自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

悪印象を与えずスマートに会社を休む言い訳12選

      2016/06/30


どうも、タッチです。
この記事では、悪い印象をあたえず、スマートに会社を休む理由(言い訳)をご紹介します。土日出勤を強制される職場もありますが、そんなときにも休日出社の華麗な断り方をつかってみましょう。

 

  • 「どうしても会社に行きたくない!」
  • 「仕事がある日だけど、遊びの予定を入れたい。」
  • 「本当に調子がわるいけど、「休みます」って言いづらい・・・」

 

正直、こんなことよくありますよね。

 

 

また、

「やっと土日が来る、ゆっくりできるぞ!」と週末に羽を伸ばすつもりでいたのに、休日に出勤を依頼されようものなら一気に気分が落ち込みますよね。

 

 

本来、「私用で休む」というのは正当な権利のはずなのです。

とくに有給休暇に関しては、会社は、有給休暇を申し出た労働者に対して、その理由によって却下することはできないことになっているんですね。

 

つまり、たとえ理由が遊びや旅行であっても、「そんな理由で有休はやらん!」とは言えないはずなんですよ。

 

 

しかし、なぜか日本の会社では仕事を休むことってすごく気が引けるものです。

 

僕が会社員時代なんて、ろくに仕事がないのになぜか休みをとる理由には気を遣う文化がありました。

生き地獄?仕事がヒマすぎてつらい会社員の5つのスキルアップノウハウ

 

 

仕事を休む際の言い訳や連絡の仕方には気を遣わなければなりません。もし、連絡の仕方を間違えればズル休みだと思われたり(ばれたり)、相手の気分を害して休みの後出勤しづらくなってしまいますからね。

 

 

今回は、相手に悪い印象を与えない「仕事を休む際の言い訳」「平日編」「休日編(土日出勤をたのまれたとき)」に分けてそれぞれ6つ紹介します。

 

 

仕事を休みたいときや、どうしても土日に出勤を強制されたくない、という場合のためにぜひ知っておいてください。

 

仕事を休みたいときの言い訳「平日編」

一番使いやすい言い訳はやはり体調不良です。言わずと知れた言い訳の王道ですね。とはいえ、安易に頭痛などを使うと仮病を疑われたりして印象がよくありません

そこで、ここでは悪いイメージを持たれずに仕事を休める言い訳を6つ紹介します。

 

 病院で検査

当日休みたいときに使える言い訳です。

たとえば、「昨日から胃の調子が悪く、嘔吐がひどいんです。深刻な病気だと怖いので、病院へ検査に行ってきます」という感じです。そして、その日の夕方に「検査の結果、悪い病気ではありませんでした。疲労が原因だったようです」と連絡すれば完璧ですね。これなら翌日ふつうに出勤しても大丈夫でしょう。

 

ポイントは、内臓の調子が悪いことにすることです。外見から症状がわからないので疑われません。

 

 

 役所がやっているがん検診を受けたい

会社での健康診断だと、受診できる科目が限られていると思います。一方、自治体によっては格安でがん検診や人間ドッグを受診できるんですよ。

 

そしてここでのポイントは、公的機関のサービスは平日が中心であるということです。平日しか受けられないというのは、仕事を休む理由として十分です。

 

「私の家系は○○の病気が多く、どうしても心配なので・・・」と一言そえると、悪い印象を与えることなく休むことができるでしょう。

 

 もどしてしまう

「体調が悪くて休みたい」と言うときには、頭痛よりもこの言い訳を使ってください。「朝からもどしてしまいました、まだ調子が悪く、いつ嘔吐してもおかしくありません」ということを伝えましょう。

 

相手側は、仕事中に嘔吐されるのは絶対に避けたい考えるはずです。もし病院へ行けといわれたら、少し休んで、回復しなければ行きますと伝えましょう。

 

 

 自分ではなく家族が病気

家族の看病や、病院への付き添いのためという言い訳です。特に子どもがいる人は、「子どもが熱を出してしまって・・・」と言えば、違和感もありませんし、むしろ心配されます。追求もされにくいでしょう。

 

プライベートなことなので、ばれづらい言い訳です。

 

 

 実家の手伝い

一人暮らしの人も使える言い訳ですね。「両親が引っ越しをすることになったみたいで、その手伝いをしないといけなくて」といった感じで使います。

 

引っ越しであれば、荷物をまとめたり重たい物の移動をしたりが必要です。よほどのことがないかぎり、

両親のヘルプを蹴ってまで会社に出勤しろと言われることはないでしょう

 

 

 町内会の集まり

意外とこういう理由で仕事を休む人はいるんです。

「そんなものは断れ」と言われそうですが、「うるさい人たちばかりなので、断ると町内で居づらくなるんです」などの切実な理由を訴えれば、納得してもらえます

 

 

仕事を休みたいときの言い訳「土日編(休日出社の断り方)」

本来なら、平日の仕事の時間にしっかり業務を終わらせるべきなのです。けれど、土日の出勤はなんとなく断りづらいものです。

ここでは、土日の出勤を強制されてもうまく断る方法を6つ紹介します。

 

冠婚葬祭

文句をつけられない理由の定番ですね。

お祝いごとや身内の不幸の席を、仕事で欠席させるとなればその上司の人間性が疑われるでしょう。

 

ちなみに一周忌や三回忌などの法要は、人が集まりやすいように土日に行われるのが普通です。もちろん、土日の日中に行われるわけですから、確実に仕事とバッティングします。

 

特に法要はお葬式と違って早くから準備がされているものです。土日の強制出勤を断るには十分に強い理由になるでしょう。

 

 

コンサートの予定

土日の出勤を断るのに、ただ「プライベートの予定」とだけ言うのでは弱いです。それだと、「他の日に変更してくれ」と言われてしまえば終わりです。

そこで、もっと具体的に「コンサートに行く予定」という理由を使うのです。

 

コンサートの特徴は、

・単発で行われる

・日付が決まっている

・予約して参加するもの

です。

 

つまり、お金をかけているうえに、変更が効かない予定ですので、上司もそれをキャンセルさせてまで土日に強制出勤させようとは思わないでしょう。

 

 

親戚・家族との予定

ただの予定ではなく、親戚や両親を絡ませることで説得力を持たせる方です。

 

たとえば、ただ「友人と遊びに行く予定がある」ではなく、「田舎の親戚が遊びに来るので、市内を案内する約束をしている」という方が、上司を説得しやすいでしょう。

 

ほかにも、

  • 「父の還暦祝いで、家族みんなでお祝いをする計画を立てている」
  • 「子供の参観日で、どうしても行ってあげたい

なども、強制出勤を断りやすい理由です。

 

 

家の事情

自分の家にかかわる用事を使う方法です。たとえば、

 

・電気の工事が入っていて、動作確認のために自分が家にいなければならない

・ガスの点検が入るので、その立会いをしなければならない

 

などの家の用事です。

 

これこそ、日々仕事に追われる人は休日にしかできないものですから、土日の出勤を断る十分な理由になります。

 

 

飛行機のチケット

「出かける予定がある」に、「飛行機のチケットを取ってある」という言葉を付け足してみましょう。

 

往復数万円を捨ててまで出勤しろというのは、上司もさすがにためらうはずです。

 

 

身内のお見舞いや送迎

土日に出勤を頼まれた後、急に体調不良になるのはいかにも怪しいと思われてしまいます。

 

そこで、「家族の予定」との合わせ技で「遠方の親戚が入院することになったので、家族でお見舞いに行く予定を立てていた」などの理由が効果的です。

 

「土日は、祖父母の病院の送り迎えを頼まれている」というのもいいでしょう。さすがに、祖父母の病院の送り迎えをやめさせてまで、強制出勤させるような会社はありません。

(もしあるなら、即辞めるべき会社です)

 

 

仕事を休むときに注意すること

一番大事なのは、「迷惑をかけて申し訳ないという気持ちで簡潔、的確に連絡をする」ということです。

 

具体的には、上司の出社時間に、上司に直接話をするのがいいでしょう。上司の出社時間に合わせた連絡であれば、緊急の欠員でもバタバタが最小限になります。休む側のあなたの配慮も感じてもらうことができるでしょう。

 

また、人によっては上司ではなく、話しやすい同僚に電話をして休むことがあるようです。しかし、これだと

上司には伝言という形で話が伝わってしまいますよね。人づてに欠勤の連絡を受ければ、上司は疎外感を感じて「不測の事態を押し付けられた」と不愉快になります。

 

どう考えても良い印象は与えないので、休む連絡をするときはその職場を管理している上司と直接話をしましょう。そのほうが、「迷惑をかけて申し訳ないと思っている」というあなたの気持ちを伝えることができます。

 

 

仕事を休むということは、たとえ悪気がなくても職場の仲間に迷惑をかけることですから、どうしても後ろめたい気持ちになってしまうものです。

 

しかし、あなたに仕事を休む権利があることも事実です。

(何度もずる休みをするのはさすがにいけませんが・・・)

 

せっかく仕事を休むんですから、自分のための充実した休日にしてくださいね。

 

 

 

アービトラージャー

タッチ

 

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方