自由人的仕事論

遊びと仕事の境界線のない自由人的な働き方が、ここにある。

人見知りに向いている仕事とは?コミュ障が無理なく働ける職業紹介

   

顔が見えない人見知りの男
【この記事を書いた人】タッチタッチプロフィール写真
元ダメ経理マン。奥さんと過ごす大切な時間を作るためにアービトラージで脱サラ後、月収100万円達成。奥さんとの時間が1番大事な自由人。
詳しいプロフィールはこちら
 無料メルマガはこちら

人見知りは人間関係に悩むことが多いですよね。

 

その性格から、自分に向いている仕事が何なのかもわからないのではないでしょうか。

 

  • コミュ障過ぎて人と関われない
  • 普通の仕事では働ける気がしない
  • 今の自分でもできる仕事を見つけたい

おそらく↑のような想いを持っているでしょう。

 

最初にハッキリとお伝えしますが、人見知りは治りません。

だから治そうと思わなくて良いです。

 

人見知りは他人に合わそうとするからつらく感じるのです。

そうではなく、自分の得意分野を作って人に頼られる環境を作りましょう。

 

得意分野を作ることが、人見知りにとって楽しく自信を持って働ける環境です。

 

今回の記事では、人見知りが仕事で自信をなくしてしまう瞬間と、人見知りが楽しく働く上で必要なスキル、そしてオススメの職業について紹介します。

 

人見知りで悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

人見知りが仕事を辛いと感じるときはフリートーク

人見知りが仕事を辛く感じるときはフリートークのときです。

 

  • 自分の発言でその場が醒めてしまう
  • 冗談をいったつもりが、そう受け止めてくれない
  • 全く見当はずれな意見ではないかと不安になってしまう

このような経験としてしまうと「やっぱり自分は人と上手く関わることができない…」という考えが強くなり、さらに人見知りが強くなってしまいます。

 

フリートークが上手くできないことが、最も仕事が辛いと感じる原因になるのです。

得意分野を1つ作ることが自信につながる

人見知りの人にオススメしたいのが得意分野を作り、人から頼られる存在になることです。

 

思い出して欲しいのですが、あなたが人見知りを感じるときは「フリートーク」をしているときですよね?

 

つまり、苦手な分野で話そうとするから辛いのです。

 

そうではなく、自分の好きな分野や得意な分野を作ることで「人から質問される立場」を作ってください。

 

仕事に関連していることなら↓のような小さなことでも構いません。

 

  • 職場内でエクセルが誰よりも詳しい
  • この分野ならすごく詳しい情報を持っている

こういった得意分野を1つ持つことで職場内のコミュニケーションも自然と増え、あなたの自信にも繋がります。

人見知りに向いているオススメの仕事

人見知りに向いている職業の条件は、コミュニケーションが成果につながらない仕事です。

 

その条件を満たした仕事を紹介するので参考にしてください。

アービトラージ

僕の最もオススメする仕事はアービトラージです。

アービトラージは僕が副業から始めて今では独立するまでに稼ぐことが出来た職業です。

 

ちなみにアービトラージで稼いだ僕の月収は250万円を超えています。

金額だけをみると超アヤシイですよね(笑)。

 

決してグレーな方法とかではありません。

世の中の仕組みを利用する稼ぎ方なので、コツをつかめばスグに稼ぐこともできますよ。

 

今の仕事を続けながらもできる方法なので、詳しく知りたい方は3年後”当たり前”になる新しい働き方のススメを読んでください。

整体院

整体院は施術が中心になります。

 

お客さんの体の不調の内容を聞き出したり、施術の説明を行うのでフリートークが必要になる場面は少ないですね。

 

トークよりも施術スキルが重要になる仕事です。

 

お客さんに喜んでもらえる仕事なので、人見知りの特性に合った仕事といえます。

接客業

人見知りの人は接客業に向いています。

なぜなら、お客さんの感情に対して敏感に反応することができるからです。

 

業務内容を覚えるまでは大変かもしれませんが、キメ細やかな気配りでお客さんを喜ばせることができるでしょう。

 

ただし、お客さん個人の深い悩みを聞いたりと深い関わり方をするような接客業は向いていません。

 

お客さんとの距離感を適度にとることができる接客業が向いています。

工場勤務

人間関係を遮断できる職場が良いなら工場勤務があります。

しかし、本当に人間関係が薄いかというと、現場次第というのが本当のところです。

 

中には工場という閉鎖された空間で、人間関係が濃い場所もあるんですよね。

そういった場所に行くとちょっとつらいかもしれません。

 

詳しくは僕が書いた工場勤務は底辺の仕事?向いてる人の特徴や辞めたい理由トップ3とは?を読んでください。

引け目を感じて可能性を捨ててはいけない

人見知りであることは、世間的にはネガティブなイメージが強いです。

おそらくあなた自身もそう思っているでしょう。

 

でも、だからといって色んな可能性を捨てる必要はありません。

 

あなたに足りないのは成功体験です。

小さくても良いので成功体験を少しずつ積み上げてみてください。

 

そうすることで見える景色が変わって来るはずです。

 

ダメダメ経理マンだった僕はアービトラージという働き方に出会って人生が180度変わりました。

 

いまでは人にビジネスを教えるまでになっています。

 

あなたも何か1つ得意分野を作ってください。

アービトラージでも良いし、エクセルの使い方でも良いです。

 

何か得意分野を作れば、人見知りのままでも必ず人生は変わりますよ。

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

 - 10年後の働き方