自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

お金が貯まらない原因はお金を使わなすぎること!?3つの原因

      2016/03/12


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

 

「貯金しているつもりなのに

なかなかお金が貯まらない・・・」

 

「気付いたらあまりお金が残っていない・・」

 

こんな状態ってよくありますよね。

 

自分ではあまりお金を使っていないつもりでも、

銀行の口座には非情にも、きちんと数字で表れています。

 

そこで今回は、お金が貯まらない根本的な原因と

一般的には知られていない正しいお金の使い方

について解説していきます。

よくあるお金が貯まらない原因

まずは一般的なお金が貯まらない原因です。

 

お金が貯まらない原因として、

基本的に無駄な支出をおさえれば解決しますよね。

 

 

1、小さな出費をたくさんする

 

2、衝動買いをする

 

3、見栄をはる

 

4.そもそも無駄遣いに気づいていない

 

 

などなど。

 

どれも違うように見えますが、全てに共通するのは

必要ではないものにお金を払っているということです。

 

無駄な出費を繰り返してしまうことでお金が

貯まらないという状況を作り出してしまっています。

お金を使った方がお金は貯まる

一般的なお金が貯まらない原因を紹介しましたが、

実はお金を正しく使った方が将来お金が貯まりやすくなります。

 

正しく使うというのは、必要なものにきちんと

お金を使うということです。

 

「お金を使った方が貯まる?そんなわけねーじゃん!」

と思うかもしれません。

 

ですが正しくお金を使っている人ほど将来お金を

手にしやすい傾向にあります。

 

 

将来の自分に投資ということですね。

 

収入が多い人というのは、自己投資をしているものです。

 

例えばお医者さんなんかそうですよね。

 

学生の頃から何百万というお金を使って自分の

技術・能力を磨くからこそ多くの収入を得ることができます。

 

逆に自己投資が圧倒的に少ない人は収入が低くなりがちです。

 

例えば、スーパーのレジを思い浮かべてみてください。

 

レジの仕事はお金を使ってまで高める必要のある能力はいりません。

 

そこまで技術やスキルを必要としないため、

レジの仕事は賃金が安くなりがちです。

 

 

そして収入が低いということはそれだけお金を

貯めにくくなってしまいます。

 

まとめると、お金が貯まらない根本的かつ最大の原因は、

将来の自分のためにお金を使っていないということです。

 

 

お金が貯まらない3つの原因

ではその根本的にお金が貯まらない原因を解説していきます。

 

次のような出費をしなかったために、お金が貯まらない

人間になってしまうというような例です。

 

1.自分のセルフイメージを高める出費

ひとつめが自分のセルフイメージを高めるために

お金を使っていないのが原因、というものです。

 

セルフイメージとは、自分はこういう人間だと

思い込むことです。

 

「俺はモテる人間だ」

 

「俺は優しい性格だ」

 

というように自分のことをどう捉えているか、

というのがセルフイメージです。

 

なぜこのセルフイメージを高める必要があるのかというと、

セルフイメージが低いと自分で自分の限界を決めてしまうからです。

 

「どうせ自分は収入が低い人間だ」

 

「自分なんかずっと貧乏のままだ」

 

というような感じです。

 

逆に、セルフイメージが高いと自分に自信をもつことが

できるため目標などを達成しやすくなります。

 

サッカー日本代表の本田選手いますよね。

 

結構有名な話ですが彼は小学生の卒業生で、

驚くような内容を書いていました。

 

 

「僕はWカップで有名になってヨーロッパのセリアAに入団して

大金持ちになる。」

 

なんと本田選手は実際に書いた通りに夢を実現させています。笑

 

これは本田選手のセルフイメージが高かったからでしょう。

 

では僕たちがどのようにセルフイメージを

高めればいいのかというと、

 

・いい服を買う

 

・身だしなみを整える

 

・体を鍛える

 

などですね。

 

これはかっこよくなりたい、という自分の理想像が

ある人のための、セルフイメージを高める方法です。

 

ちなみに、見栄をはるのとは違います。

 

見栄をはるのは、「他人から認められたい」という目的のためです。

 

セルフイメージは「自分のを形成させる」という目的があります。

 

つまりセルフイメージはあくまで自分のためです。

 

他人から認められるために見栄をはるのとは違います。

 

2.自分が本当にやりたいことをやるための出費

無駄なお金でなく、自分が心からやりたいことに

お金を使うことで将来自分に返ってきます。

 

「どうしても●●に行きたい!」

 

「どうしても●●をしたい」

 

と思うことにお金を使うのは、

のちの人生にプラスになります。

 

例えば海外旅行ですね。

 

海外旅行は連泊すればかなりのお金を必要とします。

 

ですが普段体験しないような出来事だったり、

新しい文化に触れることは大いに価値があります。

 

それが思わぬ形で仕事に役に立つことがあるかもしれません。

 

また、海外旅行が今までの自分の趣味で最大級に楽しく

一生の趣味にしたいと思えたなら海外旅行は

決して無駄なお金にはなりません。

 

海外旅行に行くために仕事を頑張れたり嫌なことがあっても

楽しみがあると思って前向きになれるでしょう。

 

コンビニの買い食いも楽しみかもしれませんが、本当に自分が

やりたいこと・したいことにお金を使っていますか?

 

3.人間関係のための出費

3つめは、人間関係のためにお金を使う必要が

あるということです。

 

例えば、

 

・会社の付き合い

 

・親戚との付き合い

 

・友人との付き合い

 

などですね。

 

付き合いにどういうお金が発生するのかというと、

会うための移動代や食事代などです。

 

お金が全然貯まらなくて余裕が無いから人と会わない、

なんていう人もいますが順番が逆です。

 

人と会わないからお金が貯まらなくなります。

 

「直接仕事に関係ないような人は意味ないでしょ?」

と思うかもしれません。

 

ですが自分の利益に関係なく、人と交流しておくと、

思わぬ形で仕事を紹介してもらったり良いことが起きます。

 

まとめ

今回はお金が貯まらない根本的な原因を紹介しました。

 

無駄遣いというのもお金が貯まらない原因では

ありますが、長い目でみたときに必要なものに

投資していないことが直接の原因だったりします。

 

大切なことなのでもう一度いいますが、

自分の将来のためにお金を使うか使わないかで

お金が貯まるか貯まらないかが決まるということです。

 

 

あなたが使うお金は将来自分に返ってきそうですか?

 

是非お金を払うときは意識してみてください。

 

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方