自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

物販ビジネスの始め方は簡単。仕入れのやり方教えちゃいます

   


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

どうも、タッチです。

 

  • 物販を始めたいけどどうすればいいかわからない
  • 仕入れができないし、やり方もイマイチわからない
  • そもそも物販ってなんだかんだ難しい

「ほんとに自分でも物販ビジネスで稼げるの?」って不安に感じますよね。

 

 

僕も「物販は簡単で稼げる!」みたいなブログを見て物販を始めた人間です。

 

始めた頃は物販なんて全くわからず、とりあえず真似してみたものの、「あ、僕には無理。全然稼げる気がしない・・・」と本気で思いました。

 

 

しかし、どうしても人生を変えたかったのでせどり関連の教材や塾、せどりコンサルタントに100万円以上つぎ込みました。

 

その結果、2年以上ずっと物販で稼げるようになりました。

遂に念願の脱サラを果たした僕が物販ビジネスについて詳しく解説していきます。

 

 

僕が2年以上物販をやってきたのですが、物販ビジネスはネットビジネスの中でも一番シンプルで時代やニーズに関係なく稼げるビジネスだなぁと感じます。

 

普通にやれば1ヶ月目で手堅く10万円は狙えます。

 

 

「それはあなただからでしょ?」とよく言われますが、僕には特殊な才能もスキルも資格もありません。

ほんとに平凡な人間です笑

 

いかにダメで無能かを知りたい方はぜひ僕のプロフィールを見てみてください。
ゲリにまみれた高校時代、どんな仕事にも向いていないと宣告され絶望したあの日、一瞬にして貯金が半分に!?結婚前夜に起こった悲劇など、ダメダメなエピソード満載です笑

⇒【タッチって誰?】詳しいプロフィールはこちら

 

しかし、正しく学んだ結果、そんな僕でも稼いで独立できたのですね。

 

 

今回は、物販の簡単な始め方やビジネスモデル、仕入れの方法について解説します。

物販ビジネスのモデルは4つある

物販のビジネスモデルは大きく分けて4つあります。

 

「安く仕入れて高く売る」というシンプルなビジネスモデルですが、仕入先や仕入れる物によってビジネスモデルが大きく異なるのです。

 

具体的には、以下の4通りあります。

 

  1. 国内転売(せどり)
  2. 輸入転売
  3. 輸出転売
  4. 無在庫転売

漢字がズラズラ並んでややこしく見えますが(笑)1つずつ具体的に解説していきます。

 

 

1.僕が脱サラできた国内転売(せどり)

国内で安く仕入れて国内で売るという「せどり」が一番ポピュラーな物販モデルです。

 

なぜなら、国内で仕入れて国内で売るモデルが参入障壁も低く、国内の商品は取り扱いもしやすいですし、商品に対する信頼度も高いからです。

 

シンプルに始めやすいという理由からせどりは人気の物販モデルです。

 

 

また国内転売は再現性の高いビジネスモデルです。

 

  • 自分が売りたい商品が過去にどのくらい売れているか?
  • どの値段帯で売れているか?
  • その商品を売っている人はどのくらいいるのか?

 

最低限この3つを押さえていけば、ほぼ売れるか売れないかが決まります。

よく転売をしている人がSNS上で「見込み利益10万円!」という投稿を目にしませんか?

 

まさにそれです。

 

上の3つをしっかり押さえればあなたも言えるようになります笑

 

 

リスクが一番低く、難しい知識も不要で仕入れもシンプル、一番稼ぎやすいのは国内転売(せどり)ビジネスです。

 

これからも参入者は増えていくビジネスモデルだと言えるでしょう。

 

つまり、始めるなら今が一番稼ぎどきという事です。

 

今すぐ国内転売で稼ぎたい!いう方は、僕がこれまで数百万円以上転売の塾やコンサル、ノウハウに費やし、月日をかけて実践してきた内容をギュッとまとめて読みやすくしたマニュアルがあります。

ぜひ読んでみて下さい。(一時的な転売のノウハウだけでなく、今後も大きく稼いでいくために必要なビジネスの核となる「アービトラージ」についても解説しております。)

元ライブドア社長のホリエモンも推奨する「アービトラージ」とは?

 

2.中国のパチモンだらけ!輸入転売

中国から仕入れた物を日本で売る輸入転売があります。

このモデルは日本と中国の物価の差を利用して利益をあげる物販モデルです。

 

中国は物価が低いので、日本と比べると、同じ商品でも中国では破格の安さで売られていることが有ります。

日本では数千円で売っているようなものが中国では数十円、数百円で売っている、なんてことはザラです。

 

なので、大きな価格差を狙いやすいビジネスモデルでもあります。

 

 

しかし、これから物販を始める初心者の方には少し参入障壁が高い2つのポイントがあります。

 

  1. ニセモノが多い
  2. 海外への買い付け

 

1.ニセモノが多い

1つ目が、中国にはニセモノが多いということです。

中国での輸入転売をやっている人から聞くのが「ニセモノ商品」、あるいは「劣化版コピー商品」などと言われますが、これらを知らずに販売してしまうと非常に危険です。

 

例えば、ブランド品のコピー商品や、海賊版などですね。

 

 

最悪、逮捕されてしまいます。

 

実際に中国から仕入れたニセモノ商品をメルカリを使って、日本で販売して逮捕されている事例もあります。

 

 

ですから、ニセモノとホンモノを見極める目が必要になってくるのです。

 

これだけでも、難易度はかなり高くなってきます。

 

2.海外からの仕入れ

2つ目が、海外からの仕入れです。

現地の中国工場へ出向いて、商品の仕入れが必要になる場合もあります。

 

もちろん、ネットでも仕入れることはできますが、海外を経由するので仕入れ代がかかります。

その場合は、eBay、アリババ、海外Amazonなどで商品を仕入れる必要があるので、少しややこしいです。

 

また、OEMも多く、競合の潰し合いが激しい業界です。

 

OEMとは他社ブランドの製品を製造して、パッケージを変えるなどして、自社製品として扱うビジネスなのですが、価格競争になるので在庫を抱えるだけ抱えて売れないという状況に陥ります。

 

少なくとも、物販初心者にとって、OEMは手を出すべきものではないという事です。

 

 

 

以上の2点を考慮すると、中国からの輸入転売は大きく利益を見込めますが、その分必要な知識やスキルが増えます。

 

何かしら流通の経験者であれば別ですが、少なくとも初心者には向いていないです。

 

3.日本の良いものを売る!輸出転売

輸出転売は日本にある商品を海外Amazon、eBayなどで販売するビジネスモデルです。

このモデルも大きな価格差を狙いやすいです。

 

例えば、米国で人気のドラゴンボールというアニメのキャラクターフィギュアが日本にしかなければ海外ではかなりの高値で売ることができるのです。

 

 

日本特有の文化などは、欧米や他の国にないものも多いため、海外の人からすれば日本の商品に価値が生まれます。

 

 

希少性が出やすく、価格差が生まれやすいのが特徴ですので、比較的稼ぎやすい転売モデルです。

 

さらに、リスクを抑えるために海外Amazonを利用して欧米輸出の無在庫転売を行う人も多くいます。

 

ですから、リスクを限りなくゼロで転売することも可能なのです。

 

 

ただ、商品販売する相手が外国人のため、言語の壁が生じます。

例えば、AmazonやeBayの規約の違いや、国によっては法律なども異なってくるので、その違いを事前に確認しておく必要があります。

 

 

少なくともとっつきにくいモデルなので、初心者に向いているとは言えないです。

 

どちらかというと、まだ国内せどりの方が始めやすいかなと思います。

 

 

あなたが外国語を話せるか、知り合いに英語堪能な方がいらっしゃるか、あるいは通訳を雇うのであれば、輸出転売も狙ってみる価値はありそうですね。

 

4.在庫リスクを抱えず売る!無在庫転売

無在庫転売とは、注文が入ってから仕入れて売るというモデルです。

商品の注文が入ってから仕入れるので、在庫も一切抱えず、また売れ残りもないのでリスクもありません。

 

うまくやればノーリスク、100%利益の出るビジネスモデルとなります。

 

 

しかし、無在庫転売は在庫リスクはありませんが、それ以外のところは多くのリスクがあります。

 

なぜなら、無在庫転売はトラブルがかなり多いからです。

 

 

実際、知り合いの無在庫転売をしている人(年商600万円レベル)は無在庫なら無駄な資金を使うことがないのでキャッシュが回るだろうと始めてみました。

しかし、実際は中国はトラブルが多く、普通の物販ビジネスとキャッシュフローは変わらないのです。

 

 

また、楽天は代理購入による転売が発覚した場合は厳しいペナルティを課していますし、ヤフーも無在庫の転売をしている店舗を停止させています。

 

大手も無在庫転売を禁止している他、フリマアプリで有名な「メルカリ」も在庫がない状態での商品出品は禁止しているのです。

 

Amazonやヤフオクでも無在庫出品は規約違反とされています。

実際、無在庫転売をして購入キャンセルが相次いだためにアカウント凍結に至るケースも多くあります。

 

 

 

このように大手の市場でも無在庫転売を取り締まっているので、摘発されてしまうと信頼を失うという大きなリスクがあります。

 

 

もし無在庫転売を始めるのであれば、マナーやリテラシーには十分気をつけましょう。

僕が脱サラできた物販ビジネス「せどり」の始め方

僕が脱サラできた物販ビジネスは「せどり」でした。

サラリーマンやめて、稼ぐなら正直せどりだけで十分過ぎるほどです。

 

僕の経験からすれば、せどりが初心者が一番始めやすいです。

 

 

なぜなら、せどりは既にネット上に存在しているネットショッピングサイトに商品を販売する事で、今すぐにでも始めることができるからです。

 

 

例えば、

  • Amazon
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • 楽天
  • ヤフーショッピング

など、今は個人でもカンタンに出品できちゃう時代です。

 

なのでせどりはメチャクチャ簡単に始めることができるのですね。

 

 

ホームページを0から作って自社サイトをオープンしたり、オンラインショップを作って広告打って、など難しい事は一切不要です。

 

そして、何より面倒くさいです笑

 

 

それに比べてせどりは、すぐに始められるのでかなりお手軽なのです。

 

 

 

ただ、もっと稼ぎやすくなるアイテムがありますので、せどりで大きく稼ぐために揃えておきたいアイテムについて紹介します。

 

物販ビジネスを始める前に準備しておく3つのもの

物販ビジネスを始める前に準備しておくものは以下の3つです。

 

  1. Amazonセラーセントラルへの登録
  2. クレジットカードを作成する
  3. スマホでバーコードリーダーアプリをダウンロードする

特にクレジットカードは重要です!

 

 

その内容も含めて、詳しく解説していきます。

 

1.Amazonセラーセントラルへの登録

せどりの商品出品先としてAmazon出品者に登録する必要があります。

販売先

 

 

せどりをする上でAmazonで出品することはほぼ必須だと思って下さい。

 

なぜなら人が集まる場所で出品したほうが売れやすいからです。

Amazonで転売している人が圧倒的に多いのはそういった理由からです。

 

まぁ、当たり前ですよね。

 

 

ですので、まずはAmazonに出品するために出品者登録をしましょう。

 

 

登録する際に2つの選択肢があります。

 

  • 小口出品(登録無料)
  • 大口出品(月額4900円、初月無料)

せどりで稼ぐ場合は、大口出品を選びましょう。

 

 

なぜなら、小口出品では新品が売れないからです。

 

Amazonは1つの商品に対して複数の出品者が出品する仕組み『カートボックス』を採用することにより、価格競争を発生させ購入者に安い価格で商品を届けています。

 

Amazonカートボックス解説

↑画像クリックで拡大します。

 

 

上の画像にあるように、たくさん出品者がいる中、購入されるのは『カートボックス』を取得している1人の出品者からです。Amazonで新品の商品買う人のほとんどは「カートに入れる」ボタンから購入されるので『カートボックス』を取得出来ないと新品の商品は売れません。

 

小口出品の場合『カートボックス』を取得出来る権利がありません

そのため、小口出品は新品が全く売れません

 

 

また、大口出品をすることでお客さんが商品購入してくれた時、代引き、コンビニ決済など支払い方法の選択肢が増えるため商品が売れやすくなります。

 

 

しっかり稼いでいくのであれば大口出品一択です。

 

 

2.クレジットカードを作成する

せどりにおいて、かなり重宝するのがクレジットカードです。

 

何故なら、クレジット枠の限界が仕入れ額の限界になりますので、単純に枠50万円よりも枠200万円のほうが仕入れがドンドンできて、それだけ稼げるのです。

 

 

また請求が2ヶ月後なので、それまでに商品を売って余裕で資金は回収できます。

 

 

仕入れの支払いは基本クレジットで行います。

ですから、できるだけたくさん、最低100万円ぐらい利用枠を広げておきましょう。

 

 

ただし、クレジットカードを短期間に大量に作ると、ブラックリストに載ってしまう可能性があるので月1~2枚を目安に作成していきましょう。

物販ビジネス「せどり」の仕入れ方

次に、せどりの仕入れ方をご紹介します。

 

 

仕入れ方は主に2つあります。

 

  1. 実店舗せどりの仕入れ方
  2. 電脳せどりの仕入れ方

この2つをマスターして僕はせどりで独立できました。

 

 

具体的な違いや方法について、解説していきますので参考にしてみてください。

 

実店舗せどりの仕入れ方

実店舗せどりの仕入れ方法や流れは次の2ステップです。

 

  1. 店舗に向かう
  2. 仕入れる

非常にシンプルですね(笑)

 

1.店舗に向かう

家電量販店やリサイクルショップ、スーパーなどまずは実店舗に向かいます。

 

実店舗せどりにおいて大切な事はたった1つ。

とにかく色々なお店を回り、色々な商品を調べることです。

 

 

主な仕入れ場所は以下のとおりです。

 

  • ドンキホーテ
  • イオン・アリオ(その他ショッピングセンター)
  • リサイクルショップ(ハードオフ・良品買館)
  • トイザらス
  • TSUTAYA
  • タワーレコード
  • 390マート
  • 商店街(おもちゃ屋さん、雑貨屋さん)
  • まんだらけ
  • PCショップ
  • フリーマーケット
  • プラザ
  • アカチャンホンポ
  • HMV
  • イトーヨーカドー
  • 西松屋
  • 古本市場
  • アニメイト
  • ハンズ
  • ロフト
  • 西友
  • ディズニーストア
  • ヴィレッジバンガード
  • ブックオフ
  • ホームセンター(コーナン、カインズホームなど)

 

上記はあくまで一例ですので、他にも利益が出そうな商品があるお店を見つけるなどすれば、仕入先はいくらでもあります。

 

 

 

2.仕入る

仕入れは利益が出るものを調べておく必要があります。

 

どれが売れる商品か?どれが利益が出るのか?については、

 

 

  • その商品が過去にどれくらい売れたか?
  • いくらで売れているか?
  • その商品を販売している人はどれぐらいか?

などを調べるのです。

全てAmazonで調べることができるので、そこまで難しくはありません、

 

売れる商品が見つかったら、実際に商品を仕入れます。

 

 

実店舗せどりの仕入れは主に家電量販店リサイクルショップスーパーなどで仕入れます。

 

利益が狙える商品を見つけたら、ひたすら購入します。

josin仕入れ

 

 

 

イオンでの仕入れ

 

ダイエーでの仕入れ

 

 

ライフJoshin一体型店舗での仕入れ

 

 

このようなコンビニの穴場にもお宝は隠されてたりします。

コンビニでDVDが在庫処分でたたき売りされている証拠写真

 

せどりで稼ぐコツは「安く仕入れて、高く売る」です。

 

ですので、実店舗せどりの場合はバーゲンやセール、ドン・キホーテなど商品が安かったり、値下げしているタイミングを図って仕入れることが多いです。

 

電脳せどりの仕入れ方

電脳せどりはオンライン上で仕入れてオンラインで出品するせどり手法です。

 

ですから、電脳せどりは日々忙しくて実店舗へ出かける時間がないサラリーマンでも取り組めるのでオススメです。

 

 

具体的には、ヤフオクで商品をネット上で仕入れて、Amazonでネット上で売ったり、メルカリで仕入れて、Amazonで販売したりすることで差額を稼ぐ手法です。

 

電脳せどりに関しては、初心者でも迷わない電脳せどりのノウハウを完全網羅した記事がありますので、ぜひ下記の記事を読んでみて下さい。

【2017年最新版】電脳せどりの仕入れノウハウや仕入先を見つけるコツを完全攻略

 

物販ビジネスのまとめ

ほんとうに自分でも物販で稼げるのか?と不安に思うかもしれませんが、ちゃんと稼げます。

 

僕はよく「自分で稼いでいきたいんです!」とか「物販で稼げるようになりたいです!」という人の相談を受けるのですが、「特殊なスキルや才能がいるんじゃないか?」とか難しく考えすぎです。

 

 

物販なんて少しコツをつかむだけで、普通に脱サラできますし、メチャクチャ稼いでいる人が特殊な才能やスキルを持っているかというとそうではありません。

 

 

 

  • 正しいノウハウを学んでいるか?
  • サポート体勢が充実している
  • しっかり実践しているか?

これら3つを意識して、正しい知識にお金と時間を投資をして、正しいやり方を実践しているだけなのです。

 

これだけ意識すれば普通に稼げるのです。

 

 

その程度のことしか教えてくれないの?と思うかもしれませんが、この3つを守るだけで間違いなく稼げるようになります。

 

 

 

稼げる人は、常に正しいノウハウを正しいやり方でシンプルに実践しているのです。

 

稼げない人は、常に我流でやってしまったり、間違ったノウハウに時間を費やしていることが大多数です。

 

 

 

10万円を超える人達なんてそれこそゾロゾロいます。

 

 

物販がどれだけシンプルでも、間違った方法で仕入れ続けるかぎり稼げるようにはなりません。

 

おまけに「転売はラクだから稼げる!」と謳って具体的な手法を教えてくれないところが多いですし、高額塾に関しては十分なサポートをしてくれないところばかりです。

 

 

そんなところへ、いくらお金と時間をつぎ込んでも、あなたの大切な時間とお金がなくなっていくだけです。

 

 

まずは物販で稼ぐためにも、正しいノウハウを学んで、サポート体勢が充実していて、しっかり実践できる教材や情報に触れることが非常に大切です。

 

まずは物販の初歩を学びたい方は下記のリンクから情報を取得していただけたらと思います。

 

※正しい物販のノウハウを学びたい方は『元ライブドア社長のホリエモンも推奨する「アービトラージ」をまとめたマニュアル』にガッツリまとめていますので、合わせて読んでみてください。

 

 

脱サラや自力で稼ぎたいのであれば、一日でも早く行動したほうがいいです。

あなたが成功できることを祈っています。

 

 

ではでは!

 

タッチ

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - アービトラージ実践記