自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

せどりの情報発信とか必要なくない?

      2016/02/23

s

せどりの情報発信が必要ない理由

どうも、アービトラージャーのタッチです。

 

今回は

「せどりの情報発信が必要ない理由」

について、”集客の視点”で考えてみます。

 

 

せどりの情報発信をする理由って、結局のところ

●売上をもっと大きくしたい

●キャッシュポイントを複数作りたい

とか、そんな感じですよね。

 

 

でも、「せどり」という武器を活かして

ビジネスを大きく展開するのであれば、

必ずしも情報発信に力をいれなくても成功します。

 

 

情報発信することなく、せどりコンサルの契約を

次々と決めることは普通に可能です。

 

わざわざ全く未知のアフィリノウハウを学んだり、

 

文章を書くのが苦手なのにキーボードをたたき続けたり、

 

そんなことをする必要は全くありません。

 

 

 

ネットビジネス業界にどっぷりつかっていると

「え、どうやんの?」

ってなるかもしれません。

 

 

今日は

せどりの情報発信をする具体的な方法も紹介するので、

是非とも「ネットビジネス」という枠を抜け出して、

競合のいないブルーオーシャンのビジネスを確立させてください!

 

 

レッドオーシャンで戦う、かわいそうなせどらー

まず、具体的な方法をお話する前に、

せどりの情報発信で多くの人がやってしまう失敗

についてお話しないといけません。

 

せどりの情報発信でやりがちなのは

「わざわざレッドオーシャンで戦う」

ってことです。

 

 

ビジネスの世界では、

「競合」という概念が非常に重要になります。

 

牛丼業界なんかをみてもらうと分かりますが、

吉野家・すき屋・松屋など、

すごく力の強い企業が3社でそろって

限られたパイ(牛丼を食べたい人)を取り合っています。

 

どの牛丼チェーンも、多少の違いはあれど、

味はたいして変わらないですよね。

 

そうなると、お客さんのほうも、

別にどの牛丼屋さんでもいいので、

結局、価格の安い牛丼を買い求めます。

 

 

熾烈な安売り競争のはじまりです。

 

 

そこであなたに質問です。

 

価格競争が繰り広げられている牛丼業界に

今から新規参入したいと思いますか?

 

 

 

思わないですよね?

 

 

 

 

これは牛丼業界の話ですが、

せどり業界も似たようなものです。

 

 

せどりが今ほどメジャーではなかった頃は

「せどりってすごいぜ!」って言ってるだけで

お客さんはついてきたでしょう。

 

 

 

でも、今は違います。

 

「せどりブログ」を読むような人は

そもそも、せどりを知っている人です。

 

 

そんな状況で、

他のせどりの情報発信者と差別化して

同じ土俵で戦おうと思うとどうなるか?

 

 

 

情報量の差で勝負したり、

価格競争に突入してしまいます。

 

牛丼業界と同じく、せどりで有名な情報発信者が

たくさんひしめきあっているのに、

今から参入して大きな成果をあげれるでしょうか?

 

 

もちろん、不可能だと思いませんが、

かなり難しいのは間違いありません。

 

 

せどりの情報発信は”リアル”でやると成功する

せどりで実績をだしたら情報発信だ!

って、みんな簡単に言いますが、

情報発信をするのは簡単ではありません。

 

 

レッドオーシャンで戦うのがしんどければ、

競合の少ないブルーオーシャンで戦えばいいんです。

 

 

「ブルーオーシャンが分かれば苦労しねぇよ!」

という人は、ちょっと考えてみてください。

 

 

僕たちの目的は、「見込み客」を集めることです。

 

 

見込み客が集まってくれば、

その手段はなんでもいいですよね?

 

 

だったら一度、「せどり=ネットビジネス」の

枠を取り外して考えてみましょう。

 

 

 

せどりは非常に再現性が高くて、

かつ、がっちり稼げるノウハウです。

 

 

そんなノウハウに興味のある人はどこにいるでしょうか?

 

ネット上はもちろんのこと、

あなたの身のまわりにもいますよね?

 

あなたのご近所さんだって、

「もっとお金を稼ぎたい!」

って切実に思っているかもしれませんよね?

 

 

だったらなぜ、身のまわりの人に声をかけないでしょう?

 

 

 

「せどりってすげーんだぜ!」

 

今更ネットでこんな情報発信をしても、

「ありきたりな情報」になってしまいます。

 

 

でも、そういう情報発信を読まない人たちとか、

「怪しい」とスルーしてしまう人はたくさんいます。

 

そういった人たちにアプローチするには、

どれだけネット上であなたが声をはりあげても、

あなたの声は永遠に届くことはありません。

 

 

でも、リアルで一声かけるだけで、

その声は届くかもしれません。

 

 

ネット上では有名になったせどりも

一般的な認知度はまだまだ低いです。

 

 

そんな今だからこそ、

せどりを「ネットからリアル」に持ち出す

という工夫をすれば、

 

あんがい簡単に集客できてしまいます。

 

 

 

せどりはネットビジネスの一つと考えられることが多いですが、

だからといってネットの中だけで頑張る必要はありません。

 

リアルの人間関係を構築していって、

そこに営業をかければ、

ノウハウを売ることだってできますし、

コンサル契約をとることだってできます。

 

 

集客の方法なんていくらでもあるのですから、

もうすこし、視野を広げてみると、

新しい世界が見えてくるかもしれません。

 

そして、その新しい世界こそ、

競合不在のブルーオーシャンかもしれませんよ^^

 

 

ちなみに、僕はネットで「せどり」の集客をするときにも

できるだけブルーオーシャンを意識しながらやっています。

 

具体的にはこんな具合にやってます。

 

あれこれ文字で説明するよりも、

上のリンクをクリックしてもらったほうが

違いを体幹してもらえるんじゃないかと思います。

 

⇒タッチの「せどり」情報発信の具体例

 

 

 

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

一緒に自由をつかみとりましょう!

 

 

アービトラージャー

タッチ

 

 

実店舗せどりはもう終わり?!

無題

 

lp1

 

至高の一手文章②

 

実店舗せどりのノウハウを

そのまま利用して、

 

リスク分散をはかりながら収入を2倍、3倍に増やす方法を

特典あり!電脳せどり至高の一手で実績ゼロ⇒30万円は余裕

で提案しています。

 

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - せどりコンサルタント集客談義 , ,