自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

仕事で同期と比べられる!回避するための3つの方法!

      2016/02/23


今起こってる残酷なお金の現実を見るボタン

仕事で同期と比べられるのって

かなりきついですよね。

 

 

 

同期ということで比較的立場が

似ています。

 

それなのに上司はそれを指摘してくる。

 

「○○さん(同期)は君より優秀だね」

 

「君は大丈夫なの?」

 

なんて比べられたら誰だってムカッと

きますよね。

 

そこで今回は仕事で同期と比べられた

ときに回避するための3つの方法を

紹介していきます!

 

1.気にしない

 

かなりシンプルですが大事な事です。

 

仕事で同期と比べられたら

聞き流すということですね。

 

ひたすら聞き流す。

 

いらいらするのはわかりますが、

いちいち腹を立てていたらストレスが

たまってしまいます。

 

そんなのなんのメリットもありません。

 

あなたのストレスをためないためにも

ここは聞き流しましょう。

 

「○○さん(上司)なんか言ってるけど

気にしないでおこう!」

 

という感じですね。

 

他人と自分は違って当たり前です。

 

小さいころからの習慣、環境、

状況が人それぞれ異なるからです。

 

もし同期の方が自分より仕事が

できる存在であっても、

たまたまあなたの良いところが上司に

見つけられていないだけかもしれません。

 

僕が大学3年生の頃の話です。

 

僕は将来起業がしたくて、

就活をしないといけない時期なのにも

関わらず、全く就活をしていませんでした。

 

そうなると同じ大学の友達や地元の知り合いにも

こうやって聞かれるわけです。

 

「就職活動は?

大丈夫なの?」

 

と。

 

でも就職ということは

いろんな職業があるわけです。

 

銀行員、保険業、不動産などなど。

 

人によって興味関心がありますし

好き嫌いがあります。

 

みんなが不動産の仕事につきたいとは

限りません。

 

就職活動にも限らず趣味や好みの食べ物も

そうです。

 

とにかく、人はそれぞれ違います。

 

違って当たり前です。

 

そう思えば少しは心が軽くなると

思いませんか?

 

2.糧にする

どういうこと?

と思うかもしれません。

 

これは、仕事で同期と比べられたときに

成長の糧にしよう!ということです。

 

つまり比べられた時にネガティブに

捉えるのではなく、ポジティブに捉える

ということです。

 

 

人間には一生変わらない、ある欲求が

あります。

 

食欲とかじゃないですよ(笑)

 

なにかというと、

「優越性の追求」というものです。

 

ちょっと難しいですかね?

 

これは簡単に言うと、

 

「人は他人より優越感を味わっていたい」

という欲求のことです。

 

よく女性がフェイスブックで、

 

「今日は彼氏と海外に行って来て

夜は友達とリア充してきました!

幸せ!」

 

というような投稿をしているのを

見ませんか?

 

これが「優越性の追求」です。

 

他の人と違って、私はこんなに

充実しているのよ、

 

と優越感に浸りたいという願望が表れています。

(否定しているわけではありませんよw)

 

こんな感じで人間誰しも、他人より

自分の方が上でいたいという欲求を

もっています。

 

仕事で同期と比べられてイライラしたり

悲しんだりしてしまうのはこのためでしょう。

 

このような欲求があるのは人間として

当たり前なのでそこまで気にすることは

ありません。

 

 

ですが、厳しい状況ほど人は成長できます。

 

 

家でごろごろしているニートと、

いつも新しいことをしている社会人では

どちらが成長できると思いますか?

 

苦難があればそこを打破しようと

今までとは違う行動をしないと

いけません。

 

厳しい状況のときは

何とかしないと!と脳が判断して

行動に移そうとしますよね。

 

辛い状況にいればなんとかしようと

目標を定めます。

 

ですが楽な状況のときは現状を

壊したくないので新しい行動を

しなくなります。

 

もしその同期が調子に乗っているのなら

チャンスです。

 

3.愚痴を言わない

仕事で同期と比べられたら

ストレスが溜まるのはとても

分かります。

 

人と比べられるのは、自分の存在を

否定されたみたいになりますから。

 

だからといって同じ会社の

同僚や仲のいい人にそのことについて

愚痴をいうのは絶対やめましょう。

 

あなたが嫌なことがあって愚痴をいうと

します。

 

するとあなたの愚痴を聞いた人は

こう思います。

 

「ああ、この人はすぐ他人の

愚痴を言うんだ。

 

すぐに愚痴を言うということは、

自分の愚痴も誰かに言われるんじゃないか?

 

と。

 

僕はこれを意識していて、

嫌なことがあっても誰かに

話したりしません。

 

本当に信用できる人にしか

言いません。

 

 

また、愚痴をいう事で

自分の立場が悪くなったり評価を

下げたりすることもあります。

 

 

つまりいいことはなにもありません。

 

ですが愚痴を言わないことで

こんなふうに周りから思われる

でしょう。

 

・余裕がある

・謙虚

 

などなど。

 

 

相手の視点から見ると、いつも

愚痴を言うということは会話が

ネガティブという見方にもなります。

 

愚痴を言うのは控えましょう。

 

まとめ

今回は仕事で同期と比べられて

回避するときの3つの方法を

紹介しました。

 

会社は組織であり、常に人間関係が

絡む場所です。

 

ついかっとなって言ってしまって

人間関係が悪化してしまえば余計

会社に居づらくなってしまいます。

 

慎重な言動を心がけましょう。

 

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方