自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

辞表の準備はオッケー?今すぐ辞めたほうがいい会社の4条件

      2016/02/10


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

 

 

どうも、アービトラージャーのタッチです。

 

 

本日は「辞めたほうがいい会社の条件」

について書いていきたいと思います。

 

 

人というのは想像以上に我慢強いもので

どんなにツラい環境でも

どうにか自分を正当化してその環境に適応しようとします。

 

 

特に日本人は、

耐えしのぐことに関してはピカイチの才能をもっています

 

 

我慢は美徳、とされていますからね。

 

 

そのせいか日本人は

本当に辞めたほうがいい会社にいたとしても

分からないまま耐え続けてしまうんです。

 

 

悲惨ですねぇ。。。

 

 

その結果、身体や精神が壊れた時にやっと

 

「ああ…この会社に辞めた方が良かったんだ」

 

と、まるで明日のジョーの最後にシーンのように

燃え尽きて終了です。

 

 

燃え尽きるだけならまだしも

うつ病になったり、自殺する人までいるのが現実です。

 

 

 

確かに社会人たるもの

ある程度の我慢は必要です。

 

 

しかしそれにも限度ってものがあります。

 

 

頑張ることも重要ですが、

何より大切なのは

まずは身体と精神の健康です!

 

 

これさえあえば、また再出発できますからね。

 

 

燃え尽きてしまっては意味がありません。

 

 

この記事では

今すぐに辞めたほうがいい会社の条件

というのを紹介していきます。

 

もしも、全部当てはまるようだったら

今すぐ辞表を準備して、さっさと辞めちゃいましょう。

 

 

お金のことが心配でも大丈夫。

 

世の中には稼ぐ方法なんていくらでもあります

 

 

アービトラージとか、ラブライブとか・・・

 

辞めたほうがいい会社の見極めは意外に難しい

辞めたほうがいい会社の条件を紹介する前に

触れておきたいのが

 

 

本当に辞めた方がいい会社というのは

 

働いている本人には意外に見極めが難しい!

 

ということです。

 

 

それは何故か?

 

結論からいうと

日本人が意外にも他の会社の現状を知らないからです。

 

 

これはブラック企業が生き残っている理由でもあります。

 

 

普通ならブラック企業って

従業員が辞めたり経営破綻とかして

すぐ無くなりそうなものですよね?

 

 

 

 

しかし、特に新卒で入った会社の場合、

他の会社の労働条件を知らないため、

比較対象がありません。

 

そのため、世間から見ると

めちゃくちゃブラック企業でも

本人はそれに気づくことができないのです。

 

 

 

上司が

 

「会社はこういうものだ!」

 

「残業するのは、当たり前だ!」

 

と教えられればそう思い混んでしまうんです。

 

 

こうなると

この会社が本当に辞めたほうがいい会社かどうかの以前に

そもそも疑わないので判断もしないという訳です。

 

 

怖いですよね?

 

 

でも安心してください。

 

この記事を読んでいるあなたは大丈夫です。

 

 

 

これから紹介する

「辞めたほうはいい会社の条件」は

世間一般の基準に照らし合わせたものです。

 

 

この記事を読んでいるということは

少なからず今の会社や働き方に疑問を思って

ここまで辿りついているはずなので

 

 

間違った思い込みをとっぱらいましょう。

これが辞めたほうがいい会社の条件

ではでは、

「辞めたほうがいい会社の条件」を紹介していきます。

条件1.残業代が支払われない

毎日夜遅くまで残って頑張っているのに給料を見ると…!?

 

「残業代が全く支払われていない!」

 

そんな会社は今すぐ辞めたほうがいい会社です。

 

本来、残業代は支払わないと違法になります。

 

よくある悪徳なケースは、定時にタイムカードを打刻させて

そのあとに仕事をお願いするといったもの。

 

仕事を自宅に持ち帰らせて残業代をカットするようなものもあります。

 

 

 

 

「残業代がでないなんて普通でしょ?」

 

「他の会社も残業代でてないし・・・」

 

と思ったあなたは黄色信号です。

 

条件2.上司・先輩が尊敬できない

あなたが会社の上司や先輩をみても

全く尊敬できないと思うのであれば、

すぐにでも辞めたほうがいいです。

 

理由は2つあります。

 

理由の1つは、その会社にいても数年後になれるのは

その会社の上司や先輩程度ということ。

 

 

理由の2つめは、

 

この先、自分の望むスキルを身に付けられない

可能性がかなり高いということ。

 

あなたの今の上司は、将来のあなたの姿です。

 

良い会社であれば、先輩の中には

1人や2人は尊敬の対象がいるものです。

 

それが一人もいないのであれば、

会社にいても成長は望めないかもしれません。

条件3.精神的・肉体的にきつい

「仕事ってしんどいものでしょ!?」

 

とビックリするかもしれません。

 

世の中には楽しく働いている人もいますし、

多少のストレスはあれど、キツイと思っている人ばかりではありません。

 

 

ブラック企業などによくありがちな長時間労働と休暇が取れない勤務形態や、

上司からの圧力などにより精神的、肉体的に参っているなら、

すぐに辞めるべきです。

 

身体がおかしくなってまで働く意味はありません。

 

身体を壊したら働く以前の問題です。

 

何より健康が大切なので、身体に異変が起きたら、辞める決断をしましょう。

条件4.経営が悪化したら人権費を削減する

業績が悪化したり、経営不振になると会社としては

何かを削減する必要があります。

 

その時に、接待費や、事務用品、雑費など

手軽に削減できるものではなく、

すぐに人を解雇することで削減する企業は今すぐ辞める準備をしましょう。

 

人材を軽く扱っている会社にいい会社はありません。

 

 

 

 

このような4つの条件に当てはまるのであれば

もう今からでも辞表を用意したほうがいいです。

 

もしかしたら、

「それくらいは普通でしょ。」

と感じる条件もあったかもしれません。

 

しかし、会社や働き方によって

仕事の辛さなんていくらでも変わります。

 

 

僕の場合、会社員時代は

仕事=退屈なもの

だとばかり思っていました。

 

※ホワイトすぎる企業だったので。。。

 

 

でも、独立してからというもの

仕事=遊び

みたいになっています。

 

仕事には向き不向きがありますし、

そもそも会社員という働き方に向いてない人もいます。

⇒根本的にサラリーマンに向いていない人の6つの特徴

 

 

 

一度、あなたが「常識」だと思っていることをとっぱらって、

フラットな視点で自分の働き方をみつめてみてはどうでしょうか?

⇒お金と仕事の新常識!100万のロレックス=自己投資。弥生時代=起業ブーム。

 

 

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

一緒に自由をつかみとりましょう!

 

 

アービトラージャー

タッチ

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方 ,