自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

仕事が嫌で死にたくなる人集合!病んだ心をラクにする3つの方法

      2016/02/11


【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

 

 

会社に行くのが嫌で死にたくなる。

 

通勤の途中で、ふと電車の前に

飛び出してみようかと考えることがある。

 

休みの日が終わりに近づくと

つらくて泣き出したくなる。

 

 

そんなふうに仕事で悩んでいるあなた。

 

 

自分のことを追い込みすぎていませんか?

 

 

「死にたくなる」まで悩んでいるということは、

もしかしたら

 

・自分は打たれ弱くてダメなんだ

・仕事がうまくいかないのは自分の能力が低いからだ

 

なんて、自分のことを責めてしまっているのでは

ないでしょうか。

 

 

もしそうなら、その考えは間違っています。

 

 

ちょっと視界を広げれば、

世の中には仕事って本当にたくさんありますよね。

 

【関連記事】日本で一番楽な仕事で人生イージーモード!?

 

一つの会社の中にすら、

様々な種類の仕事があるくらいなのです。

 

そのなかで、たまたま得た今の仕事が、

自分に向いている確率なんて

低いに決まっているんですよ。

 

たとえ同じ種類の仕事であっても、

職場の環境によって向き不向きが

変わることだってあります。

 

 

だから、今の仕事が死にたくなるほど苦しいのは

あなたのせいではないんです。

 

 

今の職場・仕事が自分にはたまたま向いていなかった。

⇒根本的にサラリーマンに向いていない人の6つの特徴

 

 

それだけのことなのに、今の仕事のためなんかに死にたくなるほど悩んで、

大切な人生をつらいまま生きているなんて

すごくもったいないです。

 

 

そんなもったいない人生を変えるためにも、

 

まずはそのつらい気持ちを救ってあげてください。

 

 

ここでは、仕事で死にたくなったとき、

“心を楽にする方法”を具体的に紹介します。

 

心を楽にして、気持ちに余裕が作れたら、

根本的な問題(仕事の悩み)の

解決策を考えることもできるはずです。

 

 

今すぐできる!心が楽になる具体的な方法3つ

 

 

とにかく書きだす!

 

まずは紙とペンを用意してください。

 

そして、

 

・会社であった嫌なこと

・上司から浴びせられた理不尽な言葉

・顔も見たくない同僚のこと

・仕事がうまくいかず悲しくなったこと

 

などなど、

自分が死にたくなると思った原因を

徹底的に書き出してください。

 

つらい気持ちをすべて紙にぶちまけたら、

その紙をゆっくり眺めてみるのです。

 

そうすると、

苦しんでいる自分の姿を客観的に

見ることができます。

 

客観的に見た自分は、

あまりにつらそうで、みじめで、可哀想で・・・

 

見ていて泣きたくなるほどかもしれません。

 

 

そんなときは思いっきり泣いてください。

 

 

泣いたあとは頭がすっきりして、

紙に書いてあるものについて

客観的に考えることができるようになります。

 

 

こうして悩みの原因たちを冷静に見てみると、

なにかしら対処法がありそうということもあります。

 

もしかしたら、意外と

「こんなことで悩んでいたのか」

と思えるような物事もあるかもしれません。

 

 

”自分の悩みを客観的に考える”

 

 

これができたら、

 

「じゃあ、その悩み・つらさを解決するためにはどうすればいいのか」

 

という段階へと自分の気持ちを繋げることができるのです。

 

 

 


②人に話を聞いてもらう

 

「自分が悩んでいることを知っている人がいる」

 

これだけでも、

心はかなり楽になるはずです。

 

なぜかというと、

 

「自分が悩んでいることはおかしいことではない」

 

という自己肯定感を得ることができるからです。

 

この自己肯定感が、

「自分は間違っていないんだ」というささやかな自信になります。

 

人は、ささやかでも自信があれば、

感情や行動を変えることができるものです。

 

だから、自己肯定をすることはとても重要なんです。

 

 

とはいえ、「死にたくなるほどつらいんだ!」

とあなたが真剣に話したとしても、

 

「そんなのは甘え」

「仕事ができないお前がわるい。もっと精進しろ」

「みんな苦しくても頑張ってるんだから」

 

などと言われては逆効果になってしまいます。

 

 

せっかく勇気を出して悩みを打ち明けたのに、

自分にプラスにならなかったら意味がありません。

 

だから、相談相手は絶対に間違えないでください。

 

 

一番のおすすめは、

カウンセラーに話を聞いてもらうことです。

 

カウンセラーは、

”病んだ心を楽にするスキルを持ったプロ”ですから、

 

「勇気を出して話したけど全然楽にならなかった・・・」

という事態にだけは絶対になりません。

 

【関連記事】人間関係のせいで仕事を辞めたいならコレを読んでほしい。

 

 

 

 
③転職を考える

 

転職を考えるといっても、いきなり

「死にたくなるほど嫌なら、さっそく転職活動をしましょう!」

ということではありません。

 

”あなたが持っている様々な可能性”

に目を向けてみてほしいんです。

 

世の中には本当にたくさんの仕事がありますし、

きっとあなたに向いてる仕事はどこかにあります。

 

まずは転職サイトでも、フリーの求人誌でもなんでもいいので、

じっくり目を通してみてください。

 

「こんな仕事ならできそう」

「こういう職場は楽しそう」

 

など、別の仕事をしているところを想像すると、

それだけでもストレス発散になります。

 

もし、その中で気になる仕事が見つかったときは、

もう少し具体的に転職の方法などを調べてみてください。

 

そして本当に、今の職場で死にたくなるようなことがあれば、

あなたはいつでも転職活動を始めていいんです。

 

 

とにかく、別の可能性に目を向けることで、

 

今の会社だけがあなたの人生のすべてではない

 

ということを知ってください。

 

 

普段から、「いつか転職してやる」くらいの気持ちでいれば、

今の仕事のことなんてどうでもよくなって、気が楽になりますよ。

 

あわせて読みたい記事⇒転職回数が多いとか死ぬほどどうでもいい時代

 

本当に死を選んでしまう前に・・・

死にたくなるほどのストレスをため続けていると、

いつか必ず心と体を壊します。

 

  • 紙に書き出す(自分の悩みを客観的に見つめる)
  • 相談する(「自分の悩みはおかしいことではない」と知る)
  • 転職について考える(別の可能性・選択肢を知る)

 

 

これだけでも、

自分の考え方を変えることができるので、

心がかなり楽になります。

 

仕事で死にたくなるというときは、ぜひ実践してください。

 

 

アービトラージャー

タッチ

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方