自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

賛否両論!学歴ロンダリングは就職に有利?不利?

      2016/02/10


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

 

どうも、アービトラージャーのタッチです。

 

今回は賛否両論が分かれる

「学歴ロンダリングと就職」について

書いていきたいと思います。

 

 

学歴ロンダリングとは、

ネット上では特に有名な言葉で

自分が在籍する大学よりも上のレベルの大学院に行くことで

最終的は学歴を更新することをいいます。

 

略称は「学歴ロンダ」。

 

 

例えば、

明治大学を卒業して東京大学の大学院入学するといった具合です。

 

 

「就職面接が苦手だから学歴ロンダリングで

なんとかいい企業に就職したい・・・」

と考える人も増えています。

 

⇒面接官『就職活動の軸てなによwww』本音と建前の使い分け

 

 

そんな学歴ロンダリングが就職とに

どのような関わりがあるのか

 

そして、学歴ロンダリングは

就職に有利なのか不利なのか

など、詳しく考えてみましょう!

学歴ロンダリングは就職に有利?不利?

「学歴」は就職活動において非常に重要なものの1つです。

 

例えば、企業の就職説明会に予約するとき

MARCHの大学生がすぐにログインしても予約できなかったものが

東京大学の学生がギリギリで入るとセミナーの予約ができた!!

 

など

当たり前のように学歴フィルターは存在しています。

 

⇒学歴フィルターは当たり前が前提。低学歴の就活戦略

 

 

就職活動をしているとこのようなことが何度も起こり

 

「もっと良い大学の入っておけば良かった」

 

「もう1度大学入学をやり直したい」

 

と落ち込む人もかなり多いと思います。

 

 

もしそんな人が学歴ロンダリングを行ったら

就職に有利になるでしょうか?

 

 

それとも就職目的で学歴ロンダリングを行った

ことがバレて不利になってしまうのでしょうか?

 

 

結論から言うと、

 

学歴ロンダリングは就職活動においては

めちゃくちゃ有利になるのは間違いありません!

 

 

もっと詳しく説明すると

学歴ロンダリングをする大学院は

 

東京大学や京都大学・一橋大学・東京工業大学

早稲田大学・慶應義塾大学旧帝大

 

などの有名な大学であることが条件です。

 

 

そうでないと学歴ロンダリングしても

インパクトとメリットが足りないからです。

 

詳しい有利な点は後ほど紹介したいと思います。

 

 

その前に学歴ロンダリングを行う先である、

大学院入試は難しいと思っていませんか?

 

 

正直、大学院入試は大学受験に比べて非常にハードルが低いものです。

 

 

それがいくら東京大学や京都大学であってもです!!

 

 

合格率は1倍後半から2倍程度と言われ

試験内容も半年真剣に勉強すれば合格するのは

難しくない内容だといいます。

 

だからこそ、学歴ロンダリングを

行う人が増えているのですね。

 

もちろん舐めてかかり対策を怠ると普通に落ちるので

大学入試より入りやすいからといって

油断しないように注意しましょう!

 

 

就職は同級生から2年遅れますが

学歴ロンダリングを試す価値はあります。

 

学歴ロンダリングは断然有利!!

それでは実際

学歴ロンダリングをすることで

どんなメリットがあるにだろうか?

 

 

学歴ロンダリングのよって貰える就職における

優遇措置をみていきましょう。

 

 

1:学歴フィルターを突破できる

セミナーの予約や先選考などにおいて

有名企業のほとんどが行っているが学歴フィルターです。

 

学歴フィルターは当たり前のように存在します。

 

たとえば、説明会の予約確認で、無名大学生だと「満席」、

難関大学生だと「空席」と表示されたりします。

 

 

有名企業となると全てに志願者を説明会や

面接によんで選考する余裕はありません。

 

そのため、ある一定に学歴に満たない人は切り捨てられるのですが、

学歴ロンダリングで底上げされた

レベルの高い大学院に行っているなら足切りされることは

ほとんどありません。

 

⇒学歴フィルターは当たり前が前提。低学歴の就活戦略

 

2:東大限定の就職説明会

大企業にたまに見られることで

各大学出身の社員が就職説明会を実施してくれます。

 

もちろん独自の就職説明会なのでより有利です。

 

 

3:各企業限定の就活サイト

今ではなくなってしまっているようですが、

多くの学生が登録しているリクナビやマイナビなどの有名どころではなく

東大、東工大、一橋大だけが入会できる就職サイトがあったそうです。

 

それと似たような限定の就職説明会は今でもあります。

 

 

4:リクルーター

大手企業はリクルーターを採用に活用するところが増えています。

リクルーターは主に自分の出身大学の学生の就職補佐をしてくる人のことで

有名大学だとリクルーターはつきやすい傾向にあります。

 

逆に無名大学ではリクルーターはつきません。

 

 

このように学歴ロンダリングをすることは

就職活動で大きなメリットがたくさんあります!!

 

最後はチャンスを生かす実力が必要

確かに学歴ロンダリングをすることで

メリットはたくさんありますが、

 

注意したいのが学歴ロンダリングしたからといって

無条件でいい会社に就職出来る訳ではないということです。

 

 

やはり最後は自分自信の実力になります。

 

またどんなにいい学歴を持っていても

アピール力や基本的なことが出来ていなけえば

もちろん内定はもらえません。

 

 

逆にいうと、別に学歴ロンダリングなんてしなくても

実力さえあれば、今の世の中、

いくらでも人生を切り開くことはできます。

 

お金を稼ぐだけでいいのであれば、

いくらでも稼ぐ方法はあります。

 

⇒衝撃!ラブライブのフィルム転売で90万円稼げる方法!?

 

 

学歴ロンダリングはあくまでも

機会やチャンスを広げる役目と考えてください。

 

 

「就職」という枠にしばられなければ

お金を稼ぐ選択肢はいくつもあるので、

是非とも視野を広げて、自分の将来を考えてみてください!

 

⇒心から本当にやりたいことがわかるたった1つの質問

 

 

ではでは、一緒に自由をつかみとりましょう!

 

アービトラージャー

タッチ

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方 , ,