自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

共働きでも貯金できない!って夫婦が貯金を増やす方法

      2016/02/10

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-CON_udekumu8615092102-thumb-1000xauto-13062

どうも、アービトラージャーのタッチです!

 

 

今回の記事のテーマはズバリ

 

共働き夫婦の貯金!

 

 

あなたの家庭は将来のために

しっかり貯金を行えていますか?

 

 

最近は共働きの夫婦が増えたこともあり

生活費には余裕はある家庭も増加しています。

 

 

しかし、生活水準があがる一方で

貯金はというと・・・・・

 

 

(ノД`)・゜・。

 

 

共働き夫婦でちょっといい暮らしをしてるにもかかわらず

貯金ができていない家庭が多いのではないでしょうか?

 

 

そんな人が気にするのは

 

「将来に備えてどのくらい貯金したらいいのか?」

 

「一般的な夫婦はどのくらい貯金しているの?」

 

「どうやって貯めればいいの?」

 

というような事ではないでしょうか?

 

 

自分ひとりだけの独身時代では

なんとなくで貯金や生活はできても

結婚をして共働き夫婦ともなると複雑化していきますので

 

お金について何も考えていないと

知らない間にお金に困る・・・なんてことになります。

 

 

 

 

今回の記事では、

 

他の夫婦の貯金に関するリアルな数字

 

実際に貯金を増やす方法まで

 

詳しく紹介していきたいと思います。

 

⇒日本人の9割がしている間違った貯金方法

具体的な数字から月の貯金額を確認する

月にどのくらいの金額を

夫婦で貯金するのが妥当なのでしょうか?

 

平均収入から計算してみましょう。

 

 

 

まず、年代別の共働き夫婦の平均収入は

次のようになっています。

 

20代前半の夫婦 484万円

20代後半の夫婦 659万円

30代前半の夫婦 727万円

30代後半の夫婦 790万円

40代前半の夫婦 846万円

40代後半の夫婦 908万円

50代前半の夫婦 913万円

50代後半の夫婦 883万円

 

 

 

まず共働きの夫婦でまだ子供がいないDINKSの時期には

年収の3割から4割が妥当だと言われています。

 

(※DINKS=子供を持たない共働き夫婦)

 

「そんなに貯金するの!?」と思うかもしれませんが、

子供産まれるとそこまで貯金をまわすことができないので

子どもがいないDINKSの時がチャンスです!!

 

 

 

 

そのため、この計算では

20代前半で計算すると年間145万円

月に換算すると月12万ほどを貯金することになります。

 

 

夫婦2人で暮らすと生活費は2分の1ほどになるので

1人6万だと考えると無理な数字ではありません。

 

 

実際に子供が産まれて夫婦2人に1人の子供になった場合は

生活費が高くなるので

月の貯金も15%〜20%と少し下がります。

 

 

しかし将来の教育費のことを考えると

しっかり貯金を継続することをお勧めします。

 

金額にすると子どもがいる場合は

夫婦で月に約6~7万円ほどの貯金になります。

 

 

一番お金がかかる大学の教育費ですが、

私立・公立の違いや、学部などで大きく異なりますが、

平均すると1人300万円ほどと言われています。

 

上京などして1人暮らしのことを考えると

倍の500〜600万円ほどかかるので

この金額を目安に貯金を蓄えておきましょう!!

 

 

 

この金額が妥当かどうかですが….

 

男女200名の30代年収300〜500万円の方に

 

「あなたが毎月いくら貯金してますか?」

 

というアンケートを取り、その回答を平均したところ

 

毎月の平均貯金額は

「62340円」という結果になりました。

 

 

やっぱり、だいたい近い数字が出ていますね。

 

あくまでも目安ですが、だいたい他の人たちは

これくらい貯金してますよ!という

参考程度にみてもらえればいいかな、と思います。

貯金を増やすお勧めの方法とは?

貯金をしないいけないのは頭ではわかっている!

 

だいたいの金額も理解した!

 

しかし

実際、貯金をしようとしてもなかなか上手くいきません。

 

夫婦で貯金を増やそうとすれば、

なにかしら普段の生活を変えないといけないからです。

 

⇒収入減の世の中をスマートに生き抜く方法

 

 

そんな人のために

 

夫婦で貯金を増やすお勧めの方法

 

についてお話します。

 

 

 

まずオススメしたいのが

夫婦の財布を1つと考える方法です。

 

 

具体的なやり方はいくつかあります。

 

例えば、

 

夫婦2人で共通の銀行口座を作り

そこに2人の給料を全て入れて

その口座から生活費を払っていく方法

 

 

または

 

旦那の収入は生活費として使い、妻の収入は貯金する

というような方法でも1つの財布することができます!

 

 

この「財布を1つ」と考えるという方法の良いところは

夫婦お互いの収支や財布の状況がオープンになり

現状を夫婦で把握できるようになるというところです。

 

 

お互いが別々の財布方式で

生活をしているとどうしてもお互いの財布状況は

不明瞭になりがちです。

 

 

そうするとお金の流れが見えないので

貯金しようにもどのようにやったらいいか

分からなくなるという訳です。

 

どちらかが無駄遣いをしていても、

何が原因で貯金ができないのか

わからなくなる原因にもなります。

 

 

夫婦の財布を一つにすることで、

まずは現状把握ができるようにしましょう!

 

 

 

 

また数字のところで説明しましたが

 

DINKSの時期にたくさん蓄えておく!

 

ということも非常に重要なことです。

 

 

 

このDINKSの時期は

子供がいる時に比べ、生活費は安く済みますし

残業や休日出勤など

時間を家庭より仕事に割くことができるので

いわゆる稼ぎ時です。

 

 

また共働き夫婦なので

余裕が持てる時期でもあります。

 

 

そんな時期だからこそ

DINKS時期に貯金しておくことが重要なのです。

 

 

子供が産まれてからでは

妻が育児休暇になったり、

子供が少し成長しても面倒をみる必要があるので

前のような収入は望めません。。。

 

 

 

DINKSの時期に将来のことを考え

しっかりと夫婦で貯金の計画を立てましょう!

自分では貯金ができないあなたへ

なかなか行動に移せないと困っている人に

オススメするのが「仕組みを使う」ことです。

 

 

例えば、

給与を振り込んでいる口座から

毎月決まった金額を自動で積み立ててくれる

給与天引きのように積み立てる方法などがあります。

 

 

この方法であれば

意思が弱い人でも自動で行ってくれるので

続けることができるでしょう。

 

 

「お金があるとつかっちゃう」という人は

絶対に積立をオススメします。

貯金を増やす絶対法則

 

ここまで貯金に必要な金額や貯金方法などを

紹介してきましたが、

これから夫婦でしっかりと貯金できそうでしょうか?

 

 

 

たぶん、この記事を読んでいるということは

お金のことであれこれ悩んでいるのだと思います。

 

今よりももっとお金がほしいと思った場合、

考えるべきことってすごいシンプルです。

 

 

お金(貯金)=(収入-支出)×利率

 

 

つまり、

収入を増やして、支出を増やして、運用利回りを上げれば

100%お金は増えていくわけですね。

 

 

1.まずは無駄を省いてみる。

 

2.それがダメなら収入を増やす。

 

3.貯金するよりも運用利回りの高い預け先はないか探す。

 

 

この地球上で生活している限りは、

お金を増やすためにできるのはこの3つがすべてです。

 

こんな感じでシンプルに考えると、

案外やるべきことはシンプルかもしれませんよ。

 

⇒給料が安い!少ない!と嘆くなら増やせばいい。

 

 

 

ではでは、最後まで読んいただきありがとうございました!

 

 

アービトラージャー

タッチ

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方 ,