自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

自営業完全ガイド

   

自営業完全ガイドイメージ画像

目次

自営業の基礎知識!定義や会社員との違いについて解説

これから自営業を始めようと思っている方に、個人事業主と自営業者の違いについて、会社員との違いについて丁寧に説明していきたいと思います。

これらのことを勉強することで、自営業とは、一体どのようなものなのか明確化でき、自営業をするにあたって、どのような意識を持てば良いのか分かるようになります。

 

 

 

自営業の定義とは?

自営業の方は、会社員ではないので、職業記入欄で記入を求められた場合、自営業と記載されます。

 

自営業の定義として、インターネットの辞書では、自己の力で経営すること。また、自立して生計を営むこと。と記載されています。自営業を簡単に説明すれば、法人登録がされていない個人事業主を表します。

 

法人登録をしていれば、従業員を雇っていなくても、自営業者ではなくてオーナーとなります。逆を説明すれば、従業員を雇っていたとしても、法人登録をしていないのであれば、個人事業主の自営業となります。

 

 

 

自由業の定義とは?

自営業について調べていると、自由業について目にすると思いますが、自由業とは一体何なのでしょうか?

 

自由業とは、インターネットで検索すると一定の雇用関係によらず、時間に束縛されないで、独立して営む職業。と記載されています。

 

具体的な職業をあげれば、芸術家と言えば分かるでしょうか。自由業は、フリーランスと同じ職業を表しているとされていて、企業や団体に入らずに、自分の技術を活用して業務を進めて生計を立てています。

 

自由業と自営業の明確な違いですが、明確な分け目はなく、自由に使用することができます。

 

 

 

自営業と自由業とフリーランスの確定申告

自営業や自由業やフリーランスとして働いていれば、確定申告が必要になります。このような様々な呼び方の違いがあったとしても、税務署で確定申告をする際は、無関係なのです。

 

個人で確定申告をする場合は、法人登録をしているかどうかが問われます。法人登録することで、手間が変わってきますが、控除額も変わってくるので、収入額によるのですが法人にする利点はあります。

 

 

 

自営業と個人事業主は違うのか?

今まで説明した流れを理解すれば、もう分かっているかもしれませんが、自営業と個人事業主に違いはありません。個人事業主とは、法人とは違って、法人を設立せずに自ら事業を行う個人のことを意味します。このような人たちのことを、自営業者とも呼ぶのです。

 

 

 

自営業と個人事業主は、会社員や法人と何が違うのか?

この項目では、自営業や個人事業主が会社員とどのように違うのかについてや、法人との違いについても、比較しながら説明していきます。

 

 

 

休日について

自営業や個人事業主は、自分の好きな仕事を行うことができ、会社のような上司や部下といった人間関係は、ありません。個人で活動する分、自分の能力や成果が反映されやすく、就業時間に決まりがありませんので、自由に休息できます。

 

会社員の方で、週休2日と決まっていれば、土曜日・日曜日が休日としている企業が多いのではないでしょうか。例え、休日に出勤しなければならなくなったとしても、代休申請をすることができたり、

休日出勤した際の手当が出たり、個人事業主や自営業者では得ることができない利点があります。

 

個人事業主や自営業者は、自分で休日にする日を決めることができますが、仕事を自分1人でやっている場合、運営人は自分1人しかいませんので、任せる人がいなければ、代休をとりづらいと言えます。そして、会社員のように、休日手当などもありません。

 

 

 

事務について

個人事業主や自営業者は、法人と違って、事業運営の手間がかかりません。そして、会計処理も簡単で、所得が赤字であったとしても、税金を必要としません。

 

法人の場合、赤字であったとしても、法人住民税を支払わなければなりません。

 

 

給料について

個人事業主や自営業者の方は、収入に関して会社員と違います。

 

会社員の方は、収入をたくさん得るというよりも安定した収入を得ることができます。例え、風邪で会社を休んでしまったとしても、毎月、決まった日に給料が支払われます。

 

一方、個人事業主や自営業者は、頑張れば頑張った分だけ、収入を得ることができます。収入が安定していない分、仕事があるときは良いのですが、仕事がなくなったときに、収入が減ってしまうということもあります。

 

 

 

最後に

自営業者について、様々なものと比較してどのように思いましたか。

自営業である分、仕事のやり方など自由ではありますが、会社員と違って保証がありませんので、自営業をする際は、現状をよく考えてから行動しなければなりません。

 

会社員の場合、会社を辞めて退職したとしても、雇用保険によって失業期間中に失業手当を受け取ることができます。自営業の方は、退職という選択肢はありませんので、その点について、どうすれば良いか事前に明確化しておきましょう。

 

 

 

自営業の平均収入について初心者にも分かりやすく解説

これから自営業をしようかと考えている方は、平均年収というのが気になるところでしょう。

すでに、自営業をされている方は、どれぐらいの数字が平均年収なのか気になっているのではないでしょうか。

そのような方に向けて、自営業の平均年収について調べてみました。

 

 

 

自営業の平均年収とは?

この情報は、2015年5月14日に記述された記事から引用したもので、自営業の平均年収について記載された情報がありましたので、ご紹介させていただきます。

 

結果から説明すると、自営業の平均年収は390万円でした。

 

詳しい都道府県別で説明すれば、東京が510万円で、神奈川県が410万円、滋賀県が370万円、愛知県が440万円となっています。

 

 

 

会社員よりも収入は多くなるの?

この自営業の平均年収から考えて、サラリーマンと比較した場合、多くなっているのでしょうか?

 

平成26年度のサラリーマンの平均年収は、415万円でした。サラリーマンと自営業を比べた場合、サラリーマンの方が平均年収が多い結果となりました。

 

 

 

そもそも、平均年収というのは比較すべきものなのか

結果から見れば、自営業の方が平均年収は低くなりますが、楽しく生きられている方はたくさんいます。

 

サラリーマンの方でも、自営業の方よりも収入が多いにもかかわらず、忙しすぎる生活を送っている方がいます。それは、自営業にも言えることで、体の健康を考えながら仕事をできている人もいれば、仕事に追われて時間の管理ができていない方もいます。

 

そもそもですが、平均年収というのは、比較すべきものなのでしょうか?

必要となる収入というのは、その土地によっても変わってきます。田舎でゆったりと生活しているから、そんなに収入は必要ないという方にとっては、なぜ、自分の時間をなくすほど仕事をしなければならないのか分からないという方もいるでしょう。

 

 

 

自営業として収入を増やすには?

自営業として収入を増やしたければ、どうすれば良いでしょうか。

一般的な自営業だと、物を売るイメージがありますが、現在、インターネットが進んだ結果、情報が売れる時代になりました。つまり、物を売らなくても価値のある情報を提供できれば、収入を得られる時代になったのです。

 

物を販売する仕事というのは、商品管理をしなければなりません。物を仕入れるような仕事をしていると、在庫整理をするために倉庫を用意しなければなりません。仕入れた物が売れなければ、利益が出ません。在庫整理するための倉庫の維持管理費だけでも、1年間で計算すれば、それなりの金額になると思います。

 

ですが、情報というのは、物ではありませんから、自分が許すのであれば、どれだけでも複製して販売できます。例え、その情報が売れなかったとしても、あくまでも情報ですので、特に問題はありません。

 

 

 

インターネットを活用する利点とは?

インターネットを活用して仕事をすると、どのような利点があるのでしょうか。

 

Webサイトからいつでも申し込みができる

 

インターネットを活用すれば、24時間年中無休で営業することができます。

Webサイトというのは、直接、人が立って営業しているわけではないので、いつでも注文を受け付けることができます。お客様自体も午前中仕事をしていたりして、夜でないと対応できないこともあるでしょう。

インターネットを活用すれば、曜日や時間関係なく商品を申し込むことができます。

 

 

 

決済が簡単に行える

インターネットを活用することで、簡単に決済をすることができます。

インターネットで銀行振り込みやクレジットカード決済のページを用意しておくことで、商品の申し込みをしたい人は、いつでもそこから決済することができます。直接、お金を手渡しすることがない分、入力間違いさえしなければ、安全なやりとりが行えます。

 

 

 

情報を拡散してもらいやすい

インターネットを活用して仕事をすることで、情報を拡散してもらいやすくなります。

お客様の役に立ち価値のある情報であれば、お客様はSNSなどを活用して、「あの商品はすごく良いよ。」と、紹介してくれます。そのような口コミを通じて、多くの方に興味を持ってもらうことができます。

 

 

 

労働収入を、仕組化していく

インターネットを活用して、自営業をする場合、ある程度、仕組み化する必要があります。

 

たくさん仕事を行えば、収益というのは発生しますが、体も疲れてしまいます。せっかくインターネットを活用しているのですから、自分の作業というのは、仕組化できないかということを考えるのです。

 

例えばですが、一定の料金を支払って誰かに自分の仕事を任せることができないかと考えます。

 

月に1000円の収益があがってきているとしたら、誰かに500円で仕事をしてもらうことで、毎月500円の利益を得ることができます。自分は500円の利益を得ることができて、作業をしなくて済むのですから、非常に楽と言えます。

これがインターネットにおける仕組みというものです。

 

 

 

自営業の仕事の種類とは?

自営業という言葉1つでも、昔と今では認識の変化が起きています。あなたは自営業という言葉を聞いて、どのようなことをイメージしますか?

 

まちで電化製品を売っている人でしょうか。それともインターネットを活用して、何か商品を販売している人でしょうか。

両方ともに自営業の方はいますが、その変化について、色々と見ていきたいと思います。

 

 

 

昔からよくある自営業とは?

昔からよくある自営業の種類と言われれば、まちで電化製品を売っているというイメージはないでしょうか?そのように言われれば、うなずく方はおられると思います。

 

電化製品を安く仕入れて、お客様に売るという形式は、自営業の基本的な仕事の方法です。昔からよくある自営業は、あまりインターネットが活用されていませんでした。ですので、営業をするにしても、現在のように、パソコンのメールは利用されていなかったでしょう。

 

 

 

インターネットが広まるようになってから

インターネットが広まるようになってから、自営業の仕事の仕方は変化してきました。

インターネットを使用し、ホームページを持てるようになり、それを会社の看板として利用し始めたのです。

 

インターネットを活用すれば、そこから集客することもできると知った自営業の人たちは、ホームページを導入した方が良いのではないかと思う方もいたでしょう。ホームページを使って、お客様に商品やサービスを提供している企業では、直接、お店に来店してくれるお客様もいますが、一方で、インターネットで購入するお客様も存在するようになりました。

 

 

 

インターネットを活用した自営業

インターネットを活用すれば、遠方にいるお客様と連絡し合えることを知った自営業の方は、ホームページを使って集客を行い、メールを活用し連絡を行い、商品を販売し始めました。

 

一般的なメールでイメージするものと言われれば、個人と個人がメールを送信し合うことを想像します。現在では、メールマガジンというものが、使用されるようになり、たくさんの人にメールを送ることができるようになりました。

 

メールマガジンは、メルマガとも呼ばれています。メールマガジンは、メールの基本設定を行い、メールの文章を執筆し、送信ボタンを押すだけで、多数の方にメールの一斉送信を行うことができます。この仕組みを、自営業の方たちは、仕事に利用し始めたのです。

 

 

 

最近の自営業とは?

あなたは、最近の自営業と言われて、どのようなものをイメージしますか?

最近の自営業は、インターネットを活用したものが多いです。

 

昔は、物を販売してきましたが、現在では、情報を販売するようになりました。

情報ですので、在庫を管理する必要がありません。例えばですが、パソコンの設定について、

皆さんが分かりづらいと思う部分を、あなたが簡単にまとめて分かりやすく説明することができれば、

その情報は販売することができます。

あなたの情報を見て、非常に簡単にパソコンの設定を進めることができたと喜ばれるでしょう。

 

 

 

営業の仕方の変化

インターネットが活用されるようになって、営業の仕方も変化してきました。例えばですが、

メールマガジンを使った営業の仕方です。メールマガジンは、お客様のメールアドレス1つあれば、

いつでも連絡を行うことができます。

 

今までは、お客様の家に訪問して、営業をしていたと思いますが、メールマガジンを利用すれば、メールを使用して営業を行うことができます。

お客様もメールに商品の説明が書いてあれば、自分の時間に合わせて、商品の説明を読むことができます。その際にお客様が納得するのであれば、商品を購入していただけます。

 

メールマガジンを利用することで、文章を活用して、丁寧に商品やサービスの説明が行えるので、情報を伝えやすくなります。

 

 

 

広告代理店形式の自営業

最近は、広告代理店のような自営業の方が増えています。このような形式で行っている自営業の方は、

インターネットを活用し、広告を使用しながら、自営業を行っています。このような自営業の方たちは、インターネットを活用して集客を行い、商品やサービスを販売することで、報酬を得ています。

 

例えばですが、1000円の商品を販売した場合は、500円の報酬が得られるという仕組みです。

 

 

 

スマートフォンの広がり

スマートフォンが広がるようになって、若い世代の人達が多く利用するようになりました。

スマートフォンは、日本だけでなく、外国の方にも利用され、インターネットを活用すれば、どんな人とでも情報共有できる道具となっています。

 

スマートフォンを使用し、TwitterなどのSNSを利用すれば、気軽に情報を発信できるようになりました。それに応じて、自営業の活動の場は、昔と今では、大きく変化したのです。

 

 

 

最後に

自営業の流れについて、簡単に説明しましたが、インターネットが広がったことによって、生活が便利なった一方で、大切にしなければならないことがあります。

 

それは、人とのコミュニケーションです。人と面と向かって話したりすることは、パソコンやスマートフォンでは感じることができない大きな学びがあります。そのことに関しては、今も昔も変わることがありません。

 

 

 

自営業を始める方へ 向き・不向きを解説

今回は、自営業を始めるにあたって、どのような方が向いており、どのような方が向いていないのか解説を行っていきたいと思います。今回、説明することを様々な角度から見つめることで、視野が広がり、良い経験となるでしょう。

 

 

 

自営業として生きるための資質とは

自営業として生きるための資質とは、なんでしょうか。答えは1つです。

 

それは、精神力です。

人生において、何をやっても一定の結果を出せる人と出せない人がいます。精神力の高くない人間は、一定の結果を出すことができません。楽して稼げるかのような情報に飛びついては、結果を出せずに終わっています。そのような情報に飛びついた人に、楽して稼げるわけがないという精神力があれば、そのような情報には、飛びつかなかったでしょう。

 

 

 

精神力が高い人の心構え

どのようにすれば、高い精神力を得ることができるのでしょうか。

 

高い精神力を得るためには、厳しい環境から常に前向きに情報を受けとる心を持ち続けなければなりません。人間は、改善しなければならないことがたくさんあるでしょう。その改善しなければならないことを、直視して改善していける人間こそが、精神力が高く、人の欠点に対しても寛容心があり、そして他人への思いやりも強く、本当の意味で優れた人間だと言えるでしょう。

 

 

 

自営業向きな人の特徴

これから、自営業に向いている人の特徴について、説明していきます。

今、自分にそれがなかったとしても、意識して努力していくことが大切です。努力することで、自分の一部にすることができます。

 

 

 

自分で考えて行動できる人

自営業というのは、上司がいるわけではありませんから、自分で考えて行動できなければならないのです。様々な状況において、しっかりと状況を見極めて自分で判断をしていかなければなりません。ですから、どんな状況になったとしても、最後まで自分で考えて行動できる人が自営業に向いているのです。

 

 

 

明確な目的がある人

自営業に向いている人は、明確な目的がある人の方が向いています。何となく今の仕事よりも自営業の方が良さそうだから自営業にしようと考えているのであれば、考え方を改善しなければなりません。

 

例えば、自分が自営業になることで、毎月1000人以上の学業を受けられない人たちを助けることができ、その人たちの役に立つことができる。といったような明確な目標があれば、あなたは自営業に向いていると思います。この明確な目的がどのような状況になったとしても、あなたを常に前向きに行動させてくれるでしょう。

 

 

 

謙虚さを持って生きられる人

自営業に向いている人の特徴として、謙虚さがあることがあげられます。自営業として長くやっていきたいのであれば、最後まで謙虚さをもって生きることが大切です。

 

どれだけ大きな会社を経営したとしても、人間として偉いわけではありません。どれだけお金を稼いだとしても、人間として偉いわけではありません。傲慢な人には、誰も人が寄り付きません。傲慢な人には、誰も仕事を与えません。

 

謙虚な人というのは、みんなから愛されています。貧しい環境の中で、貧しい人たちのために、自分を犠牲にして努力する人たちの方が、よほど偉いと思いませんか?本当の意味で凄い人たちは、自分たちのことを偉いとは言いません。だからこそ、心から敬意がわいてきます。

 

少しでも傲慢な気持ちがわいてきたら、すぐに消しさるように努力し続けることが大切です。謙虚な人は、自分が大変な状況になったとき、多くの人に助けてもらえるでしょう。何かをする際、見返りを期待してはなりませんが、自分のこと忘れて人のために生きていける人間ほど、どのような状況でも素晴らしい生き方ができると言えます。

 

 

 

自営業に向いてない人の特徴

自営業に向いていない人の特徴について説明をしていきます。

 

 

 

時間を守れない人

当然のことかもしれませんが、時間を守れない人は、自営業に向いていません。

1時間あれば、命を救うことができるフリーランスがいます。その人と会うことになったとき、時間管理ができていなくて、遅れてしまうことになったとします。その遅刻して待たせた1時間があれば、誰かの命が救われたわけです。

 

時間の価値というのは、人によって様々です。自分自身にとっても時間は貴重かもしれませんが、それ以上に時間が貴重だと思っている人は、たくさんいます。どれだけ自分の人生において、社会貢献ができるか考えている人にとっては、非常に時間が大切なのです。時間だけは守りましょう。

 

 

 

自分の行動に対して責任が持てない人

何かの行動をしたときに、人のせいにしてしまう人というのは、自営業に向いていません。

自営業に向いている人というのは、自分の行動に対して、しっかりと責任を持つことができる人です。どのような状況になっても、自分の行動を素直に受け止め、そこから知恵を吸収していきましょう。

 

 

 

最後に

今回の記事を読んでみて、どのように思いましたか。精神力というのは、本当に大切です。生きるうえで、本当に求められているのは精神力なのです。高い精神力があれば、常に前向きに笑って生きられるでしょう。最後まで、価値ある生き方ができたと思えるように努力し続けましょう。

 

 

 

自営業を始める時の準備とは、どんなこと?

これから自営業を始める方に、どのように進めていくことで、上手く進められるのかについて説明を行っていきます。

あなたが現在、会社員として勤めているのであれば、これを読むことによって、どのような流れで自営業ができるのか、理解できるのではないかと思います。

 

 

 

会社員退職の手続きを行う

会社を辞める際は、周りの方に辞める意志を伝えると同時に、事務手続きも行わなければなりません。どのようなことをしなければならないのかについて、簡単に説明しますので、大きな流れを理解してください。

 

 

 

上司に意思を伝える

自営業を始めるにあたって、会社に勤めている場合は、上司に辞める意志を伝えなければなりません。退職願を社長宛に記述し、形式的なもので構いませんので用意します。これに関しては、会社が用意してくれる場合もありますので、会社規定のものがあるのであれば、それに記述するようにしましょう。

 

 

 

仕事の引き継ぎ

今まで行ってきた仕事を、周りの方に引き継がなければなりません。自分が使用してきた情報や資料など、やらなければならないことは、きっちりと行っておきましょう。これをやっておくことで、周りの方もあなたの仕事を引き継ぐことができます。

 

 

 

会社の事務手続きを行う

退社する際は、保険の変更や給与清算に関することなど、色々やらなければならない事務手続きが存在します。その際に、現在会社から渡されたもので、返却しなければならないものもありますし、受けとらなければならないものもあります。会社としっかりと相談して、事務手続きを行いましょう。

 

 

 

税金や保険を変更する手続きを行う

今まで会社員だった方は、自営業をするのであれば、税金や保険を変更する手続きを行わなければなりません。あなたが会社員であるならば、税金や保険の手続きなどは、会社が行ってくれていたのですが、自営業になると、自分で行わなければなりません。退職する際に、会社から受けとる書類について説明していきます。

 

 

 

源泉徴収票

源泉徴収票には、退職の日まで働いてきた給与の総支給額や徴収税額などが記載されてあります。自営業を始める際、確定申告で必要となります。

 

 

 

厚生年金保健証

厚生年金保険証は、社会保険を変更する手続きを行う際に必要なのです。今まで会社勤めをしていて、加入することができていた厚生年金保険は、退職と同時に資格を失ってしまいますので、国民年金に入らなければなりません。

 

 

 

健康保険

退職すると同時に、政府管掌と健康保険組合の資格がなくなってしまいます。国民健康保険へ加入することが義務となりますので、退職する際に会社から交付される資格喪失証明書と印鑑を持って役所に届けを提出しましょう。

 

 

 

家族の同意は、必要

自営業を始める際に、行っておかなければならないこととして、家族から同意を得るということです。

もしあなたが結婚し、妻や子供がいるのであれば、相談するべきでしょう。

 

自営業を始めるのであれば、家族も様々なことを手伝ってくれるかもしれません。その家族の同意を得ずに始めてしまうと、色々と大変でしょう。現在どのような状況で、何年後にはどのようなことになっているのか、明確に説明したうえで、家族から同意を得るようにしましょう。

 

自営業を始める相談については、自分から一方的に話すのではなくて、家族の意見をしっかりと聞きましょう。自分のことを伝えようとすることばかり考えていると、相手の声というのは、聞けないものです。そのためにも自分はどのようなことをやろうと考えていて、どのように進めていくのかは明確化しておいてください。

 

 

 

開業届の提出を行う

自営業を始めるにあたって、やらなければならないことは、開業届を提出するということです。もしあなたが、個人事業で、仕事を始めようと考えているのであれば、3つのものを用意するだけです。

 

 

 

個人事業の開業届出書

個人事業の開業届出書とは、個人で事業を始める際、事業を開業しましたよという提出のことです。開業した場合は、その日から1ヶ月以内に納税地の所轄の税務署に書類を提出しなければなりません。

 

納税地とは何かについてですが、一般的には、自宅のある住所のことを意味します。事務所や店舗の所在地が、他の場所にある場合は、その場所を所在地にすることも可能です。

 

 

 

個人事業開始申告書

個人事業開始申告書は、あなたの事務所が存在する都道府県の税務事務所に提出を行います。開業した場合は、すみやかに行うことになっています。

 

 

 

所得税のたな卸資産の評価方法や減価償却資産の償却方法の届出書

これは、たな卸資産の評価や減価償却資産の償却方法をどのように行うのか前もって納税地の所轄の税務署に提出しなければなりません。期限ですが、翌年の確定申告の時までとなっております。

 

 

 

最後に

自営業を始める時の準備について、どのように思いましたか。今回の内容で、開業する際の流れが理解できたのではないかと思います。自営業をする際は、これらのことについても学びながら、仕事を行っていきましょう。

 

 

 

自営業の仕事の選び方とは

これから自営業を始めようと思っている方に、自営業の選び方について、解説を行っていきたいと思います。今回の内容は、自営業をしたいと考えているけれど、どんなものを選択して良いか分からないという方に向けて執筆を行っていきますので参考にしていただければと思います。

 

 

 

自営業者の先輩たちはどうやって仕事を決めたのか?

自営業者の先輩たちは、どのようにして、現在の仕事を決めたのでしょうか。そもそもですが、自営業者になる理由というのは、様々あります。自営業者になりたくて、自営業者になった人もいるでしょうし、状況的に自営業者にならなければならなかった人もいるでしょう。現在の自営業者たちは、なぜ今の自営業をしているのでしょうか。

 

その自営業者たちの声を聞くためにインターネットを活用してみましょう。インターネットを利用すれば、自営業者になった理由などを、見ることができます。どのような経緯で、自営業者になったかについては、自己紹介を見れば、その人が自営業者になった経緯などを見ることができます。

 

 

 

自営業の仕事の決め方具体例

これから自営業を始めるのであれば、どのような選び方をすれば良いのかについてですが、具体的な例としてインターネットを活用した自営業はどうでしょうか。インターネットを、自営業の手段として活用すると、パソコン1台あればどこでも仕事をすることができます。

 

パソコンを活用して、情報を販売するのであれば、在庫を抱える必要はありません。情報ですので、複製することができますし、色々と便利なのです。

 

この情報を、仕事で活用するとなると、まずは、ある情報について詳しくならなければなりません。ある分野について、たくさん調べて、情報を簡単にまとめることができるようになれば、自営業を始めることができます。なぜならば、あなたが簡単にまとめて、説明できる能力を必要としている人がいるからです。仕事を依頼する方は、ある情報についてまとめてくれる人を探していて、その情報をまとめられるのがあなたですので、そこに価値が発生します。すると、それは仕事として成立しますので、自営業を始めることができるというわけです。

 

 

 

仕事選びの基準とは

自営業を選択する際に、選び方の基準というのは、あるのでしょうか。その基準について、考えてみたいと思います。

 

 

 

自分が、どのような自営業をしたいか

自営業を選択する際に、自分がどのような自営業をやりたいかということを考えることが大切です。こんな自営業をしてみたいと思うものがあれば、それに合わせた自営業を選択すれば良いのです。

 

 

 

生活に合わせた自営業

自営業を選択する際に、自分の生活に合わせた自営業を選択するという方法があります。例えばですが、自宅で仕事がしたいと思っているのであれば、自宅で行うことができる自営業を選択する必要があります。他にも、仕事ができる時間が決まっているのであれば、その時間内でできる仕事を選択する必要があります。このように、自分の生活から自営業を考えていくことで、自分に合う自営業を見つけることができます。

 

 

 

自分の経験を活用した自営業

もしあなたが、あることに詳しいのであれば、その経験を活用した自営業をしてみてはどうでしょうか。例えばですが、ライターとして文章を書くのが好きなのであれば、フリーライターとして活動してみても良いでしょう。自分の能力に合う自営業ですので、仕事を行っていて楽しいですし、選択の仕方として良いと思います。

 

 

 

初期費用の必要ない自営業

自営業には、初期費用の必要なものと、必要のないものがあります。インターネットを活用した自営業であれば、初期費用はほとんどかかりません。サーバー代金やドメイン代金を考えると、数万円かかるかもしれませんが、それほど必要というわけではありません。ホームページなどを持たないのであれば、ドメイン代金もサーバー代金も必要ありませんので、インターネットの契約料金と電気代だけで自営業をすることができます。初期費用の必要ない自営業をしたいのであれば、その状況に合った自営業を選ぶことで、自分の状況に合うものを選択することができるでしょう。

 

 

 

時間を選ばない自営業

自営業を選択するのであれば、時間を意識することなく、仕事ができる自営業選びも大切です。インターネットを活用すれば、早朝であったとしても、仕事を行うことができます。どのような時間にでも仕事ができる自営業を選択することで、仕事の時間などを自分で決めることができるので、色々と便利です。

 

 

 

最後に

自営業の仕事内容の選び方として、色々と説明させていただきましたが、自分の状況に合った自営業を選択することが大切です。どのような自営業を選択して良いか分からないというのであれば、まずはインターネットで調べてみて、どのような自営業があるのか、自分なりに考えてみましょう。自分で調べることで、自分に合う自営業を選択することができますよ。

 

 

 

脱サラするタイミングは、いつから

あなたは、現在、自分の技術を活用して、自営業をしたいと思っているでしょう。これから脱サラするタイミングについて説明していきたいと思います。

 

 

 

脱サラすべきタイミングとは?

脱サラすべきタイミングですが、まずはしっかりとした計画を立てましょう。何ヶ月後、何年後にどのようになっていたいのか、しっかりと考える必要があります。その計画がしっかりと立っているのであれば、問題ないと思います。

 

明確なタイミングというものが決まっているわけではありませんので、自分が状況的に大丈夫だと思うのであれば、脱サラしても良いのではないでしょうか。そのためにもしっかりと準備する必要がありますし、会社を辞めるにあたって周辺の整理をしっかりとしておきましょう。

 

 

 

脱サラをすることで得られる体験

現在あなたが、会社に通勤しているのであれば、脱サラすれば通勤しなくてすみます。会社までの通勤時間が1時間かかっていたのであれば、脱サラすることで、その時間を有効に使用することができます。その1時間を使って、仕事をしても良いですし、新しく始めることに関する勉強をしても良いでしょう。

 

 

 

時間の使い方を自分で決められる

脱サラすると、時間の使い方を自分で決めることができます。会社で働いていると、会社の指示通りに動くことが基本となりますが、会社を辞めると、時間の使い方を自分で決めることができます。

 

会社であれば、ある程度、時間内に、何かをやらなければいけませんが、会社に所属していないと、自分の思うように行動することができます。自分が納得するまで仕事をすることができますし、技術を上げたいと考えているのであれば、自分の判断で努力することができます。

 

 

 

人付き合いを自分で決められる

脱サラすると、上司がいなくなりますので、人付き合いも自分で決定することができます。今までであれば、会社の中で上司がいて、その上司の指示に従って行動してきたと思いますが、脱サラすると上司はいませんので、誰と付き合うのかを自分で決定することができます。

 

何か手伝ってほしいことがあった場合、自由に人付き合いを決めることができるというのは、非常に助かるのではないかと思います。人付き合いが自由だからこそ、何か助けを求められたときに助けることができますし、行動しやすいでしょう。

 

 

 

自分の技術を使用して社会に還元する

自分の技術を今よりも社会に還元したいと考えているのであれば、会社を辞めることで、自分が還元したい場所に、思う存分還元することができます。会社という枠を超えるからこそ、自分の技術の限り還元することができますし、そのために行動することもできます。

 

会社を辞めることで、自分で行動できるようになりますので、社会へ思う存分、自分の技術を還元したいと考えているのであれば、非常に良い機会となるでしょう。

 

 

 

自分の行いたいことを実現できる

会社を辞めるという行動は、自分自身に何かやりたいことがある方にとって、そのやりたいことを実現できる1歩となるでしょう。ですから、もしあなたに、何かやりたいことがあるのであれば、計画を立てたうえで行動したら良いのではないでしょうか。自分のやりたいことをやることで、自分が望む人生を歩むことができます。

 

 

 

脱サラを躊躇してしまうときは?

どれだけ考えたとしても、脱サラするというのは、躊躇してしまうものです。今まで会社に所属していたのですから、その気持ちは分かりますが、会社を辞めなければ、独立の1歩を歩み出すことはできません。

 

だからこそ、計画をしっかりと立てるのです。計画をしっかりと立てていくことで、会社を辞めたとしても、計画していた通りに行動していけば良いのです。自分で考えて自分で行動するという経験は、自分の人生にとって非常に良い経験となりますし、自分で考えて行動することの大切さを知るでしょう。

 

 

 

自営業者の先輩たちはどのタイミングでやめたのか?(具体例)

自営業者の先輩たちですが、会社を辞めたタイミングは、ある程度、自分が独立しようと考えている仕事で生活できると思ったときに、仕事を辞めています。何事も計画を立てなければなりませんので、自分が独立しようと考えている仕事で、生活できると思ったときに独立しているようです。

 

タイミングは様々ですので、この時期に行っているというのはありませんが、皆さん自分が独立したいと思ったときや独立できると思ったときに独立しているようですね。

 

 

 

最後に

脱サラするタイミングですが、皆さんタイミングは様々です。これといって決まりはありませんので、自分が独立したいと考えている仕事を通して頑張っていきたいと考えているのであれば、しっかりと計画を立てて行動してみてはどうでしょうか。

 

計画を立てるという行動も自分で考えるきっかけとなりますし、独立することで、自分で考える習慣を習得することができます。自分で考えることは大切ですので、まずは色々と自分で考えてみましょう。

 

 

 

自営業を始めることのリスクと対策

これから自営業を始めることのリスクと対策について説明をしていきたいと思います。この内容を見ることで、自営業を行った際に、どのように行動していけば良いのかについて理解できるようになります。行動する選択肢を知るためにも今のうちに勉強しておきましょう。

 

 

借金しない業種を選ぶ

自営業を行う場合、借金をしないということが非常に大切です。例えばですが、仕事を立ち上げる際に膨大な資金が要る仕事というのは、使用した資金が回収できないとなると色々と大変なことになってしまいます。ですから、仕事を立ち上げる際に資金が要らない仕事を選択しておくと、色々と便利なのです。

 

 

 

情報を販売する情報ビジネス

もしあなたが、あることに詳しいのであれば、その情報を販売してみてはどうでしょうか。例えばですが、あなたは、ある資格試験を非常に勉強していたとします。自分なりに資格試験の合格の仕方が分かっていて、教えることができるレベルに達しているのであれば、その情報をまとめて、合格マニュアルのようなものを作成してみてはどうでしょうか。

 

このような情報を販売する利点として、資金がない状態でも実行することができます。情報ですので、在庫を抱える必要はありませんし、複製することも可能です。何よりも自分の得意分野を仕事とすることができるので、仕事を行っていて楽しいのではないでしょうか。

 

 

 

稼げない場合、バイトなどと並行できる

もし、情報ビジネスを始めた際に、稼げなかった場合は、バイトに行きながら行えば良いのです。仕事をする時間というものが決まっているわけではありませんので、情報ビジネスを行う時間とバイト行う時間を並行して行えば、問題なく生活することができます。情報ビジネスで勤務時間などが決まっているのであれば、バイトをすることはできませんが、基本的に情報を販売する仕事ですので、勤務時間は決まっていないでしょう。何時から仕事を始めて、何時に仕事を終えるのかについては、自分で決定することができると思います。

 

自分で考えて仕事をすることで、今まで経験できないことを経験できる

自分で仕事となることを考えて、情報をまとめて販売するという経験は、行動に移さなければ、経験として得ることはできません。例えば、あなたが合格マニュアルなどを作成し、その教材を使用したお客様が、合格の報告などをしてくれたときは、非常に嬉しいものがあるでしょう。あなたが行動に移したからこそ、お客様を合格させることができたのですから、あなたの経験として非常に良い経験が得られるのではないでしょうか。

 

 

 

誠実なビジネスを行う

どのような仕事にも言えることですが、お客様から信頼を得るために誠実なビジネスを行うことが大切です。誠実なビジネスを行うことで、お客様はしっかりと評価してくれますし、もしかしたら、あなたの仕事内容を誰かに紹介してくれるかもしれません。あの教材を使用したのだけれど、内容もしっかりしていて良かったよと、お客様が誰かに教えて、情報を広げてくれるのであれば、非常に良い循環が発生するでしょう。

 

そのような循環が発生するのは、あなたが誠実なビジネスをしているからです。誠実なビジネスをしなければ、そのような循環は発生しませんので、誠実に仕事を行うことを心がけましょう。

 

 

 

メールの返信は丁寧に行う

これから誠実な仕事をするために、心がけた方が良いことについて説明していきます。まず第1に、メールの返信は丁寧に行ってください。メールの返信を丁寧に行うことで、印象は非常に良くなります。例えばですが、お客様がこの教材はどのような教材でしょうか。という質問をしていただいたとします。そのような質問に対して、あなたは教材について丁寧に説明するのです。丁寧に説明することでお客様は、自分の質問に対して、こんなにも丁寧に答えてくれるということは信用できる人であると感じるのです。

 

メールの返信などを丁寧に行うことで、人間力のある人だと思われますので、丁寧な言葉遣いで、相手のことを思いやった文章を執筆しましょう。

 

 

 

○○様、お世話になっております。という言葉は、大切にする

インターネットを通して、お客様とメールの交換をしますので、お客様は文面を見て、あなたという人間を見ています。その際、○○様という言葉を、しっかりと入れなければなりません。お仕事としてメールをしているのですから、お客様にメールを出しているという心がけは、しっかりと持っておきましょう。だからこそ、最初にしっかりとした挨拶をすることが大切なのです。

 

○○様

 

お世話になっております。

○○と申します。

このように文章を入れるだけで、印象というのは変わってきますので、日頃から心がけることが大切です。

 

最後に

自営業を始めることで、自分で仕事を考えて自分で行動できるので、今まで経験したことがない経験をすることができるでしょう。どのような仕事でも信用は大切ですので、お客様のためを思って、丁寧な対応をするようにしてください。そうすれば、信頼を得ることができますよ。

 

 

 

自営業で失敗する典型パターンとは

自営業で失敗する方というのは、どのような行動や心構えをもっているのでしょうか。今回は、自営業で失敗してしまう方の行動や心構えについて説明を行っていきたいと思います。

 

 

 

見栄にお金をつかってしまう

自営業をやられている方で、見栄にお金を使ってしまう方は失敗してしまう可能性があります。なぜならば、見栄にお金を使うのは無駄だからです。意味のないことにお金を使うわけですから、失敗する可能性が高くなって当然でしょう。見栄にお金を使うことが、無駄であることさえ気づかないのですから、自営業で自分の仕事を運営することは難しいかもしれません。

 

見栄に、お金を使うのを辞めることで、次の行動に出る際に、上手く運用することができます。もし、見栄にお金を使っているのであれば、今すぐにやめて、お金の使い方を考えてください。

 

 

 

時間がなくて、上手くいかない

なぜ時間がないと、上手くいかないのでしょうか。時間がなくて、上手くいかない理由は様々ありますが、長時間労働の割にあまり収益が出ないということでしょうか。原因が分かっているのでしたら、仕事内容を見直すことが大切です。上手くいっていないことが理解できているのに、次の行動にでないというのであれば、上手くいくはずがありません。上手くいっていないと感じるのであれば、自分でその原因を探り、改善するように努力していきましょう。

 

 

 

時間の管理ができていない

自営業をやられている方で、時間の管理ができていない方は、上手く仕事をすることが難しいです。会社員ではありませんので、自分で時間の管理をしなければなりません。あなたが何時から何時まで仕事しようが、あなたの判断で決めることができますし、あなたが行う仕事内容について、あなたが決めることができます。だからこそ、時間の管理というものは、しっかりと行わなければならないのです。

 

もし、きっちりと時間の管理をしたいのであれば、時計を見ながら行動することをお勧めします。例えば、やらなければならない仕事があった際、1時間で終えるという予定を立てたのであれば、何時から何時までに終わらせると、決定するのです。このように決定しておくことで、時間内に仕事を終えるように努力するので、時間の管理ができるようになっていきます。時間の管理ができるようになる結果、仕事の効率が向上します。ぜひ時間管理をしっかりと行いたいという方は、時間を意識して行動してみてはどうでしょうか。時間を意識することで、規則正しい生活を送ることができますよ。

 

 

 

ひとつの事業の成功にあぐらをかく

もしあなたが行っている仕事で、上手くいっていることがあるのであれば、新しい市場を開拓することが大切です。なぜならば、様々な市場を開拓しておくことで、色々なところから収益を得ることができるからです。もし1つの仕事がダメになったとしても、様々なところから収益を得ておくことで、あとあと助かるのです。

 

 

 

投資を行いすぎる

例えばですが、広告料金など資金の投資をしすぎることで、失敗してしまうということがあります。このときなぜ、広告料金に資金を投資しすぎてしまうのかというと、お金の管理ができていないからでしょう。お金の管理ができていれば、投資しすぎるということはありません。支払える料金を超えてまで、広告料金として使用してしまうということは、良くないのです。広告料金を支払うのであれば、どれだけの費用を払うことができるのか、考えておくことが大切です。

 

 

 

自分の責任は自分にあるということ

自分の責任というのは、他人にあるわけではありません。自分にあるのです。自分の責任は自分にあるということを、しっかりと認識していないと、上手く仕事を進めることはできません。ある行動を行う際、その行動を行うかどうかは、最終的には自分の判断であり、その行動を行った際は、自分に責任があるのです。自営業を行っているのであれば、自分の行動にはしっかりと責任をもって行動しましょう。

 

 

 

何ごともプラスに考えなければならない

自営業を行っているのでしたら、何ごとも勉強であり、プラスに考えられなければなりません。どのような出来事も考え方次第でプラスに考えることはできます。その体験からどのようなことを得ることで、経験としてプラスにすることができるのかということを常に考えることが大切なのです。自営業においては、プラス思考は本当に大切です。常に、ここからどのようなことを得ることで、プラスになるかということを考えて行動していきましょう。

 

 

 

最後に

今回、様々なことを説明させていただきましたが、このようなことを意識しておけば、仕事を上手く進めることができるということです。常に自分の行動を客観的に判断しながら行動していくことで、正しい判断ができるようになっています。この行動というのは、正しい行動なのかということを常に問いながら様々な行動を行っていきましょう。

 

 

 

自営業で成功する典型パターンとは?

自営業を上手くやっている方というのは、どのようなことを行っているでしょうか。最近では、インターネットを利用して、様々なビジネスを行っている方がいます。インターネットを利用している方の行動を参考にして、仕事の流れを理解していきたいと思います。

 

 

 

粗利の高いビジネスで成果を出す

粗利の高いビジネスで成果を出すとは、情報を販売するということです。情報というのは、いくらでもコピーすることができるので、販売に必要な数だけ販売することができます。販売できるものは情報だけではありません。技術も販売することができます。例えばですが、あなたにホームページを作成する技術があるとします。

 

ホームページを作成する技術を利用して、ホームページを作成できない方のサイト作成を代行してあげるのです。その行動によって、ホームページを作成できない方は喜びますし、あなたも人の役に立つことができます。必要なのは、あなたの持っている技術ですので、その場で提供すれば良いのです。

 

 

 

仕組み化できないか考える(組織化、Webの有効活用)

あなたがビジネスをしているのであれば、常に1人で作業を行うよりも仕組み化できないか考えてみる必要があります。作業を仕組み化できることで、どのような利点があるのでしょうか。作業というのは、最初から最後まですべて自分でやる必要はありません。もし誰かが、代行することができるのであれば、代行すれば良いのです。簡単な作業を誰かに代行してもらい、自分の技術が必要なところだけ作業を行っていくのです。これによって、効率良く作業を進めることができます。

 

 

 

説明をインターネット上に記述してしまう

例えばですが、あなたのサービスについて説明する際、対面して最初からすべて説明する必要はあるのでしょうか。インターネットを利用し、ホームページ上に利用方法について丁寧に説明しておけば、あなたが同じことを何度も説明する必要はないでしょう。インターネット上に利用方法について丁寧に説明しておくことで、お客様も読みたいと思ったときに読むことができます。インターネットに書かれてある文面を、自分に合わせて読むことができるので、お客様も考えながら読むことができますし、丁寧に説明しやすいのではないでしょうか。

 

 

 

入力作業を仕組み化してしまう

あなたは、同じようなことを、何度もパソコンを利用して入力していないでしょうか。その入力作業というものは、あなたが同じように入力しなければならないのでしょうか。そのような入力作業を効率化していく場合、パソコンを利用すればできないかと考えるのです。もしかしたら、何かしらの操作をするだけで自動で入力できるようになるかもしれません。何かしらの操作をして自動で入力できるようになれば、どれだけの時間を有効利用できるでしょうか。空いた時間は、自分の商品を購入していただいたお客様の対応をすることができますし、お客様に提供する説明書をわかりやすく記述していく作業もできるでしょう。作業を効率化するだけで、他の様々な仕事を行うことができるので、今、行っている作業が効率化できないか考えてみてください。

 

 

 

自分にできない作業を誰かに行ってもらう

インターネットを利用すれば、自分にできない作業を依頼することができます。例えば、全体を通して、1ヶ所だけ、どうしても誰かの技術が必要という場所があったとします。自分でゼロから勉強して、解決することもできますが、作業を効率化していくためには、自分にできない作業は、誰かに依頼した方がはやいのではないでしょうか。できない作業を、できる人に依頼することで、自分はその間、次の作業を行うことができますし、時間を有効利用できるでしょう。

 

 

 

メルマガを利用して、お客様に情報を伝える

お客様に、自分のサービスについて伝えたいことがあるのであれば、インターネットのメルマガを利用することで、情報を伝えることができます。メルマガとは、メールマガジンのことで、自分が文章を記載して、送信すれば、あなたが持っているメールアドレスへ、一斉送信することができるのです。広告などを利用すると、紙の資源が無駄になってしまいますし、費用も高くなってしまいます。ですが、インターネットのメルマガであれば、紙を利用しませんので、費用を安く抑えられることができます。

 

 

 

成功者にひっぱりあげてもらう

もし自営業を上手くやりたいのでしたら、自分で考えるよりも人からアドバイスをもらいながら、作業を行っていくことで、上手く進めることができます。経験者からのアドバイスでしたら、あなたも参考になることがあるのではないでしょうか。

 

 

 

最後に

インターネットでビジネスをしたいと考えているのでしたら、どうすれば人の役に立てるのかを考えるべきです。そこから考えていけば、しっかりとした価値を提供することができますので、あなたの行っていることが、どのような点で、お客様の役に立つことができるのかを考えていきましょう。

 

 

 

自営業の税金は、どれぐらい?

今まで会社員をやってきたかたにとって、自営業になり税金としてどれだけ払わなければならないのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。様々な計算サイトなどもありますが、それを見てもよく分からないという方もいるでしょう。あなたが知りたいことは、ある程度の収益を上げると、そこからどれだけ税金として支払わなければならないのかということでしょう。今回は、その点についてわかりやすく説明していきたいと思います。

 

 

 

どれぐらい払わないといけないのか?

会社勤めをしていると、会社が様々な手続きを行ってくれているので、税金についてそれほど考えなかった方もいるのではないでしょうか。自営業になると、自分で手続きを行わなければならないので、この辺のことについてしっかりと理解しておかなければなりません。基本的にですが、あなたが自営業を行っていて、400万円ほどの収入がある場合、そこから30%程度を税金として支払うこととなります。ですので、400万円の収益があるのであれば、100万円ほど支払わなければなりません。

 

自営業を行う際ですが、会社員とは違うので、税金を支払ったあとに、手元にどれだけの金額が残るのかということを理解しておかなければなりません。会社に勤めているときは、健康保険や厚生年金や住民税や所得税や雇用保険など会社が支払ってくれていましたが、個人になるとその支払いを自分で行わなければなりません。会社勤めをしていると、そのような支払いを会社が行ってくれるので、あまり意識することがないかもしれません。自営業を行っていくのであれば、それらにどれだけ支払わなければならないのかということを理解することが大切です。

 

 

 

節税にはどんなものがあるのか

これから節税として、経費にできることをご紹介したいと思います。これを見ておくことで、経費にできることを知ることができますので、参考にしていただければと思います。

 

 

 

ドメイン代金やレンタルサーバー代金

ホームページを運営している方は、ドメイン料金を支払っていたり、レンタルサーバー代金を支払っていると思いますが、これらは経費にすることが可能なのです。レンタルサーバー代金ですが、これには原則があり、利用した月の必要経費となっています。レンタルサーバーの支払いに関して知りたい方は、自分の支払いを確認して、どのように税金と関係しているのかを調べてみましょう。

 

 

 

インターネットを利用している方で、PPC広告を利用している方

インターネットでPPC広告を利用している方は、利用料金を経費にすることができます。例えばですが、誰かのメルマガに利用料金を支払って、掲載してもらう場合も、必要経費にすることが可能なので覚えておきましょう。

 

 

 

ホームページにおけるSEO費用が経費となる

ホームページを運営している方で、SEOに費用を支払っている方もいるでしょう。実は、SEOに支払う利用料金は、経費にすることができるのです。もし何かしらのことで、依頼したりしているのであれば、支払った料金を管理していきましょう。

 

 

 

税金対策は専門家に任せるべき

もしこれから自営業を行いたいと考えているのであれば、専門家に任せてみてはどうでしょうか。専門家に任せることで、どのような利点があるのでしょうか。

 

 

仕事に集中することができる

税金関係を専門家に任せることで、自分は仕事に集中することができます。自分で行う場合は、税金について色々勉強して、自分で作業を行っていかなければなりませんが、専門家に依頼すれば、専門家がその作業を行ってくれます。ゼロから自分で勉強することも大切かもしれませんが、その勉強をしている時間があるのであれば、自分の仕事を行うことができるでしょう。次の仕事について考えることも大切ですし、現在の仕事をどのように進めていくかを考えることも大切でしょう。仕事を依頼することで、自分の仕事の時間に有効利用することができます。

 

 

仕事のアドバイスを行ってくれる

税金関係に詳しい方は、仕事についてもアドバイスを行ってくれます。これは、あなたが依頼した会社によるかもしれませんが、税金関係の仕事をしている方は、様々な企業を見ているので、仕事の運営についても、理解している方がいるのです。もしそのような方に依頼したのであれば、仕事についてアドバイスをしてほしいと言えば、アドバイスをしてくれるでしょう。

 

 

 

最後に

税金関係については、自分で行うこともできますが、専門家に依頼することで、楽に進めることができるでしょう。自分自身が分からない状態で行うよりも、分かっている方にやってもらった方が、あなた自身にとっても良いのではないでしょうか。依頼をする際は、インターネットでもなんでも良いので、信用できる方かどうか、確認しなければなりません。インターネットで、会社名などを検索してみると、色々なことがわかるでしょうから、調べてみて信頼できそうであれば、依頼してみましょう。

 

 

 

自営業の資産運用について考える

これから自営業者の資産運用について考えていきます。これから自営業になるかもしれないと考えている方は、年金はどうなるのかと思っているのではないでしょうか。少し先のことを考えながら、資産運用についてどうすれば良いのか、アドバイスをしていきたいと思います。

 

 

 

自営業者の年金はどうなる?

あなたが、自営業を行うことになった際、どの場所の年金に入らなければならないか、ご存知でしょうか。自営業者の年金制度ですが、もしあなたが自営業なのであれば、国民年金に入らなければなりません。国民年金に入ることになった場合、保険料を自分で所定日までに納めなければなりません。会社員であれば、自動で給料から天引きされていましたが、自営業は自分で納めなければならないのです。もし自営業をやるのであれば、年金制度についても、しっかりと勉強しておく必要があります。

 

 

 

そもそも、資産運用とは何なのか

資産運用という言葉を聞いたりしますが、実際その意味を詳しく知っているでしょうか。もし詳しく知らないというのであれば、まずは資産運用の基本的な意味について理解していきましょう。資産運用とは、自分の所有する資産を投資したり、貯めたりして、資産を増やしていくことを意味します。投資とは、将来利益を得る目的で、証券や不動産や事業に、資金を渡すことです。投資という言葉を聞くと、自分はやっていないと思うかもしれませんが、もしあなたが、郵便局にお金を預けているのであれば、それは投資先になります。郵便局に預けるのと同様に銀行に預けることも、投資先になりますので、この点については明確に理解しておきましょう。

 

 

 

資産運用の原則を守らなければならない

資産運用をするのであれば、原則というのを守らなければなりません。例えばですが、分散投資という言葉をご存知でしょうか。分散投資について分りやすく説明すると、1000個のコップを一気に運んでしまった場合、落としてしまった際は、すべて割れてしまうことになります。ですが、1個ずつ運ぶことで、1000回運ばなければなりませんが、すべて割れるということは、ないでしょう。これが、分散投資の考え方です。つまり、分散して資産運用をしておけば、1つがダメになったとしても、他が大丈夫であれば、基本的には問題がありません。ですから、様々な場所に少しずつ資産運用をしておくことで、安全な資産運用をすることができるのです。

 

 

 

自分の状況に合う資産運用を考える

自分の状況に合う資産運用をするためには、どれだけの支払いを行うことができるのか、しっかりと理解しておかなければなりません。例えばですが、インターネット広告で1万円までしか支払うことができないのに、2万円の広告を利用してはいけないでしょう。もし、2万円の広告料金が発生しているというのであれば、それは自分の資産をしっかりと運用できていないことを意味します。自分の資産を考えれば、広告費用を1万円で止めるべきです。つまり、自分の状況に合う資産運用をすることができなければ、あとあと自分が困ってしまうということです。

 

周りの方で資産運用をしている方などを見つけて、自分も同じことができるのではないかと思うかもしれませんが、そもそも経験値が違うということを理解しておかなければいけません。あなたが見つけた資産運用の上手な人は、10年そのことを行っているかもしれません。あなたは参入して、1年目なのであれば、経験値がそもそも違うのです。ですから、自分の経験値なども含めて、正しい資産運用を行っていきましょう。

 

 

 

資産運用として自分の知識に投資を行っていく

資産運用として、自分の知識に投資をするという方法があります。自営業者であれば、仕事をしている中で、様々なことを学ぶと思います。もしかしたら、将来に向けて、自分の知識に投資をしなければならないと感じている方もいるでしょう。自分の知識に投資をするというのは、1つの資産運用の方法です。ある分野に関して、たくさんの知識を頭の中に入れて、その知識を必要としてくれる人に価値を提供することができれば、1つの仕事につなげることができます。勉強は、年齢関係なく、一生しなければならないものです。自分の知識に投資をすることで、人の役に立つことができますので、資産運用方法として、良い方法ではないでしょうか。

 

 

 

最後に

年金というのは、自分の老後のことを考えれば、税金をしっかりと納めておく必要があります。そして、これから行っていくこととして、自分の資産をどのように有効利用すれば、将来に上手く利用することができるかを考える必要があります。もし資産があるのであれば、貧困の子供たちに、資産を譲ることも大切です。あなたも市場から利益を得ているのですから、貧しい人たちに還元すべきでしょう。長期的に良い仕事をしていきたいのであれば、弱い立場の人に対しても、優しい心を持ち、そして、正しい知識を持ち、仕事を行っていきましょう。

 

 

 

今後10年で消えゆく自営業とは

今後10年で、消えていく自営業とは、どのような自営業なのでしょうか。今回は、職業名ではなくて、このようなことをしていると、仕事がなくなってしまう可能性があるというのを説明していきますので、読んでいただければと思います。

 

 

 

デジタル技術が進むと、資源を無駄にしなくなる

インターネットなどのデジタル技術が進むことで、資源を最低限しか利用しなくなることが考えられます。資源を利用するために、多くの人材が、雇用されてきたかもしれませんが、デジタル技術が進むことで、資源を利用したビジネスを展開している人は、消えることが予想されます。将来は、どうすれば、地球にとってエコであるのか、世界中の人が幸せになれるのかということが、最優先される世の中となりますので、資源を不必要に使うビジネスを展開している人は、消えてしまって当然のことでしょう。

 

 

 

命を、命と考えていないビジネスは消える

現在の世の中では、命を命として、考えていないようなビジネスが存在します。インターネット技術が進み、様々な情報が共有されるようになりました。命を、命として、しっかりと考えることができないビジネスは、確実に消えるでしょう。インターネット技術が進むということは、生活自体もより良い方向で進んでいくことが考えられますので、どうすれば、多くの命を落とすことなく、生きていくことができるかという考え方が最優先されることは間違いないです。その際に、命を、命と考えていないビジネスが消えて当然のことでしょう。

 

 

 

勉強しなくても行うことができた自営業は、消える

世の中では、ある年齢になれば、どのような仕事でも行い、自営業を行ってきたという方はいると思います。このように、インターネット技術が進むと、学生時代に勉強していない方というのは、できる仕事がなくなっていくでしょう。インターネット技術が進むことで、様々なことが効率化されていきます。今まで、何かしらのものを作成する際に、多くの人材が必要であったとしても、コンピュータが代用するようになり、その人たちは仕事がなくなってしまうのです。ですから、しっかりとした勉強をしていないと、できる仕事というのが、なくなってきてしまうのです。

 

 

 

コンピュータが、計算をするようになる

何かしらの計算を利用して、ビジネスを行っているという方は、コンピュータが計算をするようになって、直接計算を人がしなくてもよくなっています。人に、仕事における計算を依頼することで、費用というものが、大きく必要になってしまいます。ですが、コンピュータに計算を依頼すれば、簡単に行ってくれるようになるので、今までよりも簡単に安く行うことができるのです。ですから、計算をして仕事をいただいてきたという方は、コンピュータに、仕事を代用されてしまいますので、どうすれば、自分に仕事が来るようになるのかというのを考えていかなければならないのです。

 

ここで大切に考える必要があるのが、今まで通り、計算が必要だということです。コンピュータが計算するようになったからといって、計算が必要なくなるわけではありません。計算という仕事を、コンピュータが行うようになるだけですので、そのような仕組みを作成するために、計算は必要になるのです。そのような状況であったとしても、自分の計算の技術を利用して、どうすればお客様を得ることができるかということを考えていけば、今後も仕事をすることができますし、計算というものを分かりやすく説明することができれば、仕事に展開することができるでしょう。計算をコンピュータが行うからといって、仕事がすべてなくなるわけではありませんので、どうすれば仕事を得ることができるのかということを考えていけば、まだまだ仕事に展開できる場所がありますので、どうすれば価値を提供することができるのかということを考えていきましょう。

 

 

 

インターネット技術が進むことで、紙の広告が消える

インターネット技術が進めば、紙の広告が利用されなくなります。なぜならば、Eメールやメルマガの技術があるので、紙を利用する必要がないからです。インターネットを通して、Eメールやメルマガを利用していれば、情報を送信された相手は、自分の空いている時間のときに、情報を見ることができますので、お客様にとっても楽ということになります。ですから、紙の広告で、無意味な広告を配布している企業は、消えてしまうことになります。

 

 

 

最後に

今回の記事を読んで、どのような自営業に、影響が出てしまうのか理解できたでしょうか。勉強していない方や、本来であればビジネスとして成立しないような仕事をしていた方は、消えていくことになります。ですから、月日が経過するにつれて、本当に価値のある仕事だけが残っていくでしょう。そのような時代になったときに、本当に自分の仕事というのは、お客様に求められているのかということを考えながら、将来のことを考えて行動していきましょう。

 

 

 

今後10年で長期的経営が行える自営業とは

今後10年で、長期的経営を行うことができる自営業について説明を行ってきたいと思います。今回の記事を読んで、自営業を始めようと考えている方は、参考にしていただければと思います。

 

 

 

文章を利用したサービスが仕事となる

インターネット技術が進み、個人がホームページを持つような時代になりました。そのホームページで集客を行い、集まったお客様にサービスを提供するのですが、ホームページで集客する際に、どのような文章を執筆して良いかわからないという方が、出てきます。つまり、もし、あなたが文章を執筆することができるのであれば、ホームページの文章を執筆してあげましょう。

 

そして、ホームページの文章を執筆している時間がないという方もいます。私生活では、他の仕事をしなければならないので、文章執筆を代行してほしいと考えているのです。そのような方を見つけたら、あなたが文章を執筆してあげましょう。何かしらの商品やサービスの説明をする際は、基本的に文章を利用することが多いですので、文章を執筆する技術を習得しておけば、長期的に自営業を行なうことができます。

 

 

 

お客様の求められるものを作成できるホームページ作成会社

先ほど、インターネットが進んで、個人がホームページを持つようになったと説明しましたが、つまり、ホームページを作成できる技術があるのであれば、自営業を行うことができるということです。この場合ですが、仕事としてやっていくのであれば、お客様の求めているものを上手く表現できるように、技術を習得していくべきでしょう。もしあなたが、お客様の求めているものを表現することができるのであれば、長期的に自営業を行うことができるでしょう。

 

 

 

集客代行サービス

もしあなたに、お客様を集客するための技術があるのであれば、自営業として長期的に行っていけるでしょう。ホームページを作成したとしても、なかなか集客できなくて、複数の方がどのようにホームページを運用すれば、お客様を集客することができるのかということを考えています。お客様を集客する技術があるのであれば、その技術を利用して、お客様のホームページに集客してあげましょう。そうすれば、あなたの技術は、お客様にとって役に立ちますし、お客様もホームページを通して集客することができるので、価値を感じていただけるのではないでしょうか。

 

 

 

インターネットにおける学習サービス

インターネットで分からないことを、分りやすく説明することができれば、サービスとして提供することができます。例えばですが、あるシステムの利用の仕方が分からないというのであれば、あなたが分かりやすく説明することで、それは、サービスとして提供できるものとなります。

 

あなたが、あるサービスの利用方法で分りづらいと思うところを、インターネットサービスなどを利用して、上手く説明することができれば、長期的に仕事を通して、人の役に立つことができるのではないでしょうか。ですから、あるサービスについての分からない部分について、学習していただける機会を提供することで、それはサービスとなるということです。

 

 

 

パソコンを利用して効率化できるツールを作成する

パソコンを利用すれば、効率化できるツールを作成することができます。もしあなたに、業務において、効率化できるツールを作成できる技術があるのであれば、その技術を一般のお客様に役立てることで、長期的に仕事を行えるのではないでしょうか。

 

インターネットの技術が進んで、様々な情報をパソコンを通して得られるようになった結果、仕事もパソコンで行うようになりました。その中で、実は効率化できるけれど、効率化する方法を知らなくて、時間をかけて仕事を行っているということがあるでしょう。例えば、3時間かけて行っていることでも、あるシステムを利用することで、5分で完了するかもしれません。このように、仕事を効率化できるツールというものを、作成できるのであれば、長期的に仕事を行っていけるのではないでしょうか。

 

 

 

インターネットを通して、価値のある情報を発信できる人

これから10年間で長期的に仕事をしていきたいのであれば、価値のある情報発信をすることができれば、長期的に仕事をすることが可能です。世の中には、様々な情報がありますが、分かりづらいと感じることもあるでしょう。例えばですが、あるシステムに関する情報が公開された際に、利用方法が分かりづらかったとします。その利用方法について、あなたが詳しく説明することができるのであれば、利用方法についてインターネット上で、説明を行っていくのです。そうすれば、アクセスが集まりますので、その集まったお客様に価値を提供することができれば、長期的に仕事を行うことができます。

 

 

 

最後に

もし、長く仕事をやっていきたいのであれば、どのような情報に価値があるのかというのを、判断できるようにならなければなりません。お客様が求められている情報を提供できるからこそ、価値を提供し仕事にすることができるのです。

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方