。


それだけメンタルに自己投資することは重要なのです。

 

 

自分の心に投資して、理想を手に入れ成功する具体的な方法はコチラの記事で詳しく書いておりますので参考にして下さい。

 

マインドセットとは?マインドを変えて成功する7つの法則

 

 

 

ノウハウに投資する

自分の心に自己投資ができれば、次は自分で稼ぐための正しいノウハウや知識に自己投資して下さい。

 

ノウハウに投資すれば月収50万円を超える方法を理解することができ、実際に月収50万円を超えは実現可能になります。

 

また、ネット環境が整っているので副業を始めるのに大きな資金は必要ありません。

ですから、心に自己投資をして、正しいノウハウがあれば大きな失敗はまずしないでしょう。

 

 

3.副業(複業)をはじめる

心とノウハウに自己投資できれば、あとは実践あるのみです。

 

副業は今はネットを使えばいくらでもできる時代ですので、「副業として何を始めるか?」で困ることはほぼないでしょう。

 

僕はアービトラージという副業を始めたのがきっかけで、無能な会社員時代にオサラバして独立しました。(もちろん今の僕の月収は当時の会社員時代の給料を余裕で超えております。)

 

ですので、副業を始めることが月収50万円を超える手段ですし、場合によっては手取り50万円を超える可能性も十分あります。

 

 

ただ、副業にも数え切れないほど種類が存在しますので、「もし自分にどんな副業が合っているのかわからない」という方は様々な副業の種類と小資金から大きな金額が稼げる副業の例について詳しく解説した記事がありますので参考にして下さい。

 

副業(複業)の始め方が知りたい方はコチラの記事を参考にして下さい。

パラレルキャリアが副業よりもオススメな理由とその始め方

 

2年弱で年商4800万もの売り上げを叩き出した副業など過去に大成功した副業の事例を知りたい方はコチラの記事を参考にして下さい。

スモールビジネスの始め方と成功例12選

 

 

月収50万円は難しいことではないと知ってほしい

本業+副業(複業)で月収50万円は難しいことではありません。

 

確かに、月収50万円は会社員一筋でやっていく場合は非常に難しいかもしれません。

しかし、副業(複業)を前提とすれば月収50万円なんてエリートでなくても、誰でも実現できるレベルだと想像できるかと思います。

 

 

もしあなたが今現在自慢できるスキルも特技もない、あるいはわからないというのであれば、無能で資格もなかった僕でも稼げたアービトラージをオススメします。

 

アービトラージは無能で仕事が何一つできなかった僕でも稼ぐことができ、脱サラすることもできました。

 

 

もしアービトラージに興味があるのであれば、具体的なノウハウを綴ったマニュアルがコチラにありますのでぜひ読んでみて下さい。

アービトラージマニュアル

アービトラージベーシックマニュアル

 

このマニュアルは僕が今まで数百万円以上、あらゆる情報やノウハウを投資して得たノウハウを厳選し、その中でもさらに誰でも取り組みやすいように改良してまとめております。

 

アービトラージのマニュアルを読んでみて「なんだ!月収50万円、手取り50万円を稼ぐことはこんなシンプルなんだ!」「これなら自分でもできそうだ!」と感じてみてください。

 

 

 

 

ではでは!

タッチ

 

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方