自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

学歴コンプレックスは高卒に限らずみんな持ってる。学歴コンプの実態とは?

      2016/02/11


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

 

どうも、アービトラージャーのタッチです!

 

今回は学歴コンプレックスについて

書いていきたいと思います。

 

 

そもそも学歴コンプレックスとは

名称通り

自分の学歴の劣等感を感じることを言います。

 

 

 

 

その影響で自分より高学歴の人に嫉妬し嫌悪感を持ったり

自信を無くしたりしてしまうなど

正直あまり良くないことです。

 

⇒学歴コンプレックスを根こそぎ解消する7つの方法とは?

 

 

「学歴コンプレックス」というと

学歴が低ければ低いほど

コンプレックスを持っている人が多いイメージがあります。

 

 

確かに多そうではありますが実は

そうでもないんですよ。

 

 

中卒・高卒・大卒

どの学歴を持っている人でも

一様に学歴コンプレックスを持っています。

 

 

ということで

今回はその3つの状態(中卒・高卒・大卒)の

学歴コンプレックスの特徴を

詳しくみていきたいと思います。

中卒・高卒・大卒の学歴コンプレックス特徴の違い

 

学歴コンプレックスは高卒などの

いわゆる低学歴と呼ばれる人たちのものだけではありません。

 

高卒以外でも中学を卒業してすぐに働きに出た人や

いい大学を卒業した人まで、みな同じように

学歴コンプレックスを持っています。

 

 

基本的に誰かと自分を比べて

劣等感をおぼえるということは同じです。

 

が、

 

特徴に若干に違いがありますのでここで紹介していきます。

大卒の人の学歴コンプレックスの特徴

「大卒はなかなか学歴にコンプレックスを抱かないのでは?」

と思う人もいるかと思いますが

大卒でも想像以上に学歴コンプレックスを持っています。

 

1番多い大卒の学歴コンプレックスの例は、

有名大学に入りたく受験したが落ちてしまい、

滑り止めの少し偏差値が低い大学に通った人です。

 

そういう人はずっと落ちた大学に未練を持っていて

就職などした時に自分が落ちた大学の人がいると

その人より劣っていると感じたり、嫌悪感を覚えたりするようです。

高卒の人の学歴コンプレックスの特徴

高卒の人すべてが学歴コンプレックスを持つ訳ではありません。

 

基本的に大学に行くよりも自分のやりたいことや

進むべき道を選んだ人は成功している人も多いですし、

そこまで後悔はしえいないようです。

 

 

しかし、それとは対照的に何となくで高卒で仕事についた人は

同じ歳の人が大学を卒業して

会社に入ってきた頃から

待遇の差を感じコンプレックスを抱く傾向にあります。

中卒の人の学歴コンプレックスの特徴

中卒の人でも気にしない人は全く気にしていないようですが、

世間の風当たりは相当強いです。

 

「初対面の人に中卒というと態度が対応が変わった」や

「中卒ってだけで同じ仕事をしても評価がされない」など

厳しい声もあります。

 

 

また仕事は正社員で収入もあるのに

歳を重ねるに連れて学歴コンプレックスが

膨らんできて消えないのが特徴です。

 

30代40代になっても高卒認定試験を受ける理由はそこにあります。

 

理由としては

「ずっと中卒ってことが引っかかっていた」や

 

「子供に学歴にことを強く言えない」

 

「周りにが学歴のことを話す勇気がなく嘘をついてしまう」

 

などがあるようです。

どんな時に学歴コンプレックスを感じるのか

いかがでしたか?

 

それぞれ大卒・高卒・中卒の

学歴コンプレックスの特徴は理解できましたでしょうか。

 

 

最近日本では実力主義という会社も増えてはいますが

まだまだ学歴がものをいう会社が多いのも事実です。

 

 

世間の風潮もそうですよね!

 

 

もっと個人の学歴ではなく特徴や実力を見るような

社会になっていったら

学歴コンプレックスも消えるかもしれませんが

今のままでは消えることにない社会の問題です。

 

 

そんな学歴コンプレックスですが

実際どのような時にコンプレックスを感じるのでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

 

Q.学歴コンプレックスを感じる時はいつ?

 

1:就職活動の時(面接や選考など)

 

2:転職活動の時

 

3:結婚を決める時

 

4:過去を振り返った時

 

5:将来を考えた時

 

6:学歴の話になった時

 

7:子供に勉強を教える時

 

8:子供の進学を勧める時

 

9:役職についていて部下の方が学歴がいい時

 

10:同じ時期に入ったのに同期が出世した時

 

 

色々な理由がありますが

やはり1番は就職や転職の時なんですね!

 

⇒学歴フィルターは当たり前が前提。低学歴の就活戦略

 

 

また全体の特徴として、学歴コンプレックスは

一時期ではなく就職から結婚、子供が生まれても

ずっと抱え続けている問題ということが分かります。

 

一番手取り早く学歴コンプレックスを消すなら起業?

僕自身、一応大学は出ている者の、

自慢できるような学歴はありません。

 

でも、学歴コンプレックスはありません。

 

会社員をしていたときは

学歴によって比べられることもありましたが、

起業してしまうと、完全に実力勝負です。

 

 

学歴なんて本当に関係ありません。

 

 

もしもあなたが学歴コンプレックスに悩むなら

”戦う土俵を変えてみる”のも

一つの選択肢かもしれません。

 

 

成功している社長さんたちをみてると、

学歴は高卒とか中卒ってことも

珍しいことじゃないです。

 

 

むしろ、

大卒のほうが敷かれたレールにしばられて

会社員以外の選択肢を知らない人が

多い印象すらあります。

 

 

「起業」っていうと、新しいビジネスモデルとか

難しい経営の知識がいると思っている人もいますが、

 

実際のところは

いうほど頭なんて使いません。笑

 

 

淡々と作業ができるか?

 

その行動量の差だけ、なんですよね。

 

 

今の時代、一人で稼ぐ方法なんて山ほどありますが、

僕の作った「アービトラージマニュアル」も

なにかの参考になれば幸いです。

 

 

 

ではでは、学歴コンプレックスを消し去って

一緒に自由をつかみとりましょう!

 

 

アービトラージャー

タッチ

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方 ,