自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

永遠の0の名言から学ぶ脱サラ思考

      2016/06/01


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

うも、タッチです、

 

永遠の0という映画を見ました。

 

V6の岡田さんが主演をされていて、

とても感動的で考えさせられる映画でした。

 

主人公の岡田さんが演じる

宮部久蔵は特攻隊として零戦に乗ります。

 

人類に1万年の歴史がある中で

たった70年程度生まれる時代が違っただけで

10代から特攻させられて命を落とす。

 

そんな時代があったと考えると、

平和な現代に生まれた事に感謝しないとなーと

そんな気分になりました。

 

宮部久蔵は一貫して自分の意見を貫きます。

 

その宮部からの一貫した名言がこちら

 

「私は死にたくありません。私には妻がいます。

 妻のために死にたくないのです・・・

 自分にとって、命は何よりも大切です!」

 

「お前が特攻で死んだところで、戦局は変わらない。

 しかし、お前が死ねば、お前の妻の人生は大きく変わる」

 

「死ぬのはいつでも出来る。

 オレ達は生きるために努力をするべきだ。」

 

「石岡さん・・・戦闘に必勝法などありませんよ・・・

 あるのは・・・ただ・・・生きて帰る。

 この気持ちを強く持つ事です!」

 

 

 

この時代、「国の為に死ねるなら幸せだ」

と遺言を残す特攻隊がいるほどに

お国の為に死ぬが美徳とされていた時代でした。

 

そんな中主人公の宮部は

一貫して生きることに拘り続けます。

 

宮部は上司にボッコボコに殴られようが、

周りに逃げまくりの腰抜け野郎と言われようが、

自分の意思を貫くのです。

 

これってかなり難しい事だと思います。

 

でもこれが出来ないと脱サラは出来ません。

周りに流されていませんか?

これを現代に置き換えれば、

 

たくさん勉強して

いい大学に入学し

いい会社に就職する。

 

それこそが美徳だ!

 

現代はそんな時代です。

 

僕達はずっと親からそういって

育てられてきたのでそれが正しいものだと

思い込み、みんな必死に勉強し

いい会社に入るために頑張ります。

 

親も周りもみんながそういっているし、

自分もそうしよう。

 

と周りに流されてなんとなく

みんなが美徳だとしている道を

進んでいませんか?

 

もしあなたがその思考で

70年前に生まれていたら

特攻して命を落としています。

 

そもそも、

この記事を読んでいるあなたは

 

嫌々仕事をしている人生なんて

命を落としているのも同然だ。

だからこそ脱サラしたいんだ。

 

という宮部の意思を持った人

だと思います。

 

脱サラして起業しようとすれば

宮部のように周りから引き止められたり、

バッシングにあいます。

 

宮部は自分の意思を貫き、

その意思を貫く為の努力をします。

 

そして、

結果を出すことで周りも宮部の意思に

共感していきます。

 

これは脱サラと一緒です。

 

最初のうちは

あなたに賛同してくれる人はいなくても

結果を出せばあなたを認めてくれます。

 

どれだけ周りに反対されようが、

バッシングにあおうが、あなたの

人生を決めるのはあなたです。

 

周りにとやかく言われる筋合いは

一切ありません。

 

あなたの脱サラするという意思を

何がなんでも貫いてください。

 

その意思があれば結果は必ず付いてきます。

 

 

ではでは、

脱サラして自由な人生を!!

 

PS

脱サラの準備や方法についてガッツリ知りたい人は『脱サラ起業で失敗しない!成功出来るおすすめの方法』を読んでください。

おそらく日本一脱サラについて詳しく解説してます。

 

 

タッチ

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 脱サラ ,