自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

量質転化の法則とは?副業だと全く違う意味になる

   

副業における量質転化の法則

どうも、タッチです。

 

量質転化の法則についてお話します。

 

ビジネス書なんかを読んでいると、色々な成功哲学が書かれてますよね。

 

  • 質より量だ!量をこなせば質は後からついてくる!
  • 量より質だ!質を上げる努力をしろ!
  • 量をこなす方向を間違えて無駄な努力をするな!人の時間は有限だ!やるべきことをやれ!

 

「・・・どないやねん」っていいたくなりません?笑

 

「量より質」って本もあれば、「質より量」って本もある。そもそも「作業をこなす方向考えろ」って言われたら自分がやっている事に自信がなくなって手が止まっちゃうし・・・。

 

ネットビジネス界隈でよく言われている量質転化の法則。この法則は「量をこなせ」って話ですけど、副業における量質転化の法則についてお話しようと思います。

 

そもそも量質転化の法則とは?

量質転化の法則とは哲学用語でいう、弁証法のひとつです。

 

まぁ、簡単にいうと哲学で「量をこなせば質が上がっていくよ」って解説している法則なんですね。

 

これって、当たり前の話ですよね?

 

新入社員より30代の中堅社員のほうが仕事出来ますよね。本人の能力に関わらず、量をこなしてる人間のほうが仕事の質が高いのは当然です。

 

量質転化の法則は当たり前すぎて、わざわざ言及するまでもない法則なんですよね。

副業における量質転化の法則と僕の話

サラリーマンで量質転化の法則を考えたら当たり前になるのですが、副業だと少し話が変わってきます。

 

副業を始める人が上手くいかない理由って1つしかありません。

 

結果が出るまで行動してないだけです。

 

サラリーマンは雇われている以上、強制的に行動するしかないのですが、副業は違います。別に行動しなくても誰にも怒られないんですよね。

 

「あー、今日は漫画読みたいから仕事サボろーっと!あ、○○さん(上司)、今日は漫画読みたいんで仕事サボりますね!」なんて言ようものなら正座で説教ですよ。

 

 

このサボりが副業だとなぜか許されるんですよね

 

副業(仕事)ってやらなくても誰にも怒られません。やってもやらなくてもあなたの自由なので行動しない→結果が出ないという状況になってしまうんです。

 

人は楽な方へ楽な方へ自然と流れちゃう生き物ですからね。

 

副業で行動出来ない気持ち、すごくわかります。僕自身も副業で1年間全く稼げなかった時期があって、何度も何度も辞めたくなっていたので。

 

失敗し続けた僕が思う量質転化の法則は「無駄でもなんでもいいから行動するための考え方」だと思ってます。

 

 

 

僕はアービトラージに出会うまでの1年間色々なビジネスをやって全く稼げてませんでしたが、行動する習慣だけは身につきました。

 

「努力の方向性を考えろ」だとか「あなたに合った天職がきっとどこかにある」とかビジネス書では色々言われています。

 

でも実際、やってみないことには何もわからないですよ。

 

量をこなせば質が上がるのは当たり前。なのにわざわざ哲学で「量質転化の法則」と名付けてるのは「量をこなす意識で行動しろ」ってことが言いたいんだと僕は思ってます。

 

営業ビジネスとか、ネットワークビジネスとか怪しい感じのも色々やりましたけど、上手くいかないって事がわかったことがプラスでしたから。

 

やらなかったら今だに「ネズミ講でチューチューして億万長者になれるかも!」とか夢見てたかも知れません。笑

量質転化の法則まとめ

量質転化の法則は量をこなせば質があがるという法則です。

 

この法則を僕は副業において「量をこなす意識で行動しろ」という意味で捉えてます。

 

失敗したくない人はアービトラージから始めれば良いと思いますが、もしあなたが今なにかしら副業をしているならその副業をひたすらやってみてください。失敗してもいいじゃないですか。得るものはたくさんあります。

 

↑えらそうにこんなこと言っていますが、稼げなかった1年間は本当に地獄だったんで正直僕は2度と味わいたくないです。笑

 

行動する習慣を身につけて当たり前に行動していきましょう♪

 

タッチ

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - タッチの日常