自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

Amazon規約改定でヤフオクメルカリ仕入れが禁止に?3つの大きな変更とは?

   

ヤフオクメルカリ仕入れ禁止
【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

どうも、タッチです。

 

2017/09/12、Amazonの規約が改定されました。

「新品」として出品禁止の商品

 

以下のいずれかに該当する商品は、新品としてAmazonに出品できません。

 

  • 個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
  • メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
  • Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

引用元:Amazon公式コンディションガイドライン

 

 

この記事ではAmazonの改定について、僕の解釈を書いています。

 

あくまでも僕の解釈なので、今後どうしていくかはご自身で判断してくださいね。

 

1. 個人から仕入れた商品の新品販売禁止

個人から仕入れた商品の新品販売が禁止になりました。

 

 

ヤフオクやメルカリでの電脳せどりが厳しくなったように思えますが、完全禁止になったわけではありません

 

あくまでも”個人からの仕入れ”であって、個人事業主や法人からの仕入れは問題なく販売可能です。

 

 

ヤフオクやメルカリで出品している人達が全て「個人」というわけではありません。

 

特にヤフオクは業者が多いので、一切仕入れが出来なくなるという話ではありません。

 

 

Amazonに直接「メルカリヤフオクで仕入れたらあかんの?」って聞いてみました。

 

Amazon問合せ結果画像

 

 

あくまでも「”個人仕入れの新品販売”がアウトであって、他はOKだよ」という回答でした。

 

 

仕入れ元  新品 中古
個人
個人事業主or法人

↑表にまとめるとこんな感じです。

 

個人の中古品はOKです。

 

ではAmazonはどうやって「個人」と判断するのでしょうか?

そもそも、Amazonはどうやって個人仕入れか判断するのか

僕の経験上、Amazonが僕達の商品をしっかり見るタイミングは2つです。

 

  • FBA納品時の検品時
  • 商品を購入したお客様からクレームor返品が来た時

 

Amazon倉庫に納品する商品全てに購入証明を送付させ、全て確認するなんて人件費がかさむので無理がありますよね。

 

 

基本的には納品時の「汚れ」「破れ」等のチェック(Amazon倉庫のバイトがしています)が通れば個人仕入れの商品でも新品販売出来ちゃうのが現実です。

 

よっぽどコンディションがひどい商品を納品しなければ発覚することはないでしょう。(オススメはしませんが)

 

 

 

 

問題はお客様からのクレーム、返品が来た時です。

 

 

お客様からのクレーム、返品時にはAmazonは出品者に状況を確認してきます。

 

「仕入元の証明を出せ」と言われたときに法人or個人事業主から仕入れた証拠を提出出来なければアカウント停止される可能性が高いです。

 

つまり、仕入れ元の証明をしっかり残していかないとダメってことです。

 

ヤフオクやメルカリで仕入れた時はスクリーンショットを撮る、領収書を送付してもらうなど証拠を残していくクセをつけたいですね。

 

 

これからはAmazonから「個人仕入れじゃないの?」と疑われた時にしっかりと状況を説明出来る論理と証拠を用意しておきましょう。

正直言って発覚する可能性は低い。だがリスクが高い

正直言って、個人仕入れがAmazonに発覚する可能性は低いです。

 

よっぽどヒドイ商品を仕入れたときじゃないと検品orクレームが来ないから。

 

綺麗でまともな商品を仕入れていたら問題ないっちゃ問題ない。

 

ただし、発覚すればアカウントが停止され、今後Amazonでせどりビジネスが出来なくなるという高いリスクが待っています。

 

 

どんなビジネスでもリスクリターンはあります。あなた自身がどこまでリスクを取るのか考えて行動してください。

2.メーカー保証と「同等」の保証が必要

0円の画像

メーカー保証については「同等」の保証が必要です。

 

 

これはつまり「出品者自身が商品を保証しろ」って話ですね。

 

お客様から「商品が壊れたから保証して欲しい」旨の連絡が来たら、あなた自身が商品を保証する必要があります。

 

 

あなた自身、今まで購入した商品の保証を使ったことってほとんどないですよね?同様にお客様から保証の連絡が来ることはほとんどありません。

 

この規約はそこまで気にする必要はありませんが、連絡が来たときはしっかりと対応しましょう。

3.Amazon刈り取り禁止

刈り取ってる画像

僕はAmazon刈り取りを推奨していませんが、規約として明確に禁止となりました。

 

規約改定前からAmazon刈り取りを行ってアカウント停止くらってる人達を知っています。

 

 

抜け道としては出品者アカウントと購入者アカウントの関連性を一切なくせば刈り取り可能です。

 

  • 違う住所
  • 違う名前
  • 違うIPアドレス
  • 個人が特定出来ない支払い方法

など、徹底的に出品者アカウントと切り離せば可能ではあります。

 

 

個人的にはそこまでするメリットを感じないのでオススメはしません。

僕がずっと言っているのは「ただのせどらーで終わるべきじゃない」

僕のメルマガなんかでもずっと言っていることですが、僕はあなたにただのせどらーで終わって欲しくありません。

 

 

せどりは他のビジネスに比べて圧倒的に簡単で結果を出しやすいビジネスであることは間違いありません。

 

しかし、Amazonは日を追うごとにせどらーに対する規制を厳しくしています。(2年前なんて、ユルユルのガバガバでしたw)

 

今後未来永劫Amazon販売でのせどりが行える保証はありません。

 

 

「じゃあせどりで得た経験は無駄になるの?」と思うかも知れませんが、そうではありません。

 

 

「安く買って高く売る」というのはビジネスの基本です。

 

世の中には常に価格差が存在し、「安く買って高く売る」というビジネス自体がなくなることはありません。

 

 

今はAmazonで販売するのが楽だからAmazonを利用しているだけです。

 

ヤフオクやメルカリなどの他の販路を考えたり、情報のアービトラージを行うなどAmazonに依存しない収入源も確保していきたいですね。

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - せどりコンサルタント集客談義