自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

退職代行サービスの不安を全て解決!評判やオススメ業者を紹介!

      2018/10/13

メガネずれた変顔の男
【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

退職ってクソめんどくさい。

 

  • 上司が引き止めてきてすぐに辞めれない
  • そもそも言い出しにくい
  • 有給消化の相談がダルい

僕も退職経験があるのですが、ほんっっとうに上司がめんどくさくてイライラしました。

 

そんな退職時の面倒事は退職代行サービスを使えば3万円で全て解決します。

 

この記事では退職代行を利用したときの具体的な流れ、不安に感じる疑問、おすすめの退職代行業者を紹介します。

 

今すぐにでも退職代行に申込みたい人は3万円で24時間即日対応のSARABAへ気楽にLINE相談しましょう。

 

そもそも退職代行サービスって何?

 

退職代行の図

【退職代行サービスとは?】

あなたが退職時に行う面倒事を代わりにやってくれるサービスです。

 

退職代行を使わずに退職しようと思うと、

 

  1. 上司に相談
  2. 退職願を作成
  3. 退職届を作成
  4. 退職

という流れですが、上司に相談する段階がくせ者で、ほぼ100%引き止められます

 

  • 「給料上げるから!」
  • 「残業減らすから!」
  • 「やりたい仕事振るから!」

↑ほとんどの場合が引き止めるための嘘です。「上にかけあっていつか実現するからね」とか言って、その”いつか”はいつまでも来ません。

 

そんな面倒な上司の引き止めがたったの3万円で解決出来てしまうのが、退職代行の魅力です。

 

【退職代行利用時の流れ5ステップ】

退職代行の流れ

退職代行を使えば、退職時の面倒事はなくなります。

 

 

本来なら退職を申し出てから2週間~1ヶ月ほどで辞めれるのに、引き止めにあうと何ヶ月も先延ばしにされてしまうんです。

 

退職代行は法的な手続きをきっちり踏んで、合法でスムーズな退職を3万円で実現してくれます。

退職代行を利用する事例は2パターンある

退職代行を利用する人は大きくわけて2つの悩みを持っています。

 

①明日から会社に行きたくない

②引き継ぎ業務は行ってもいいが、上司に言い辛い

 

の2パターンです。

①明日から会社に行きたくない。今すぐ辞めたい

月曜日憂鬱

このパターンの場合、今すぐ退職代行に申込めば高確率で明日から出勤不要です。

 

「え?!本当に明日から行かなくて済むの?法的に大丈夫?」と思うかもしれませんね。

 

退職について民法では以下のように定められています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法 第六百二十七条

原則は「退職届」を出せば2週間で退職可能です。(※ほとんどの企業は入社時に1ヶ月契約を交わします)

 

つまり、法的には2週間~1ヶ月は退職を申し込んでも辞めれない。でも退職代行を使えば明日から辞めれる。

 

意味がわかりませんよね?

 

僕も意味がわかんなかったんで問い合わせてみると、以下の回答がありました。

 

退職代行で明日から会社にいかない

「法的拘束力はないけれど、本人に出社の意思がないため認めざる負えない」という状況です。

 

実際に退職代行業者は過去に何千人もの人を即日退職させていますし、ほとんどトラブルになっていないのが現実です。

 

「それでも本当に即日退職出来るか不安・・」という人は退職代行業者にLINEから気楽で相談出来るので、まずは相談してみてください。24時間即日対応してくれますよ。

【引き継ぎをしなかった場合の損害賠償】
ちなみに、引き継ぎ業務を行わなかった場合の損害賠償請求は会社側からすると訴訟コストを考えるとわりに合わないので、裁判沙汰にならないことがほとんどです。

よっぽど役職が高く、あなたにしか出来ないコアな業務でも行っていない限り、裁判沙汰になる確率はほぼゼロといっても過言ではありません。

詳しい話は退職代行の相談員に聞いてみてください。

 

 

②引き継ぎ業務は行ってもいいが、上司に言い辛い

退職を引き止めてくる上司

円満退職がしたいけど、上司の引き止めに合いたくないパターン。

 

僕の友人は超大手の旅行会社にいましたが、引き止めに次ぐ引き止めで、退職が丸1年遅れました

 

現在は東芝系のグループ会社に転職しましたが、「無駄な1年を過ごした。1年早く転職してれば、今の会社でもっとキャリアが積めたのに」と悔しがっていました。

 

今の会社に1日留まるのは、あなたの新しいキャリアを1日減らしているのと同じことですよ。

 

1日ぐらいならいいですが、数ヶ月、1年と引き伸ばされたらたまったもんじゃない。

 

長い目で見るとあなたの新しいキャリアが短くなり、収入減にもつながるってことです。

 

たった3万円ですんなり辞められるのであれば、めちゃくちゃ安い買い物だと思いませんか?

 

上司は引き止めるのが仕事なので、必ず引き止めてきます。

 

「円満退職したい」という気持ちにつけ込んで、引き伸ばしまくってくる最低な上司が世の中には存在します。

 

むだな時間を減らし、あなたの新しいキャリアを守るためにも退職代行を使わない手はありません。

退職代行SARABAの申込み方法

退職代行SARABAの公式ページに行き、「LINE@で問い合わせる」を選択。

 

 

SARABA手順①

 

メール・電話からでも申込み可能ですが、LINEから申込むのが一番早くてスムーズです。

 

②友達申請する

SARBA手順②

友達申請すると、↓のLINEが送られてきます。

SARABAからのLINE

※画像では口座情報等は隠しています。

 

③LINEで相談内容を送信or即日対応希望なら振込証明送信

 

今すぐにでも辞めたい人は入金し、入金証明をLINEに送ると即日対応してくれます。

 

ゆっくり考えたい人はLINEにて相談内容を送りましょう。

 

④ヒアリングシートに記入

相談するとヒアリングシートが送られてきます。ヒアリングシートを提出し、相談員と話を進めていきます。

 

⑤話がまとまったらあとはお任せで退職完了

話がまとまれば、あとは退職代行の人が手続きを行ってくれます。退職代行からの連絡を待ちましょう。

退職代行サービスは合法

考え込む男

退職代行サービスは弁護士の指導の元、合法的な手続きをとっています。

 

実際に何千、何万件もの退職代行の実績があり、テレビやネットニュースなどのメディアにも露出しています。

 

それでもまだ不安という人のために問題がないという根拠を解説します。

弁護士法違反(非弁行為)ではないため合法

弁護士の見解は下のとおりです。

自分からは退職したいと言いづらいので,代わって退職の意思を伝えてもらいたいというだけであれば,どの退職代行サービスを利用しても問題ないかもしれません。

(中略)

依頼者から報酬をもらって会社と金銭的な交渉を行うことができるのは,原則として弁護士のみであり(認定司法書士であれば,例外的に140万円以下の民事事件の示談交渉や訴訟代理行為を行うことができます。),それ以外の人が示談交渉を行うことは,非弁行為として禁止されています。

引用:弁護士 岡原 麻矢 退職代行サービスと非弁行為

簡単に言うと「退職意思は伝えるが、金銭的な交渉は不可」ということです。

 

退職代行業者もこの辺はわかっていて、顧問弁護士を雇ったり、行政書士に業務を行わせたりしています。

 

過去に何万人と退職代行で退職した人達がいるのが、何よりもの証拠ですね。

退職代行で気になる疑問Q&A

Q.退職後に書類上の問題や人間関係のトラブルは起きない?

A.トラブルが起こる確率はかなり低いです。

 

書面上の問題は退職代行がほとんどやってくれますが、個人の人間関係は気になる部分かもしれません。

 

僕の経験上、辞めてしまえば会社の人間なんて他人です。

 

務めているときは仲よかった人でも、辞めてしまえば一切連絡を取らない他人になります。会社のつながりなんてそんなもんです。

 

「同じ業界に転職するつもりだから怖い」という人でも、転職時に転職エージェントを使うなどして、今の会社と関わりのない企業の転職を目指せばいい話です。

 

全国1億3000万人全員と仲良く出来るなんてありないですよね?合わない人、合わない会社は絶対に存在します。合わない会社はさっさと辞めて、転職エージェントに相談しましょう。

 

Q.会社の所有物はどうする?

A.郵送で返却すればOKです。

 

Q.会社から損害賠償請求等されない?

A.コストに見合わないので高確率でされません。

よっぽど役職が高くてコアな仕事でもしていない限り、訴訟コストに見合わないので裁判沙汰にはなりません。

 

 

つまり、退職するに当たってトラブルが起きる可能性はホトンド無いといって問題ないでしょう。

 

Q.退職代行で失敗することはある?

100%退職

 

A.民法上あなたには退職出来る権利があるため、ほぼ100%退職出来ます。

 

会社側は断ると民法違反なので、断ることは出来ません。

 

退職失敗Q&A

 

退職代行が「ほぼ100%」と言っている理由は、会社からの提示によって退職を辞退したパターンがあるためです。

 

会社としては人材を残したいのは当然です。

 

しかし、会社事態の体質が変わったわけではなく、問題を先延ばしにしてるだけなのできっぱり退職してしまったほうが長い目で見て正しい判断かもしれませんね。

Q.3万円以上の追加費用はかからないのか?

A.どれだけ相談が長引いても、何度相談しても、退職完了するまで相談は無料です。

 

最初に3万円を支払ったら、それ以上にお金がかかる心配はありません。

 

Q.退職出来なかった場合は返金出来るのか?

A.全額返金保証付きです。

SARABA全額返金保証

 

Q.退職代行依頼後、自分宛てに怒りの連絡が来ないか不安

A.退職代行側から本人に連絡しないよう伝えます。

 

伝えますが、相手は人なので100%連絡してこないとは限りません。

 

そこに関しては強制力がないため、会社次第です。

Q.親にバレずに退職できますか?

A.退職代行から親に連絡しないよう伝えます。

 

こちらも同様に、強制力はありません。ほとんどの会社は連絡しないようにしてくれますが、会社次第ですね。

Q.退職の際、親になりすまして会社に連絡しますか?

A.なりすましません。

 

嘘をついた場合、あとからトラブルになって立場が悪くなるのはあなたと代行業者です。

 

誠実に対応してくれます。

Q.離職票などの退職後の書類はもらえますか?

A.貰えます。

 

離職票や雇用保険被保険者証など、必要な書類は退職代行側から送るように伝えてくれます。

 

伝えなくても後日送らくるパターンがほとんどです。

 

Q.分割支払いは可能ですか?

A.クレジットカードのサービスを使えば可能です。

 

クレジットカードで一括決済後、クレジットカード会社側で分割支払いに出来るサービスがあります。

 

後からでも変更可能で、ほとんどのクレジットカード会社がこのサービスを提供しています。

 

ご自身のクレカのサイトに行って、後から分割にする方法を設定してください。

退職代行を実際に使ってみた人の口コミや体験談

退職代行サービスはメジャーなサービスでは無いため、実際に使ってみた人の体験談が気になりますよね。そのため、実際に利用した人の口コミや体験談を集めてみました。

 

色んな職業の方の体験談を参考にしてみてください。

飲食店勤務 アルバイトYさん

店長からのパワハラがあり、サービス残業も多かったので、退職したい旨を伝えたら、いま辞められたら困ると引き止められた。

けど、今スグにでも退職したいと思い、退職代行サービスを利用しました。

 

親バレしたくなかったので、店長とのやりとりを全て退職代行が行ってくれたので助かった。

営業職  正社員Hさん

毎月ノルマに追われ、達成できなければみんなの前で怒鳴られる。

上司や同僚の顔を見るのも辛くなってしまい、会社に出社するときに動悸が激しくなるのを感じ始めた。

 

とても自分の口から退職したいことを伝えることができなかったため、退職代行を利用して退職しました。手続きがスムーズにできたことはもちろん、精神的な負担がないのが良かったです。

介護職  Rさん

私が勤めている会社は人数が少ないため、1人にかかる負担が大きかったんです。

辞めていく人もいて、何度も何度も人を増やしてくれって言ったのに、適当な返答ばっかりで負担ばかり増えていったんですね。

 

私もさすがに体が堪えてきて、退職を希望したら受け入れてくれなくて。ズルズル続けてしまったんです。でも他にもっと条件の良い会社を見つけちゃったので、代行を使って退職しました。

一発で辞めることができたし、負担の少ない会社に移ることができたので満足です。

番外編 公務員 Aさん

公務員が退職代行サービスを使うメリットは無いといえます。

 

なぜなら、公務員は退職する際に「辞令交付」を受ける必要があるので、出社する必要があります。その際に上司や同僚などと顔を会わせることになりますよね。退職代行サービスの大きなメリットは会社にいかずに退職できることですから、出社の必要があるならメリットはなくなります。

 

退職代行サービスで退職の意思を伝えることは出来るかもしれませんが、それだけではあまり意味が無いです。辞令交付まで代行してくれるなら、ぜひ利用してみたいですけどね。(笑)

 

公務員にとって退職代行サービスは使うメリットの無いといえます。

 

退職代行なら圧倒的にSARABAがオススメな理由

退職代行大手3社を比較すると、圧倒的にSARABAが強いんですよ。

退職代行業者比較表

 

退職代行の質は、正直言ってどこも大差ありません。やることは同じなので、こちら側からしたら安いほうがいいに決まってるじゃないですか。

 

なぜ値段にここまで差が出ているのかというと現状まだまだ業者が少なくて、いくらでもボッタクれる状態だから。

 

つまり、まだ退職代行の相場が定まってないってことです。

 

「EXIT」が退職代行の先駆けと言われていますが、相当利益率が高いはず。だってSARABAは3万円で同じサービスを提供しているのですから。

 

「安いってことは質低いんじゃ・・・?」と不安になる人でも、SARABAは全額返金保証が付いているので、とりあえずSARABAで試してみてダメだったら他にいくという選択が取れます

 

まぁ、SARABAは過去にたくさんの人を退職させている実績がありますし、ダメなんてことはまずないのですが・・・。笑

 

しかも、 SARABAはフリーダイヤルで24時間対応。つまり、無料でいつでも相談出来るってこと。

 

EXITは通話料金が発生するし、ニコイチは日中しか受付してません。ほんと、SARABA以外を選ぶ人って情弱でしかない・・・。笑

 

とりあえず退職代行はSARABAを選んでおけば、こちら側のリスクが一番少ないってことですね。

 

大嫌いな職場から今すぐ開放されたい人は3万円で24時間即日対応のSARABAへ気楽にLINE相談しましょう!

引き止めはマイナスでしかない。退職代行ですぐやめよう

怒ってる上司と怯えてる部下

退職に「引き止め」は必ずついてくるもの。

 

そして「引き止め」はあなたに「ストレス」と「新しいキャリア期間の剥奪」を与えます。

 

規約的には1ヶ月で辞めれるものを、引き止めをくらうせいで3ヶ月、1年とダラダラ引き伸ばされる。

 

あなたにとって引き止めはデメリットでしかありません。

 

たった3万円でストレスから開放され、新しいキャリアを積める期間が1日でも早くなるなら、安い買い物だと思いませんか?

 

もし迷っているのであれば、とりあえず相談からでも良いので一度退職代行に連絡してみてください。

 

きっと、いい方向に物事が動いていくはずです。

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方