自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

全日本国民催眠術師

      2016/02/11


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

どうも、

アービトラージャーのタッチです!

 

 

嬉しい報告をもらいました。

 

 

つい2か月ほど前に

アービトラージマスターチームに入った

とある大学生からの報告。

 

 

「先月の利益が91543円でした!」

 

 

ビジネスのビの字も知らない大学生が

開始2か月で9万円稼ぎました。

 

もちろん、大学に通いながら、

アルバイトもしながら、です。

 

 

正直、僕もビックリしました。

 

 

その彼と話したときの会話はこんな感じ。

 

 

僕「将来やりたいこととかあるの?」

 

学「いや、特にまだ決まってないです」

 

 

僕「え、じゃぁ起業したいとか?」

 

学「うーーん・・・」

 

 

こんな感じだったんで、

正直、大丈夫かなぁと心配してました。笑

 

 

それでも言われたことをを

淡々と実践して、

ちゃんと結果をだしたわけですね。

“就職する”以外の選択肢を得た

 金額的にはたったの9万円。

 

 

でも、この9万円は彼にとって

かなり大きな収穫でしょう。

 

 

なぜなら、大学生の時点ですでに

 

1.就職して雇われて生きるか

 

2、自力で稼いで生きていくか

 

という選択肢を得たのですから。

 

 

 

2か月目でこの金額の収入なら、

大学を卒業するころには

自力でかなり稼げるはずです。

 

 

こうやって選択肢をもてる人が

自分の周りで増えていくのは

なにより嬉しいことですね。

量産されるサラリーマン 

 で、ここからが本題です。

 

 

 

最近の大学生をみていると、

 

「大企業で勤め上げるのが勝ち組」

 

という、

昔ながらの日本的価値観が

ずいぶんとうすれている気がします。

 

 

ビジネスに関心のあるあなたなら

一度は聞いたことがあるはずです。

 

 

「日本の教育システムは

サラリーマンを量産するための洗脳」

 

 

みたいな話。

 

 

そして、

起業家精神を養う場所を作りたい!

という起業家もかなり多いですね。

 

 

 

日本の教育制度のどのへんが

サラリーマンを大量生産してるんだと思います?

 

 

教育カリキュラムを変えたら

起業家がわんさか出てくると思いますか?

 

 

僕はこの問題、

そんなに単純じゃないと考えてます。

 

 

 

だって、

 

 

本当の「洗脳」というのは

言葉じゃなくて前提でやるものだから。

「前提」という「洗脳」

今日、覚えてほしいキーワードは

 

「前提」

 

です。

 

 

 

人間は、言葉をきくと、

無意識にその意味を考えます。

 

 

「バナナ」

 

 

っていう文字列をみただけで、

あなたの頭の中には

黄色で、細長い物体が浮かぶはず。

 

 

「バナナは絶対想像しないでね」

 

 

↑こう言ったところで、

やはり黄色の物体は消えません。

 

 

あなたは意識的に言葉を

理解しようとするかもしれませんが、

 

実は、脳ミソは無意識レベルで

言葉の意味を処理しています。

 

 

 

ここからが洗脳のミソです。

 

 

 

「どこの会社にお勤めなんですか?」

 

↑例えばこの何気ない日常会話。

 

 

この質問って、

「会社に勤めること」

が”前提”になってるわけです。

 

 

いきなりこういう質問をされると

人間の脳は「会社に勤めること」を

無意識で受け入れてしまいます。

 

 

 

「資格とるならユーキャン!!」

 

ってCMをみた瞬間、

 

資格は人生を豊かにしてくれる、

と思いこむわけです。

 

 

 

ようするに、

僕たちは何かを直接言葉で言われなくても

いろんなところで「前提」をつかった

強力な暗示をかけられているのです。

 

 

 

実際、催眠術師の人たちも

「前提」をつかって

人の無意識に暗示をかけてます。

 

 

 

僕たちは会話の節々で

色んな暗示にかかっています。

 

 

全日本国民が催眠術師なわけです。

サラリーマンはダメなのか?

そして、

 

ビジネスに関心をもちだすと、

逆にいろんな場所で

「サラリーマンはダメ」という

暗示をかけられるんですね。

 

 

 

この機会に声を大にしていいたいんですが、

 

サラリーマンはダメじゃないです。

 

 

 

「自分の力で稼げないなんて、

将来が不安で仕方ない・・・」

 

 

「こんな低い給料じゃだめだ」

 

 

↑こんなことを思うかもしれませんが、

別に起業したからって

バラ色の人生になるわけじゃないですし、

 

起業家ばっかりの世の中になると、

それはそれでおかしくなりますよ。笑

 

 

ただ、今の日本の現状からすると、

 

起業して稼ぐチャンスがいくらでもあって、

競争相手もすくないから、

多少リスクをとって起業したほうが

お金が稼げる、というだけの話です。

 

 

 

起業家の中には

「サラリーマンはクソです」

みたいなことをサラッという人がいますが、

それはあり得ません。

 

 

起業家たるもの、

事業の規模を大きくするには、

どうしてもスタッフを雇う必要があります。

 

 

そして、起業家たるもの、

そのスタッフへの感謝を忘れたら終わりです。

 

 

自分に力を貸してくれる仲間を

「クソだ」と簡単に言える人間に

ろくな人はいないと思います。

 

 

 

 

結局、何が言いたいかというと、

 

・今の自分を悲観することなく、

 

・他人を批判することなく、

 

・淡々と自分の道を歩みましょう!

 

 

ということです。

 

 

 

きっとこのブログを読んでる時点で

あなたは自分の道を歩いているはず。

 

 

自信をもっていきましょう。

 

 

 

 

 

ではでは、

一緒に自由をつかみとりましょう!

 

 

アービトラージャー

タッチ

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方 ,